土曜日, 6月 15, 2024
ホーム経営情報不動産賃貸業向け電子契約サービス事業を譲受

不動産賃貸業向け電子契約サービス事業を譲受

今後は基幹システムとのデータ連携機能の提供などサービス強化を推進

gooddaysホールディングス株式会社(東京都千代田区・代表取締役社長 小倉博)は、ソフトバンクグループ企業でIT関連製品の製造・流通・販売、IT関連サービスの提供を行うSB C&S株式会社(東京都港区・代表取締役社長 兼 CEO 溝口泰雄)から、2023年4月1日付で不動産賃貸業向け電子署名サービスIMAoS(イマオス)の事業を譲受したことをご報告致します。

不動産賃貸業向け電子契約サービス事業を譲受のサブ画像1

 IMAoSは不動産賃貸業での重要事項説明書の電子交付や不動産賃貸契約の電子契約を簡単に行えるようにするためにつくられた業界初の不動産事業者向けクラウド型電子署名サービスで、2017年より提供しております。2020年4月にgooddaysホールディングス株式会社がSB C&S株式会社よりIMAoSに関するプログラム等の知的財産権を譲受し、両社で共同開発を行っておりました。今後はサービスの企画・開発からライセンスの提供や運用サポートまでgooddaysホールディングス株式会社が行います。

 今年度は導入企業からの要望が強い基幹システムとのデータ連携機能の提供や、導入企業からのフィードバックをもとにした電子交付機能のバージョンアップなどサービス強化を推進して参ります。

サービス内容の確認やサービスのご利用についてはIMAoSの公式サイトをご参照ください。

IMAoSの公式サイト

https://www.imaos.jp/

【広報窓口】

報道機関様に関しては、以下までお問い合せ下さい。

gooddaysホールディングス株式会社 広報担当 渡邊

住 所:東京都品川区北品川1丁目23−19 GOODOFFICE品川

メール:gdh-pr@gooddays.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments