水曜日, 2月 21, 2024
ホーム経営情報【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施

【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施

~掲載室数は、ローンチ時から1年6ヶ月で約85倍に増加。圧倒的な掲載室数とDXによるオンライン化の推進により、賃貸市場のビジネス需要を網羅する総合プラットフォームを目指す~

ウィークリーマンション・マンスリーマンション・2年以上の家具家電付き賃貸サービス「NOW ROOM」を運営する株式会社NOW ROOM(本社:東京都渋谷区、代表取締役:千葉史生、以下NOW ROOM)は、ニッセイ・キャピタル株式会社などを引受先とする第三者割当増資を行い、約4.8億円の資金調達を実施したことをお知らせします。これにより、当社の累計資金調達総額は約6.9億円となりました。

【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施のサブ画像1

【本件のポイント】

  • NOW ROOMが、シリーズAラウンド 約4.8億円の資金調達を実施した
  • 2020年5月の「NOW ROOM」アプリ・ローンチ以降、掲載室数はわずか1年6ヶ月で約85倍の約38万室を超える(2021年11月現在)。とりわけ、2021年3月以降はマンスリー賃貸市場におけるビジネス需要を取り込むため、従来のアプリに加えてWeb版の導入と継続的な機能改善を実施し、掲載室数・流入数ともに順調に増加
  • 今後は賃貸市場において特に課題解決が遅れている法人手配市場のDXに注力し、研修から中長期出張、社宅まで賃貸のあらゆるビジネス需要をワンストップで網羅するプラットフォームを目指す
  • シリーズAで調達した資金は、既存サービスの拡充や新サービスの導入に伴う掲載室数およびユーザーの増加に対応するシステムの開発・強化とマーケティング活動に投じる

【資金調達の目的と背景】
 NOW ROOMは、2020年5月、ウィークリーマンション・マンスリーマンション・2年以上の家具家電付き賃貸プラットフォーム「NOW ROOM」(https://nowroom.jp/)の運営を開始しました。
 Webまたはアプリ上で、お部屋探しから入居審査、契約手続き、家賃の支払いまで一気通貫できる本サービスは、サービス開始後1年6ヶ月で、家具家電付き賃貸・ホテル・シェアハウスなど約38万室を掲載し、ウィークリー・マンスリー賃貸・家具家電付き賃貸掲載室数全国No.1、全国網羅率も100%を達成しました(2021年11月現在)。

【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施のサブ画像2

 また、2021年4月以降は、マンスリー賃貸市場における個人のビジネス需要・法人需要(中長期出張・研修時の住まい手配や社宅利用など)を取り込むため、Web版の導入と機能改善・新機能追加に注力し、流入数は導入以前の2021年3月から9月までの半年間で約5倍にまで増加しています。

【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施のサブ画像3

 

■法人需要をワンストップで提供
 2021年6月には、法人の人事総務部門における社宅手配および付帯業務を大幅に削減する社宅手配サービス「NOW ROOM Biz(https://biz.nowroom.jp/)」 もローンチしました。本サービスにより、人事総務担当者は研修から出張、社宅まで社員のあらゆる“滞在・住まい”をNOW ROOMでのワンストップで手配できます。豊富な物件数や社宅手配作業の負担・コスト軽減、さらにお客様からのご要望をサービスに継続的に反映させることで、法人企業による新規・継続利用が続伸し、当社における法人利用売上は、2年以上の普通賃貸の手配を主軸に月平均成長率130%で成長しています。

【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施のサブ画像4

■NOW ROOMは、ビジネス需要の総合DXプラットフォームへ
 NOW ROOMは、膨大な賃貸市場の15%を占めているにも関わらず、「物件情報の分散」や「契約・入居プロセスの非効率性」など課題解決が遅れている法人手配市場に特化し、今回の調達資金を使って、ウィークリー・マンスリー賃貸プラットフォームとしての更なる統一化と、普通賃貸手配プロセスのDX化を推進することで、ビジネス需要を網羅する総合DXプラットフォームを目指します。

【NOW ROOMご報告】ニッセイ・キャピタルなどからシリーズAラウンド約4.8億円の資金調達を実施のサブ画像5

【投資家からのコメント】
ニッセイ・キャピタル株式会社 チーフキャピタリスト 高尾壌司氏

 NOW ROOMはテクノロジーと仕組化によって「住まい」のさまざまな課題解決に取り組み、事業の主軸である   「NOW ROOM」はローンチから1年6ヵ月で掲載室数が約38万室、全国網羅率も100%を実現しました。さらに、法人企業向けの社宅手配サービス「NOW ROOM Biz」を今年6月に開始以降、多くの企業の支持を受け、法人売り上げも順調に成長しています。これは、当初の想定を上回る速度での成果と言えます。
 業界構造を深く理解し、ユーザーに寄り添いながらプロダクトを創出・改善してきたNOW ROOMチームであれば、この巨大市場におけるリーディングカンパニーとなることができると信じております。今後は、個人の住まいから法人の中長期出張・社宅利用まで幅広いニーズを獲得するとともに、着実に利用者数を増やし、シリーズB・シリーズCへと進んでほしいと考えています。

 【ニッセイ・キャピタル株式会社概要】
会社名:ニッセイ・キャピタル株式会社
設 立:1991年4月
所在地:東京都千代田区丸の内1丁目6番6号 日本生命丸の内ビル22階
代表者:安達 哲哉

【株式会社NOW ROOMについて】 https://nowroom.jp/
株式会社NOW ROOMは、「暮らすを自由に」の企業理念のもと、不動産テック・スタートアップとして2019年7月1日にCEOの千葉史生が創業し、2020年5月18日に、ウィークリーマンション・マンスリーマンション・2年以上の家具家電付き賃貸「NOW ROOM」のサービスを開始しました。「NOW ROOM」のサービスは、Webまたはアプリ上でお部屋探しから入居審査、契約手続き、家賃の支払いまで一気通貫で完了します。2021年11月現在、ウィークリー・マンスリーから2年まで、期間を選べる家具家電付き賃貸やホテル、シェアハウスなど全国約38万室を超える多種多様なお部屋から、出張・単身赴任などのビジネス需要をはじめ、引っ越しやリフォームの際の仮住まい、さらには長期観光やワーケーションまで幅広いニーズに対応しており、延べユーザー数は27万人に達しています。

【株式会社NOW ROOMの概要】
会社名: 株式会社NOW ROOM
設 立: 2019年7月1日
所在地: 東京都新宿区西新宿七丁目1番12号 クロスオフィス新宿 506号室
代表者: 千葉 史生
理 念: 暮らすを自由に
事業内容: NOW ROOMの開発・運営
URL: https://nowroom.jp/company
公式note: https://note.com/now_official
NOW ROOMサービスサイト:https://nowroom.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments