日曜日, 6月 26, 2022
ホームその他JKK東京による安否確認の協定締結先が40区市町となりました

JKK東京による安否確認の協定締結先が40区市町となりました

東久留米市と安否確認協定を締結

JKK東京(東京都住宅供給公社:東京都渋谷区、理事長:中井敬三、以下「JKK」)は、「孤立死」が社会的に増加傾向にあることを受け、平成24年7月からJKKが管理する住宅に入居されている方の安否確認の対応について、より迅速な情報収集及び入室確認等を行うことを目的として、地元自治体と協定を締結し、連携の強化に取り組んできました。
この度、令和3年12月に新たに東久留米市との協定締結し、JKKが協定を締結した自治体は40区市町(15区24市1町)となりました。

■ 安否確認体制

入居者の親族や近隣の方等から、入居者の安否を確認して欲しいとの要請がJKKにあった際、速やかに情報収集の上、必要と判断した場合には、警察や消防の立会いのもと居室内の確認を行っています。
JKKでは、このような安否確認の要請に24時間365日対応できるよう、コールセンター「JKK東京お客さまセンター」において、確認要請の受付体制をとっています。

JKK東京による安否確認の協定締結先が40区市町となりましたのサブ画像1_安否確認体制安否確認体制

■ 主な協定内容
これまで各区市町と締結した協定は、主に以下の4項目を定めています。
(1) 緊急時対応における区市町又はJKKが保有する情報の提供
(2) 区市町又はJKKが入居者に対し緊急時対応を行う場合の相互の連絡
(3) 相互が保有する入居者の情報に基づく緊急時対応(入室判断を含む。)への助言及び協力
(4) 入居者・その関係者への連絡、訪問・現地調査及び入室等の協力

■ 地域ケア会議、連絡協議会への参加
地域包括支援センターや区市町村が主催する地域ケア会議や連絡協議会等にJKK職員が参加し、地域関係者と連携強化に努めています。
JKKは、今後も更に多くの自治体と連携・協力体制を整えることができるよう、取り組みを進めていきます。

■ 協定締結先済の40区市町(15区24市1町)

JKK東京による安否確認の協定締結先が40区市町となりましたのサブ画像2_※当社が管理する住宅のある地元区市町…49区市町※当社が管理する住宅のある地元区市町…49区市町

 

JKK東京による安否確認の協定締結先が40区市町となりましたのサブ画像3

※詳細はこちらからご確認ください。
 ⇒https://www.to-kousya.or.jp/k_news/r4_1_18press.html

■ 参考

JKK東京の高齢者支援

https://www.to-kousya.or.jp/action/senior-support.html

 

◆JKK東京(東京都住宅供給公社)概要
所在地  東京都渋谷区神宮前5-53-67
設 立  昭和41年4月  
代表者  理事長 中井 敬三
事業内容 ①賃貸住宅及び関連施設の管理事業、建設事業
     ②公営住宅等の管理受託事業
WEBサイト https://www.to-kousya.or.jp/
JKK東京公式Twitter https://twitter.com/JKKTOKYO_info
※当社の賃貸住宅管理・建設等に関する最新情報、キャンペーン、イベントなどの情報をお知らせします。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments