火曜日, 3月 5, 2024
ホーム商品サービス地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開

空き家問題をリノベーションで解決し、地域の活性化へ貢献

株式会社LIXIL(以下 LIXIL)は、地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開いたします。そしてこの度、第1弾として、SW(スーパーウォール)工法リフォーム加盟店の株式会社大黒屋 木づつみ(代表取締役 袖野 伸宏)が手掛けた築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開しましたので、お知らせします。

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像1

武蔵野の面影を残す、東京・東村山で、創業36年となる地域から愛される工務店「大黒屋 木づづみ」。“地域の家づくりは地域の工務店がつくる”をモットーに、東村山の暮らしを豊かにすることに情熱を注ぐ匠(たくみ)・代表取締役 袖野 伸宏 氏は「空き家」に注目した。

時が止まったままの空き家は、老朽化し、雑草が高く伸び、窓ガラスが割れているなど、景観の悪化につながる。そこで、袖野氏は空き家をリノベーションして新たな命を吹き込み、再び人が集う場をつくり、地域活性化に力を注いでいる。

文化複合スペース「縁ひらく庭 百才(ももとせ)」は、もともと空き家となっていた古民家を何とか残して活かしたいという想いが、人の輪を広げ、地域を巻き込んだプロジェクトにより誕生。その中心人物のひとりとなった袖野氏はリノベーションなどを担当した。クラウドファンディングにも挑戦し、多くの地元住民の支援によって、たくさんの笑顔が生まれる場として蘇った。
 

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像2

株式会社大黒屋 木づつみ
代表取締役 袖野 伸宏 氏

20歳から大工として腕を磨き、その後監督という立場で現場に携わりながら、現場管理や一期一会の大切さを学ぶ。34歳で社長に就任。家づくりで大切にしていることは「暮らす人・家族にとって“本当に良い家”」を追求すること。

 

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像3

袖野氏率いる「大黒屋 木づつみ」は、これまでも新築の高性能住宅を手がけているが、新しく生まれ変わった住まいをもっと好きになるリノベーション(Re:暮らし)にも力を入れている。

今回紹介するのは、築50年・2棟並ぶ空き家の再生。25年もの長いあいだ放置されてきたこの住宅は、老朽化により街並みを崩す要因となっていた。そこで袖野氏はこの物件を買い取り、リノベーションでも心地よく暮らすことができるよう、断熱や気密、耐震にすぐれた高性能化とともに、自然エネルギーを利用して快適な住環境を整えるパッシブデザインを取り入れて設計した。お客様に暮らし心地を体感していただくモデルハウスとしてフルリノベーションを行った。

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像4

断熱リノベによる既存住宅の高性能化によって、外の温度の影響を受けにくく、家の中の快適な温度を逃しにくくなるため、冬は暖かく夏は涼しく過ごせるように。このような開放的な空間デザインでも心地よくストレスフリーな家が実現できる。

 

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像5

 

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像6

 

洗面室にもゆとりを持たせ、朝の身支度もゆったりストレスフリーに。オリジナルの造作家具で洗濯機をカバーし、統一感のあるスッキリしたデザインで心地よく。

 

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像7

2階に配置したL字型のワークスペースは、仕事に・勉強に・趣味に自由に使える空間。小さいながらも個室のため、一人で集中したい時やテレワークにも最適。

 

今回のリノベーションにおける、こだわりポイントは3つ、「心地よく、ストレスフリーな家」「“もしも”に備えた安心して住める家」「唯一無二のお気に入りがある家」であること。
特に年間を通して快適で安心して暮らせる家にするために、築50年の構造体を大工が手作業でひとつひとつ新しいものと交換・補強。壁材には「スーパーウォールパネル」を入れ、サッシは樹脂とアルミのハイブリッド窓「TW」を採用するなど、LIXILの「まるごと断熱リフォーム」により高性能化を実現した。さらに、空間デザインや動線のひと工夫で暮らし心地をワンランクアップするなど、これまでのリノベの想像を超える快適・健康・省エネ・安心のすべてを叶える暮らしを可能にした。
こうした断熱リノベの進化は、空き家問題の解決策としてはもちろん、住まいづくりの新しい選択肢になるのではないだろうか。

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像8

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像9

Reform Data
床面積:延床 109.63㎡ 1階 65.73㎡ 2階 43.90㎡/木造2階建/築年数:1971年着工・築50年/エリア:東京都/断熱リフォームによる性能改善:省エネ区分 6地域
改修前3.89W/㎡K→改修後0.5W/㎡K
 

地場工務店の匠が手掛けた断熱リノベの実例集『断熱リノベの匠』を展開 第1弾は、築50年の空き家をフルリノベーションした事例を公開のサブ画像10

まるごと断熱リフォームは、今ある住まいを、一棟まるごと断熱改修することで高性能住宅化できる先進の工法。すぐれた性能の断熱材により、壁・天井・床をしっかり覆い、高断熱の窓や玄関ドアに交換。外気温の影響が少なく、快適・健康・省エネを実感できる暮らしを実現。

About LIXIL

LIXILは、世界中の誰もが願う豊かで快適な住まいを実現するために、日々の暮らしの課題を解決する先進的なトイレ、お風呂、キッチンなどの水まわり製品と窓、ドア、インテリア、エクステリアなどの建材製品を開発、提供しています。ものづくりの伝統を礎に、INAX、GROHE、American Standard、TOSTEMをはじめとする数々の製品ブランドを通して、世界をリードする技術やイノベーションで、人びとのより良い暮らしに貢献しています。現在約55,000人の従業員を擁し、世界150カ国以上で事業を展開するLIXILは、生活者の視点に立った製品を提供することで、毎日世界で10億人以上の人びとの暮らしを支えています。
株式会社LIXIL(証券コード: 5938)は、2022年3月期に1兆4,286億円の連結売上高を計上しています。
LIXILグローバルサイト:https://www.lixil.com/jp/
LIXIL Facebook(グローバル向け):https://ja-jp.facebook.com/lixilglobal/
LIXIL Facebook(日本国内向け):https://www.facebook.com/lixilcorporation

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments