金曜日, 7月 19, 2024
ホームその他駅直結、商業・公園一体開発の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」が始動

駅直結、商業・公園一体開発の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」が始動

~全住戸・共用部電力を実質再生可能エネルギー100%で賄い、郊外における新しいライフスタイルを提案します~

当社は、田園都市線「南町田グランベリーパーク」駅直結、商業施設「グランベリーパーク」に隣接する免震構造の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」(以下、本物件)の竣工を2024年3月に予定しています。本日、本物件の詳細情報をホームぺージにて公開します。なお、エントリー者限定にてオンラインプロジェクト発表会の実施を予定しています。

駅直結、商業・公園一体開発の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」が始動のサブ画像1

「南町田グランベリーパーク」は、田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」南側に広がる鶴間公園と、2017年2月に閉館したグランベリーモール跡地を中心とする約22haのエリアです。このエリアでは、官民が連携し、都市基盤・商業施設・都市公園・駅などを一体的に再整備・再構築することで、自然と賑わいが融合したパークライフを満喫できる「新しい暮らしの拠点」を創り出していくまちづくりプロジェクトが進行しています。本物件は、南町田グランベリーパーク駅グランベリーパーク口、商業施設「グランベリーパーク」と2階ペデストリアンデッキで直結しています。

駅直結、商業・公園一体開発の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」が始動のサブ画像2

本物件では、脱炭素社会に向けた取り組みとして、非化石証書を利用した実質再生可能エネルギー100%の電力を株式会社東急パワーサプライより調達し、Next Power株式会社による高圧一括受電方式で、全住戸・共用部へ電力を供給します。また、25kwの急速充電器を設置し、電気自動車(EV)と再エネ100%電力を活用したカーボンニュートラルのライフスタイルの普及促進に取り組みます。

また、本物件地下1階の共用施設“ワークキャビン”では、テレワークが可能な完全個室を7席、地上21階の“ザ・トゥエンティワンラウンジ”では、眺望を楽しみながら働くことができるワークスペースを設置します。
1階に広がる“ハーベストガーデン”は住民専用の貸菜園となっており、自宅での食育など郊外ならではの生活を楽しむことができます。また、コミュニティ形成のサポートを行う株式会社フォーシーカンパニーにより、子育て交流会や季節のイベント、グランベリーパークのテナントとの連携セミナーなど、さまざまなイベントを実施予定です。そのほか、本物件では、グランベリーパークのテナントであるプレミアムライフスタイルブランド「BoConcept」が、ザ・トゥエンティワンラウンジやゲストルームの家具をプロデュースするなど、入居テナントと連携した企画を進めています。

駅直結、商業・公園一体開発の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」が始動のサブ画像3

当社は住宅事業において、2023年10月下旬に「ドレッセタワー新綱島」、2024年5月に「ドレッセタワー武蔵小杉」の竣工を予定しています。今後も「自律分散型都市構造」の考え方をベースとして、脱炭素社会への貢献や、安全・安心で一人ひとりのライフスタイルに対応した住まいの提供に取り組むことで、事業を通じた社会価値を提供するとともに、東急線沿線のサステナブルなまちづくりを推進していきます。

■南町田グランベリーパーク概要

「南町田グランベリーパーク」は、田園都市線「南町田グランベリーパーク駅」南側に広がる鶴間公園と、2017年2月に閉館したグランベリーモール跡地を中心とする約22haのエリアで、官民が連携し、都市基盤・商業施設・都市公園・駅などを一体的に再整備・再構築し、自然と賑わいが融合したパークライフを満喫できる「新しい暮らしの拠点」を創り出していくまちづくりプロジェクトが進行しています。

■ドレッセタワー南町田グランベリーパーク 物件概要

駅直結、商業・公園一体開発の分譲タワーマンション「ドレッセタワー南町田グランベリーパーク」が始動のサブ画像4

                                             以    上

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments