木曜日, 8月 11, 2022
ホーム商品サービス新築(建替え・住み替え)をご検討の方に、新発想の家選びをご提案!高性能住宅工法「まるごと断熱リフォーム」新発売

新築(建替え・住み替え)をご検討の方に、新発想の家選びをご提案!高性能住宅工法「まるごと断熱リフォーム」新発売

既存の住宅を活かした賢い選択で、リーズナブルに健康で快適、省エネな暮らしを実現

株式会社LIXIL(以下 LIXIL)は、新築(建替え・住み替え)や大規模リフォームをご検討の方へ、新たな発想のご提案として既存の住宅を活かした賢い選択で、リーズナブルに健康で快適、省エネな暮らしを実現する高性能住宅工法「まるごと断熱リフォーム」を、2021年10月1日より全国で発売いたします。

新築(建替え・住み替え)をご検討の方に、新発想の家選びをご提案!高性能住宅工法「まるごと断熱リフォーム」新発売のサブ画像1

2050年カーボンニュートラルの達成に向けて、世界各国や日本では脱炭素化の取り組みが加速しています。この実現に向けて、住宅の高性能化の推進は不可欠ですが、日本の住宅の約9割は現行の省エネ基準に満たない住宅※1で、欧米に比べ大きく後れをとっています。その要因の一つとして、高性能住宅に住みたいけれども予算が合わずに、性能の低い住宅を選ばれている方もいるのが実情です。

そこで、LIXILは、新築(建替え・住み替え)や大規模リフォームをご検討の方へ、新築の高性能住宅並みの温熱環境による健康で快適、省エネな暮らしをリーズナブルに実現する高性能住宅工法「まるごと断熱リフォーム」を開発し、今までになかった新築に代わる選択肢を提案します。

既存住宅の構造部分(柱・梁・基礎)や地中の配管等、“使える部分”を活かすことでコストを削減し、生活に直結する性能の低い断熱材、古くなった外装・内装・設備などを一新することで、新築同等の豊かで快適な住宅が実現できます。

「まるごと断熱リフォーム」は国内トップレベルの断熱性能(熱伝導率0.019W/m・K)を誇る硬質ウレタンフォームを使用した壁断熱、吹込み用グラスウールによる天井断熱、吹付け硬質ウレタンフォームによる床断熱によって壁・天井・床の断熱性能を高めます。また、既存の窓の断熱性能を高める内窓の設置や、玄関ドアの交換による開口部断熱を組み合わせ、家全体をまるごと断熱リフォームし既存の住宅を省エネ住宅へ生まれ変わらせます。

さらに、「まるごと断熱リフォーム」を採用した住宅は、株式会社 LIXIL TEPCO スマートパートナーズ(以下LTSP社)が提供する太陽光発電サービス「建て得リフォーム」の利用が可能となります。「建て得リフォーム」は太陽光発電システムの10年間の余剰売電収入の権利をLTSP社に譲渡いただくことで、太陽光発電システムの製品代を実質0円で提供するサービスです。太陽光発電システムで発電した電力は自家消費できるため、電気代の負担を大幅に下げることができ、「まるごと断熱リフォーム」を実施した住宅の省エネ効果をさらに高めることができます。

新築(建替え・住み替え)をご検討の方に、新発想の家選びをご提案!高性能住宅工法「まるごと断熱リフォーム」新発売のサブ画像2

「まるごと断熱リフォーム」は、まるごと断熱リフォーム登録店さまがLIXILの設計・施工基準に従って工事を行います。また既存住宅の状況にあわせて柔軟に対応できる3種類のリフォーム(外壁重ね張り・外壁張替え・スケルトンリフォーム)の方法をご用意しています。既存住宅に通気層がある場合の外壁重ね張り時の課題を解決し、断熱改修を実現できる、新技術「通気抑制プレート」(特許出願中)を開発し、採用しています。

この他にも、改修前の住宅の断熱性能を把握し、エンドユーザーさまに分かりやすく、最適な断熱改修仕様をご提案する「お住まい断熱診断」もご提供しています。

LIXILは、環境ビジョンに、2050年までに事業プロセスと製品サービスを通じて、CO2の排出を実質ゼロにし、水の恩恵と限りある資源を次世代につなぐことを目指す「Zero Carbon and Circular Living(CO2 ゼロと循環型の暮らし)」を掲げています。この実現に向け、LIXILでは、住宅全体の高性能化を推進すべく多角的に取り組んでおり、「まるごと断熱リフォーム」の普及促進を通じて、誰もが願う豊かで快適な住まいの実現に貢献します。

※1 国土交通省2019年社会資本整備審議会資料より
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments