木曜日, 9月 29, 2022
ホーム商品サービス不動産プラットフォームViilaは全国の地価データが一目でわかるマップをリリース

不動産プラットフォームViilaは全国の地価データが一目でわかるマップをリリース

軽井沢などの別荘地は地価上昇傾向

各都道府県は2021年9月21日に2021年度地価調査の結果を発表しました。Viilaは過去の地価調査データを含めて、全国の地価を地図で分かりやすく確認できる機能をリリースしました。

新機能リリースの背景・軽井沢など別荘地では地価が上昇中

新型コロナウイルスの経済への影響は根強く、国土交通省の資料によると全国地価平均は2年連続で下落しています(2021年現在)。特に商業地では下落率が拡大しており、まさに巣ごもりによる経済活動低下の影響が大きい部分と言えます。

一方、全国の地価平均下落を押しとどめているのは別荘地。北海道倶知安町や山梨県富士河口湖町など、全国的に有名な別荘地では地価が大幅に上昇しています。コロナウイルスの影響でリモートワークが一般的になったことで「仕事用の住居」「休暇用の住居」など目的別に複数の拠点を構える人も珍しくなくなりました。

コロナ禍が収束してもリモートワークは続くと考えられますので、過ごしやすい別荘地の地価上昇は根強く続く可能性があります。また、コロナ収束後を見据えた投資の影響も大きく、別荘地地価上昇の一因となっています。

不動産プラットフォームViilaは全国の地価データが一目でわかるマップをリリースのサブ画像1

Viilaウェブサイトで全国の最新地価データが一目でわかる

不動産売買をサポートするVillaは誰でも地価データを簡単に確認できるように、それぞれの都道府県が9月に発表した2021年度地価調査結果のデータを使って地図上で全国の地価データが一目でわかるページを新設しました:
https://viila.co/landprice

最新の地価上昇率データと連携させたマップで、視覚的にわかりやすく数値を確認できます。マップ上では、各エリアの最新土地価格(参考値)や、最新の地価調査に基づく地価上昇率・下落率を確認できます。地図上の青丸をクリックすると、より詳細な地価情報が見られます。

実際の地図上で価格を確認できるので、探している土地の周りの施設や交通網を同時に確認しながら、効率よく土地を探すことが可能です。
 

不動産プラットフォームViilaは全国の地価データが一目でわかるマップをリリースのサブ画像2

※参照したい都道府県を変更する場合は、画面左上の「都道府県を変更」から都道府県を選択してください。

また、上記のような画面から各エリアの地価上下率を全国平均と照らし合わせたデータも確認できます。

「土地を探したいけど、相場がわからないし、どこから手をつけたらいいのかわからない・・・」という人は、ぜひこのマップで相場感を確認してみてください。

Viilaは不動産売買のデジタル化を目指しています。今回紹介した全国地価データだけでなく、軽井沢マンションに特化したページや土砂災害ハザードマップを取り入れた不動産検索地図など、お客様が使いやすいサイトを目指して機能を追加しています。

運営会社について
Viilaは株式会社Oltoが開発している不動産プラットフォームです。株式会社Oltoはソフトウェア開発業に取り組んでおり、不動産業以外では業務委託のデジタル化やフィンテックのイノベーションで幅広く活動しています。

Viila公式サイト:https://viila.co/
Viila地価調査データ:https://viila.co/landprice
Viila地図で物件探しページ:https://viila.co/karuizawa
Viilaマンション一覧ページ:https://viila.co/apartments
Viilaエリア別ページ:https://viila.co/areas
Viila物件条件の登録ページ:https://viila.co/interest
Viila不動産会社登録ページ:https://viila.co/partner
Twitterアカウント:https://twitter.com/viilaco
Instagramアカウント:https://www.instagram.com/viila_co/
問い合わせ:hello@olto.co

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments