土曜日, 7月 13, 2024
ホーム商品サービス「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まる

「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まる

注文住宅 と 分譲住宅 の いいとこどり

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市)は、お客様にスマートな選択をしていただく為に、「Ready Made Housing.(レディ メイド ハウジング)」という考え方の分譲住宅を提供してまいります。
  当社は、注文住宅と変わらない高い設計力と品質、安心の長期保証、そしてアフターサポートを叶えながら、価格以上の価値を目指した良質な分譲住宅を提供していく使命があると考えています。

「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まるのサブ画像1

Ready Made Housing. 3つのポイント 

①   品質 

年間4,000棟以上の注文住宅を建てる大和ハウスが暮らしやすさにこだわった「設計力」

に加え、断熱性や遮音性などが高い建物の「基本性能」を実現し、注文住宅と変わらない品質の分譲住宅を提供します。

②   長期保証

業界でもトップクラスの初期保証(構造耐力上主要な部分:30年初期保証、雨水の浸入を防止する部分

:30年初期保証)と、点検プログラムによる保証期間の延長で、建物の安心を末永くサポート。

ご入居いただいた後は、24時間365日受付対応している「お客さまセンター」にて、住まいに関するご相談や困りごとを承ります。

③   ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

エネルギーを賢く使って発電もする、快適で経済的、災害に強い住まい「ZEH」。当社の新築戸建て住宅はZEH基準相当の住宅です。

※間取り・仕様等により、ZEH基準相当とならない場合があります。

=「注文住宅と分譲住宅のいいとこどり」が叶える価格以上の価値

【ポイント詳細】

①  品質

・注文住宅と変わらない設計力

「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まるのサブ画像2

年間4,000棟以上の注文住宅を手掛ける大和ハウスの設計士が、そのノウハウを生かした分譲住宅を設計し、注文住宅を変わらない思い描いた暮らし・理想の住まいをご提供します。

 ・高い基本性能

「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まるのサブ画像3

 断熱性や遮音性、耐震性など、当社注文住宅と変わらない性能で分譲住宅を建築しています。たとえば、「外張り断熱通気外壁」をはじめとした天井・床・窓の高断熱化。住まいを丸ごと高断熱化することで夏も冬も快適な空間を保ち、冷暖房のコストを大幅に削減します。

②  長期保証

・保証延長プログラム

いつまでも安心して暮らしていただけるように、業界でもトップクラスの初期保証と点検プログラムによる保証期間延⾧で60年の⾧期保証を実施(構造耐力上主要な部分、雨水の浸入を防止する部分)。メンテナンスプログラムは、1ヶ月目から30年目までの無料点検など、早めの対処でメンテナンスコストの軽減につなげます。

※構造・商品によって保証内容が異なります。

●引き渡し後、1・12・24カ月・以降5年ごとの無料点検と診断を実施(30年以降の点検は有料となります)。 ●初期保証30年。30・45年目の有料メンテナンス工事実施で、15年ごとの保証延⾧。

●60年以降は、お客さまのご要望により、耐久性能調査(試験)を行い、耐久性能診断書を作成します。

また、部位ごとに必要な有料メンテナンス工事の項目と保証年限を提示します。

※詳しくは営業担当者にお尋ねください。  

【⾧期保証・アフターサポート】

URL: https://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/feature/indexsupp/support/service.html

・アフターサポート

「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まるのサブ画像4

お客さまセンターから定期点検の御案内を差し上げるほか、お客様からのお住まいに関するさまざまなご相談やお困りごとを24時間365日受付しています。住まう人の生涯はもちろん、住み継ぐ次世代の暮らしと建物の安心を末永くサポートします。

「大和ハウスの新しい分譲住宅の考え方」Ready Made Housing. 始まるのサブ画像5

③   ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

2050年のカーボンニュートラル達成に向け、政府が策定した「第6次エネルギー基本計画」(2021年10月閣議決定)の中で、「2030年度以降新築される住宅について、ZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指す」、「2030年において新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が設置されることを目指す」とする政策目標が設定されています。当社もリーディングカンパニーとしてZEH住宅の普及・促進を図るのはもちろん、夏は涼しく冬は暖かい快適性、毎月の光熱費を抑える提案を行っております。

参考)

当社戸建住宅のZEH率 95%

※2023年4月~9月

<ZEHのメリット>

・毎月の電気代を抑えられる

 断熱性の高い建物をベースに、高効率な省エネ機器と太陽光発電を採用することで、光熱費の削減が

 期待できます。

・夏涼しく冬暖かい 一年中快適

 高い断熱性の建物で一年を通して快適に。寒い冬、部屋間の温度差で起こるヒートショックのリスクも

 低減できます。

・停電時も電気が使えて安心

 もし停電しても、昼間(日射がある時間)は太陽光発電でつくった電気を使えるので、いざというときも

 安心です。

 ※蓄電池があれば雨の日や夜間でも電気を使用できます

・新築時に補助金が使える場合もあります

 国や地方自治体によっては、ZEH相当の住宅に対する補助金や助成事業が提供される場合があります。

 ※時期や地域によって要件などが異なりますので、詳しくは大和ハウス担当者へお尋ねください。

【担当者の声】大和ハウス工業 担当:本間 生志

●開発の経緯、今後の展望

 2013年度以降、住宅の建築工事費は右肩上がりで上昇しており、2022年度は最高水準となりました。(出所:国土交通省「建設工事費デフレーター」)また、2024年以降も、労働時間制限の問題もあります。

 このような社会情勢の中、住宅着工統計(国土交通省)では、2021年12月以降22カ月連続で前年比マイナスの状況が続いています。購入希望者は、望むクオリティの住宅が建てられない、あるいは家を買いたいけれど、買い控えようと考える方がいるかもしれません。

 そのような状況の中、当社としては価格以上の価値を感じていただける良質な戸建住宅を提供していくという使命があります。注文住宅を建てることによって叶えられる自由度やこだわりを、分譲住宅を購入いただいても変わらない満足度を提供できると思っており、それは、注文住宅を多く提供している当社だからこそ、そのノウハウを詰め込むことによって可能になります。

それが、Ready Made Housing.という考え方の分譲住宅です。

【Ready Made Housing.】HP

URL: https://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/readymadehousing/index.html

【全国の分譲住宅検索】

URL: https://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/

【Ready Made Housing.】新TVCM

URL: https://www.daiwahouse.co.jp/ad/cm/iitokodori.html

【分譲住宅フェア開催中!】

2023年11月1日(水)~12月24日(日)全国一斉「分譲住宅フェア」を開催しています。

この機会に是非、Ready Made Housing.をご体感ください。

【分譲住宅フェアHP】

URL: https://www.daiwahouse.co.jp/bunjo/fair/

問合せ先

⼤和ハウスPR事務局(プラチナム内)担当:岡本、菅野、福⽥

TEL:03-5572-6071(岡本:050-5236-0374)FAX:03-5572-6075

MAIL:daiwahouse-pr@vectorinc.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments