月曜日, 9月 26, 2022
ホーム経営情報中古仲介+リノベーションのワンストップサービス国内シェアNO.1「リノベ不動産」を展開する株式会社WAKUWAKU、シリーズBラウンドにて総額7億円の資金調達

中古仲介+リノベーションのワンストップサービス国内シェアNO.1「リノベ不動産」を展開する株式会社WAKUWAKU、シリーズBラウンドにて総額7億円の資金調達

〜ミダスキャピタル、D Gベンチャーズ、マーキュリアインベストメントが第三者割当増資を引き受け〜

「中古仲介+リノベーション」のワンストップサービス市場シェア№1*の「リノベ不動産」を運営する不動産テック企業の株式会社WAKUWAKU (本社:神奈川県横浜市 代表取締役:鎌田友和、以下「当社」)は、この度、第三者割当増資により総額7億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。株式会社ミダスキャピタル(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:吉村英毅)の運営するミダスキャピタル旗艦ファンド有限責任事業組合をリードインベスターとして、株式会社DGベンチャーズ、株式会社マーキュリアインベストメントの運営するファンドに対して第三者割当増資を実施いたしました。
  • 本資金調達の背景と概要

当社は、『「自分らしい」暮らしを「リアル×テクノロジー」で実現する』を事業ビジョンとし、国内約200拠点を展開する「中古仲介+リノベーション」のワンストップサービスの「リノベ不動産」プラットフォームを中心に事業を拡大してきました。新型コロナウィルスなどによる社会環境の変化により、住まい手が住宅に求める機能や役割が大きく変化するなか、「住宅に暮らしを合わせる」のではなく、「自分好みの暮らしに住宅を合わせる」顧客ファーストのサービス提供を可能とするプラットフォームの社会的存在価値はさらに高まっています。
今回の増資により「リノベ不動産」プラットフォームの強化を推進し、資金使途として主に、バリューチェーン全体のDXの加速、プロダクト開発、IT人材の採用をはじめとした組織基盤強化とブランディング・マーケティング強化を予定しています。今後も利便性向上に努め、2030年流通取扱高(GMV)1兆円を目指します。

  • 事業戦略とサービスの概要

「中古仲介+リノベーション」のワンストップサービス市場シェアNO.1*の「リノベ不動産」は、不動産仲介・リノベーションの設計デザイン・施工・資金計画・インテリア・アフター等の複雑なプロセスを、ワンストップサービスとして提供しています。顧客は負担のかからないシームレスな体験を通し、百人百色の「自分らしい」暮らしを実現することが出来ます。
本部では、WEBメディア「リノベ不動産ドットコム」や、業界特化型CRM・MAツール、動画教育コンテンツ、業務プロセスを効率化する統合基幹情報システム「リノベ不動産cloud」などの開発を行い、全国のブランドパートナーへSaaS提供をしています。事業者向けに、複雑な産業構造上の課題を解決しデジタル化を推進するソリューションを提供することで、業界都合ではなく顧客ファーストなサービスを実現しています。また、中古住宅の流通活性化を通じた「ESG」を推進する循環型エコシステムも構築し、サスティナブル社会の実現に貢献しています。

*デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社 ミックITリポート2021年5月号『驀進する「中古仲介+リノベーション」のワンストップサービス市場〜2020年度でプレイヤー40社(FC店、パートナー除く)、1210億円市場〜』調べ
 

中古仲介+リノベーションのワンストップサービス国内シェアNO.1「リノベ不動産」を展開する株式会社WAKUWAKU、シリーズBラウンドにて総額7億円の資金調達のサブ画像1

【今回の第三者割当引受先】

中古仲介+リノベーションのワンストップサービス国内シェアNO.1「リノベ不動産」を展開する株式会社WAKUWAKU、シリーズBラウンドにて総額7億円の資金調達のサブ画像2

【当社代表取締役 鎌田 友和からのコメント】
これまで緩やかな顧客ニーズの多様化の拡大が、新型コロナウィルスによって急速に拡大しました。コロナ禍において、リノベ不動産プラットフォームでの流通取引総額(GMV)は年間470億円を突破し、ブランドパートナー店においては昨対178%成長を遂げ、社会的に大きな意義を感じています。画一的な住宅を大量生産するのではなく、「自分らしく」暮らす喜びを大量生産できるインフラとすべく、今回の資金調達を実施させていただきました。新規株主、既存投資家の皆様から応援いただけます事に感謝し、よりスピード感を持って事業成長して社会に貢献していきたいと考えています。今後のWAKUWAKUにご期待ください。
 
【今回引受先からのコメント】
株式会社ミダスキャピタル 取締役パートナー 寺田 修輔 氏
日本の住宅市場は、中古住宅・リノベーションに対してユーザーから根強い需要があるにも関わらず、様々な業界慣習や供給制約により依然として新築中心です。プラットフォーム提供を通じて不動産・建築事業者の業務変革を促進する「リノベ不動産」のアプローチは、こうした構造課題に対する最も有効な解決手段であると我々は考えています。住宅・不動産の実業とテクノロジーの双方を熟知した鎌田さん、須崎さん、渡邊さんが率いるWAKUWAKUが、住まい手の「自分らしい」生活機会や持続可能な社会を実現し、真の不動産テック企業として大きく成長することを確信しています。

株式会社DGベンチャーズ 取締役 前川 雅彦 氏
COVID19の感染拡大により働き方や暮らし方が大きく変わり、自分らしい暮らし方に合わせた間取りやプランニングができる「中古+リノベーション」のニーズは高まっています。WAKUWAKU社が展開するプラットフォーム「リノベ不動産」は、全国の加盟店に不動産・デザイン・設計施工・テクノロジー活用へのアクセスを可能にしています。今回の出資を機にWAKUWAKU社の目指す、日本全国どこでも顧客ファーストのサービス提供を可能とする、プラットフォームの発展をデジタルガレージグループ全体で支援して参ります。

株式会社マーキュリアインベストメント 代表取締役 豊島 俊弘 氏
WAKUWAKU社は事業を通じて、単独ではIT武装が出来ない全国の中小不動産事業者、請負事業者に対し、サブスクリプションベースでソフトウェアやデザイン、ノウハウを提供することにより、彼らの事業拡大を支援しております。これは不動産業界全体の活性化や生産性向上に貢献する、という弊社がファンドに込めたビジョンをまさに体現するような会社です。また、今後は中古住宅が住宅購買の主役になることが予想されており、質の高いリノベーションを前提とした住まい探しのサービスが求められる中、WAKUWAKU社が運営する「リノベ不動産」が果たす役割は今後ますます大きなものになっていくでしょう。
弊社も自社のリソース及びファンドのLP投資家ネットワークを活用し、WAKUWAKU社が目指す未来の実現に向けて強力にサポートして参ります。

■株式会社WAKUWAKUの概要
会社名:株式会社WAKUWAKU
所在地:東京都目黒区三田2-4-4 (WAKUWAKU TOKYO Headquarter)
代表者:代表取締役CEO 鎌田友和
設 立:2013年6月
資本金:543百万円 (資本準備金等含む)

・コーポレートサイト
http://wakuwaku0909.co.jp/
・中古仲介+リノベーションのワンストップサービス国内シェアNO.1「リノベ不動産」運営
http://www.renovefudosan.com/ (エンドユーサー向け)
https://renovefudosan.net/ (事業者向け)
・国内最大級オシャレ建材ECサイト「HAGS-ハグス-」運営
https://hags-ec.com/
 

中古仲介+リノベーションのワンストップサービス国内シェアNO.1「リノベ不動産」を展開する株式会社WAKUWAKU、シリーズBラウンドにて総額7億円の資金調達のサブ画像3

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments