日曜日, 7月 21, 2024
ホームその他ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献

大会MVPと得点王を獲得しデフフットサル世界大会出場へ

ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二、以下「当社」)のケイアイチャレンジドアスリートチームに所属する川畑 菜奈(かわばた なな)選手、岩渕 亜依(いわぶち あい)選手、酒井 藍莉(さかい あいり)選手、中井 香那(なかい かな)選手の4名と山本 典城(やまもと よしき)監督は、2023年4月29日~5月10日にイラン(テヘラン)で開催された「女子デフフットサルアジア大会」に参加し、リーグ戦全4試合に勝利し優勝しました。前回大会優勝に続き、ディフェンディングチャンピオンとして2連覇を果たすとともに、岩渕選手が大会MVP、中井選手が大会得点王を獲得しました。 
今大会の結果により、2023年11月にブラジルで開催予定の「女子デフフットサル世界大会」の出場切符を手にしました。

 

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像1

 

 

 

  • 選手・監督プロフィール

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像2

川畑 菜奈(かわばた なな)
2016年6月入社
【競技】デフフットサル
【選手コメント】
 4年前のアジア大会に続き、今回も優勝したことで2連覇という結果を残すことが出来ました。
 ですが、アジア大会はあくまで通過点であり、最終目標は世界一を取る事です。残りの6ヶ月間、まず自分が世界大会に向けて足りない部分をしっかり強化してチームの力になれるように努力していきますので今後も応援をよろしくお願いします。ここまで応援して下さった皆さん、ありがとうございました!
 

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像3

岩渕 亜依(いわぶち あい)
2019年4月入社
【競技】デフフットサル 今大会MVP
【選手コメント】
 今回のアジア大会では、勝つだけでなく内容にもこだわろうというテーマをもって臨みました。
 自分たちのやりたいことが100%できたわけではないですが、チームで長期間過ごせる貴重な時間の中で、少しずつにはなりますがチーム力の上積みを感じられた大会となりました。
 あくまで自分たちのゴールはここではなく世界大会なので、残り6ヶ月間、また積み重ねて世界大会に臨みます。日本からの応援、ありがとうございました!
 

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像4

酒井 藍莉(さかい あいり)
2020年4月入社
【競技】デフフットサル
【選手コメント】
 前大会に引き続き優勝という結果となりました。みなさん応援本当にありがとうございました!
 ただこのアジア大会は世界大会への通過点でもあり、最終的な目標は世界大会で優勝を獲ることです。今大会では、チームとしても個人としても、たくさんの課題を見つけられたので、世界大会までにそれぞれの課題を解決し、日々のトレーニングを引き続き頑張ります!!本当に応援ありがとうございました!
 

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像5

中井 香那(なかい かな)
2020年8月入社
【競技】デフフットサル 今大会得点王
【選手コメント】
 いつもデフフットサルの応援ありがとうございます。アジア大会2連覇を達成しました。前回大会と比べ、練習してきた形からのゴールバリエーションを増やすことを強みとして出せたので大量得点に繋がりました。一方でチームの課題点も見つかりました。アジアNo.1は通過点です。11月のブラジルで開催される世界大会に向けて、残り6ヶ月間、課題点を改善できるように個人練習・チーム練習やトレーニングを積み重ねて、引き続き頑張ります!応援ありがとうございました。
 

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像6

山本 典城(やまもと よしき)
2020年4月入社
【競技】デフフットサル監督
【監督コメント】
 イランのテヘランにて行われたアジア大会は4戦全勝で優勝することができ、大会2連覇を達成しました。そして今年11月にブラジル、更には来年開催される世界大会計2つの出場権を獲得することができました。日本から応援して頂いたみなさま、ありがとうございました。
 今回アジアでこのような結果を出せたのは選手の頑張りはもちろんのこと、活動を実施するにあたってご尽力いただいたみなさまのサポートがありこのような結果を出すことができました。本当にありがとうございます。
 ただアジア大会で優勝することは通過点です。このチームが目指すのは世界で結果を出すことです。それに向かってまた世界大会までの期間を無駄にせず、レベルアップし世界に挑みたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします。
 

  • ケイアイチャレンジドアスリートチームとは 

 

ケイアイチャレンジドアスリートチームの4選手が女子デフフットサルアジア大会2連覇に貢献のサブ画像7

 「日本一挑戦するアスリートチーム」を理念として、障がいを乗り越えるだけでなく、さらなる高みを目指してチャレンジを続けるパラアスリート集団として、2019年4月に「ケイアイチャレンジドアスリートチーム」を発足しました。
 現在は、9名が所属しており「デフフットサル」、「デフサッカー」、「ろう者柔道」、「車いすバスケットボール」、「車いすバドミントン」の各競技で活躍しています。
 トップアスリートとして高いレベルのトレーニングと競技を続けながら、社内研修の講師や商品開発に携わるほか、イベントや体験会を通してパラスポーツ認知向上のための啓もう活動を積極的に行っています。これまで、埼玉県本庄市を中心に県内外の企業や自治体、教育機関などと連携した体験会やパラスポーツの冠大会を開催し、延べ1,000名以上の方々にパラスポーツを体験していただきました。公式サイト:https://www.athlete.ki-group.co.jp/

■ ケイアイスター不動産株式会社とは
 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をビジョンに掲げ、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』を提供しています。仕入れから販売までを一気通貫で行うリアル×テクノロジーの基盤である「KEIAIプラットフォーム」を構築。テクノロジーの積極的な導入とコンパクト戸建住宅による独自のビジネスモデルによって、国内分譲住宅市場シェアの拡大を図ります。今後も不動産業界のDXを牽引するリーディングカンパニーとして、価値ある分譲住宅を提供していきます。
 事業エリアは、首都圏を中心に全国各地で戸建分譲事業を展開。年間7,176棟 (土地含む)以上を販売(※)しています。2023年3月期の売上高は2,418億円(※) 。一般社団法人日本木造分譲住宅協会の立上げに参加し、国産木材の利用を促進するなどESGにも力を入れています。(※グループ連結数値)

【会社概要】
社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証プライム市場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金  4,815百万円(2023.2.28現在)
設 立  1990年11月
従業員数 2,463名(連結 / 2023.4.1現在)
U R L   https://ki-group.co.jp/
事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

【リリースPDF】
https://ki-group.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/05/2023.05.25_Deaf-futsal_Asian-Games.pdf

【報道関係者からのお問合せ先】
ケイアイスター不動産株式会社 戦略開発本部 PR課
TEL:03-6259-1750  FAX:03-6551-2567 E-mail:press@ki-group.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments