金曜日, 5月 20, 2022
ホーム商品サービスGLM、新築投資用マンション※で環境対応を標準仕様化

GLM、新築投資用マンション※で環境対応を標準仕様化

~自社初のBELS5つ星評価取得を皮切りに不動産投資ESGの受け皿を目指す~

投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメント(本社:渋谷区、代表取締役:金 大仲、以下「GLM」)は、2023年に竣工予定のアルテシモ上十条(仮称)において、自社物件で初めて建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)による5段階評価の最高位である5つ星を取得いたしましたのでお知らせします。

GLM、新築投資用マンション※で環境対応を標準仕様化のサブ画像1_アルテシモ上十条(仮称)エントランスイメージ画像 (掲載の完成予想図は図面をもとに描いたもので実際のものとは多少異なります)アルテシモ上十条(仮称)エントランスイメージ画像 (掲載の完成予想図は図面をもとに描いたもので実際のものとは多少異なります)

アルテシモ上十条(仮称)では、断熱性能を高め、外壁や開口部から逃げる熱量を減らすことにより、同じ条件下の物件と比較してエネルギー消費量を20%程度(393MJ/㎡・年)削減できる見通しです。

国際社会および日本政府の方針で、多くの分野で2050年度の脱炭素社会実現に向けた取り組みが拡がっています。投資用不動産分野でも、資産価値(商品性・居住性)と地球環境の保全を両立する物件ニーズが増すと考えられます。

今後、自社で新たに企画・開発を手掛ける新築物件ではBELS4つ星以上やZEH-M Orientedなどの環境対応を標準仕様としてまいります。
資産価値と地球環境保全を両立する投資用マンションの供給により、企業理念の「不動産を通じて、豊かな社会を実現する」ことを目指してまいります。

※   新築投資用マンションは、自社で企画開発を手掛ける新築物件を対象とします。
 

  • BELS(ベルス)とは

Building-Housing Energy-efficiency Labeling Systemの略称で、建築物における省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する、建築物省エネルギー性能表示制度。
一般社団法人住宅性能評価・表示協会のウェブサイト:https://www.hyoukakyoukai.or.jp/bels/bels.html
 

  • アルテシモ上十条 物件概要

所在地: 東京都北区上十条三丁目
階数:    地上15階                                
構造:    鉄筋コンクリート造             
延べ面積: 1,513.37㎡
竣工予定: 2023年4月末
特徴:断熱性能を高め、外壁や開口部から逃げる熱量を減らすことにより、単位面積当たりの一次エネルギー消費量を20%程度(393MJ/㎡・年)削減
 

  • 当社のESGへの取り組みについて

https://www.global-link-m.com/company/sustainability/
 

GLM、新築投資用マンション※で環境対応を標準仕様化のサブ画像2_アルテシモ上十条(仮称)外観イメージ画像 (掲載の完成予想図は図面をもとに描いたもので実際のものとは多少異なります)アルテシモ上十条(仮称)外観イメージ画像 (掲載の完成予想図は図面をもとに描いたもので実際のものとは多少異なります)

 

  • GLM 概要

社名:    株式会社グローバル・リンク・マネジメント
設立:    2005年 3月
資本金: 535百万円(2021年 6月30日現在)
代表:    代表取締役 金 大仲
本社:    東京都渋谷区道玄坂一丁目12番1号 渋谷マークシティウエスト 21F
事業:    不動産ソリューション事業(投資用不動産の開発、販売等)、プロパティマネジメント事業
会社HP:https://www.global-link-m.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments