火曜日, 2月 27, 2024
ホーム商品サービス北九州市八幡東区・平野における複合開発

北九州市八幡東区・平野における複合開発

~地域に愛される商業エリアと住宅エリアを開発いたします~

 西鉄グループでは、株式会社スピナ(本社:福岡県北九州市、代表取締役社長:野嵜 武秀、以下スピナ)が主体となって北九州市八幡東区平野地区において商業と住宅との複合開発を行います。

 スピナは、『地域活性化のための「元気の出る素」として、”ビジネスのアメニティ”と”暮らしのアメニティ”を提供し続ける、人にやさしい企業を目指します』を基本理念とし、不動産賃貸事業をはじめ、ビルサービス事業、緑化環境事業、堅パン・羊羹製造業などを展開しております。主力事業である不動産賃貸事業では、これまで鞘ヶ谷パークや一枝パークなどの近隣型商業施設を展開し、北九州のまちづくりに貢献してまいりました。

 この度平野地区において、スピナとして初めてとなる商業と住宅との複合開発を推し進めることで、地域の賑わい創出の一役を担います。なお、住宅エリアの建築・販売については西日本鉄道㈱住宅事業本部が行います。

 開発地区はJR八幡駅から南に約1kmの距離に位置し、アクセスのよい幹線道路に面しています。周辺は閑静な住宅街で、教育施設や公共機関もあることから、地域の方々や学生が日常的に足を運んでいただける立地となっております。

 日本新三大夜景として知られる皿倉山の麓に位置するロケーションから、商業エリアは(仮称)皿倉テラスと称し、「日々の生活の中で”楽しさ””美味しさ””くつろぎ”に出逢える場所」をコンセプトに、皿倉山の景観をバックにした開放的でくつろげる空間づくりを目指してまいります。随所に緑を配置するほか、一部の屋外照明に太陽光発電設備を活用するなど環境にも配慮いたします。テナントについては飲食店のほか、ファッション関連の誘致を予定しております。住宅エリアについては、72区画の開発を予定しており、これから計画を進めてまいります。

 スピナでは、不動産事業を主軸として、北九州地区の人々に快適な暮らしを提供し、地域の活性化に貢献してまいります。今後も当社グループ一丸となって、地域の人たちに愛され続け、環境にも配慮した、サステナブルでウェルビーイングな魅力あるまちづくりを推進してまいります。

北九州市八幡東区・平野における複合開発のサブ画像1

  

  • 開発概要

【所在地】
 北九州市八幡東区平野三丁目270-9他

【開発期間】
 2023年度上期 造成着工
 2024年度上期 商業部分オープン
 2024年度下期 戸建販売開始

【開発面積】
 10,653坪
 (商業賃貸:5,658坪 戸建分譲:4,995坪)

【投資額】
 25億円
 

  • 商業エリアの概要

【名称】
 (仮称)皿倉テラス

【コンセプト】
 「日々の生活の中で”楽しさ””美味しさ””くつろぎ”に出逢える場所」

【特徴】
 日本新三大夜景として知られる皿倉山をバックにした開放的でくつろげる空間づくり

北九州市八幡東区・平野における複合開発のサブ画像2

商業施設パース

北九州市八幡東区・平野における複合開発のサブ画像3

皿倉山からみる八幡東区
 

  • 株式会社スピナの概要

【本社所在地】
 福岡県北九州市八幡東区平野二丁目11番1号

【設立】
 1952年9月1日

【資本金】
 4億8,000万円

【代表者】
 代表取締役社長 野嵜 武秀

【事業内容】
 不動産賃貸業、建築・設備工事業、総合ビル管理業、防疫業、自動車事業、緑化環境事業、堅パン・羊羹製造業、各種商品販売業、給食事業

【営業収益】
 53億7,600万円(2022年3月期実績)

【従業員数】
 833名(2022年3月31日現在)
 

北九州市八幡東区・平野における複合開発のサブ画像4

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments