日曜日, 6月 26, 2022
ホーム調査レポートスマートホームの市場規模、2026年に1,389億米ドル到達予測

スマートホームの市場規模、2026年に1,389億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「スマートホームの世界市場・COVID-19の影響 (~2026年):製品 (照明制御・セキュリティ&アクセス制御・HVAC制御・スマートスピーカー・スマートキッチン・スマート家具)・ソフトウェア&サービス・販売経路・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を12月2日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1030254-smart-home-market-covid-impact-analysis-by-product.html

スマートホームの市場規模、2026年に1,389億米ドル到達予測のサブ画像1

スマートホームの市場規模は、2021年の845億米ドルからCAGR10.4%で成長し、2026年には1,389億米ドルに達すると予測されています。インターネット利用者数の増加やスマートデバイスの導入拡大に加え、省エネ・低炭素排出指向のソリューションに対するニーズの高まりが、市場を牽引する主な要因となっています。 これに加えて、遠隔地でのホームモニタリングの重要性の高まりや、発展途上国の可処分所得の増加などの要因も、同市場の成長に寄与しています。

COVID-19がスマートホーム市場に与える影響

COVID-19パンデミックにより、人口の大半が自宅で仕事をするようになったため、スマートスピーカーやホームヘルスケアなどのスマートホーム製品の需要が増加し、2021年の製品の売上高が伸びると予想されています。ホームヘルスケア分野では、COVID-19のパンデミック以降、フィットネストラッカーや健康状態モニターなどのホームヘルスケア製品の需要が増加しています。一方、今年度の世界全体の売上高は、ウイルス感染の進行状況に応じて、5-10%減少すると予想されています。

牽引要因:遠隔地でのホームモニタリングの重要性の高まり

スマートホームは、消灯、調光、カーテンを閉めるといった基本的な機能だけでなく、火災報知器が作動した際に自動的に避難経路を照明するといった複雑な機能も備えています。コネクティビティは、セキュリティカメラ、公共料金メーター、サーモスタットなど、さまざまな家庭用機器でハイエンドの新機能として登場しています。今後、コネクティビティは、すべての家庭用機器や設備に仮想的に組み込まれた標準規格となり、より広範なトレンドになると考えられています。

離れた場所から家庭用製品にアクセスすることで、ユーザーは家の電気をつけっぱなしにしていてもスイッチを切ることができます。また、ビデオ監視システムを使って、家の中のあらゆる活動を監視することもできます。例えば、Honeywell社は、2016年11月にLyric Gatewayを発表しました。これは、Lyric Security and Home Controlプラットフォームに新たに追加されたもので、消費者が個人のデバイスを通じてホームセキュリティとオートメーションシステムをシームレスに制御できるようにするものです。スマートロックにより、エンドユーザーは家の中や周辺での異常な活動に関する通知を受け取ることができます。また、部屋の温度を遠隔で設定したり、空調やその他の電気製品を必要に応じてオン・オフしたりすることもできます。ホームオートメーションシステムに加えて、データ分析ソフトウェアやソリューションを使用することで、家庭内の電気機器が効率的に動作しているかどうか、目標とするエネルギー使用量を達成しているかどうかを判断することができます。これにより、改善やエネルギー効率の向上が必要な部分を特定することができます。このような機能向上と遠隔地からのモニタリングの利便性が、今後のスマートホーム市場の成長を後押しすると考えられます。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1030254-smart-home-market-covid-impact-analysis-by-product.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments