日曜日, 6月 26, 2022
ホーム調査レポート【調査】自宅にある“パワーダウンするもの” 3人に2人が「いつか着ようと思っている服」を所有! 専門家が教える「年末までに捨てておきたいもの5選」

【調査】自宅にある“パワーダウンするもの” 3人に2人が「いつか着ようと思っている服」を所有! 専門家が教える「年末までに捨てておきたいもの5選」

 設計に風水・家相を取り入れている一級建築士の八納啓創が代表を務める株式会社G proportion アーキテクツは、家相に興味があるまたは家相を気にしている25歳以上の男女全国618人を対象に「自宅にある“パワーダウンするもの”」について調査いたしました。

【調査】自宅にある“パワーダウンするもの” 3人に2人が「いつか着ようと思っている服」を所有! 専門家が教える「年末までに捨てておきたいもの5選」のサブ画像1

 

  • 調査概要

調査期間:2021年12月8日~10日
調査手法:インターネット調査
調査地域:全国
調査対象:家相に興味があるまたは家相を気にしている25歳以上の男女
サンプル数:618人
※本リリースの調査結果をご利用いただく際は、「株式会社 G proportion アーキテクツ 調べ」とご明記ください。

 

  • 調査結果

■3人に2人が「いつか着ようと思っている服」を所有
 年末の大掃除について聞きました。「これからする予定」(79.8%)が最多で、「既にした」(12.8%)、「する予定はない」(7.4%)となりました。つぎに、新年は幸運を自宅に呼び込んだ状態で迎えたいか聞いたところ、99.5%が「はい」と回答しました。
 幸運を呼び込むんだ状態で新年を迎えるために、捨てておきたい “パワーダウンするもの”はあるのか聞きました。3人に2人が「いつか着ようと思っている服」(66.5%)と回答し、最多でした。以下、「使っていないもの」(60.4%)、「読まない本・雑誌」(57.6%)、「見ることのない書類」(51.8%)となり、半数以上の人が、現在活用していないものを自宅に置いたままの状態であることがわかりました。

【調査】自宅にある“パワーダウンするもの” 3人に2人が「いつか着ようと思っている服」を所有! 専門家が教える「年末までに捨てておきたいもの5選」のサブ画像2

 

  • 家相を取り入れた家づくりを行う建築のプロ・八納 啓創(やのう けいぞう)が解説!

■年末までに捨てておきたい“パワーダウンするもの”5選
 今年も残すところあと2週間となりました。そこで今回は、自宅に幸運を呼び込んだ状態で新年を迎えられるよう、年末までに必ず捨ててほしいもの5つをご紹介します。実践できそうなところからやって、実感してみてください。

1.粗大ゴミ
 壊れていたり、使っていなくてそのまま家に置いていたりしている大型のものは、家のエネルギーをかなりダウンさせていることが多いです。捨てようと思っていても、ついつい忘れてしまい、気づいたらそのまま数年置いてある。こう言われると、思い浮かぶものはありませんか?

2.いつか着ようと思っている服
 痩せたら着ようと思っていて数年経っている、今後また着る可能性があるかもと取って置いてあるなど着ない服をずっと家の中に置いていると、古いにおいが吸着してしまい、エネルギーも確実にダウンしてしまします。もし、痩せたら着ようと思っている服があるのなら、本気でダイエットするか、それが難しければ感謝して手放しましょう。

3.色々なところに潜んでいる謎の物体X(エックス)
 謎の物体Xは、賞味期限や消費期限の過ぎたもの、使い古したものなど、手放してもよいようなもの。家の中の至るところにあります。これらはどんどんエネルギーを下げてしまいますので、ずっと置きっぱなしにしているようであれば、手放してください。

4.色褪せたカーテンやポスター
 厄介なのはヤニが付いた黄ばんだカーテンです。また、何年も前から部屋に貼ってあるポスターも黄ばんでいるようなものでしたら、本当にエネルギーを下げます。類似するものとして、臭いを発しているものや見た目がNGなものは、感謝して手放した方がよいでしょう。改めて家の中をチェックしてみてください。

5.読まない本・雑誌、書類関係
 いわゆる紙類です。紙類は、ずっと置きっぱなしにしておくと、古いにおいを吸着してしまい、それがどんどん悪い気を発します。特に意識が及んでいない紙類は、エネルギーダウンを招いていることも知っておいてください。読まない本は古本屋やフリマアプリで売り、雑誌や書類などは必要なとろだけ写真を撮ったり、スキャンしたりして残し、本体は手放しましょう。紙類は、結構多いお宅もあるのではないかと思いますので、ぜひ試してみてください。

 

  • 八納 啓創(やのう けいぞう)プロフィール

【調査】自宅にある“パワーダウンするもの” 3人に2人が「いつか着ようと思っている服」を所有! 専門家が教える「年末までに捨てておきたいもの5選」のサブ画像3

 一級建築士。
 株式会社G proportion アーキテクツ代表取締役。
 「孫の代に誇れる建築環境をつくり続ける」を100年ビジョンに、一般建築ではデザイン性と省エネ性能、快適性を追究。住宅設計では、「笑顔があふれる住環境の提供」をコンセプトに、年齢層は20代から80代、会社員から経営者、作家など幅広い層の住宅や施設設計に携わる。これらの経験から、建築環境が使う人を幸せにも不幸にもする事実を知り、デザイン性+省エネ建築に家相を取り入れた家づくりを行っており、実績は120軒以上。また、これまで携わってきた公共・商業建築設計の経験と住環境ノウハウを活かして、商業建築プロジェクトや建物環境再生による商業施設の活性化プロジェクト等にも関わっている。
 著書に『年間20棟以下の工務店が武器にしたい「風水」 アフターコロナを生き抜く経営戦略』(Kindle)、『なぜ一流の人は自分の部屋にこだわるのか?』(KADOKAWA)、『「住んでいる部屋」で運命は決まる! 心も空間も、スッキリさせる方法』(三笠書房)、『住む人が幸せになる家のつくり方』(サンマーク出版)、『わが子を天才に育てる家』(PHP研究所)がある。
 自身が運営するYouTubeチャンネル「幸運すまいチャンネル」では、住む人が幸せになるコンテンツを毎日配信している。
「幸運すまいチャンネル」URL:https://www.youtube.com/channel/UCEdcHQhfWM3Lyz-Lpt0_c4g/

 

  • 会社概要

商号:株式会社G proportion アーキテクツ
所在地:広島県広島市南区翠4-9-13
代表者:代表取締役社長 八納 啓創
設立:2007年2月
事業内容:住宅の企画・設計・管理、幼保施設・福祉施設の企画・設計・管理
     高断熱高気密化を図った住宅・施設設計
     快適な住環境の探求・コンサルティング
     店づくりのコンサルタント及びデザイン
     セミナー講演・執筆活動
     合法民泊の運営及びノウハウプロデュース
電話番号:082-207-0888
連絡先:info@keizo-office.com
URL:https://www.keizo-office.com/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments