木曜日, 8月 11, 2022
ホーム経営情報株式会社ビーロット【財界さっぽろ掲載】分譲マンション販売、目指すは道内No.1シェア

株式会社ビーロット【財界さっぽろ掲載】分譲マンション販売、目指すは道内No.1シェア

~ 月刊誌「財界さっぽろ」掲載 ~

株式会社ビーロットが北海道地域の政治情報や経済情報を主に扱う、月刊「財界さっぽろ」に掲載されたことを発表いたしました。

 株式会社ビーロット(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮内 誠)は、株式会社財界さっぽろが発刊する地域政治・経済誌「財界さっぽろ」へ、新築分譲マンションの販売代理事業における記事をご掲載いただきましたので、お知らせいたします。

◆分譲マンション販売を加速 ~目指すは道内No.1シェア~
 不動産を活用した富裕層・投資家向け資産運用サービスが主力の「ビーロット」。
 08年のリーマンショック直後に創業し、14年東証マザーズに上場、18年東証一部への市場変更を行った。22年4月に控えた東京証券取引所市場区分見直しに対しては、プライム市場を目指すとしている。
 22年、注目したいのは分譲マンションの販売代理事業だ。本州ではマンションデベロッパーの販売パートナーとして支持を得ている。札幌圏でも21年からスタートしており、22年はさらに本格化させる。

株式会社ビーロット【財界さっぽろ掲載】分譲マンション販売、目指すは道内No.1シェアのサブ画像1_2021年11月撮影2021年11月撮影

 

 すでに東急不動産をはじめとする全国大手のデベロッパーが札幌での販売を委託。これを受け、同社ではマンション販売に精通したプロのスタッフを本州から呼び寄せ、精力的に活動している。
 現在、販売を手掛けているのは札幌中心部のタワーマンション2棟。すでに1億円以上の部屋の半数以上が売れており、同社の販売力の高さを証明している。
 本州視点で見れば札幌のマンションは魅力的だ。価格高騰で資産価値が上がり、コロナや自然災害を背景に、札幌をもう一つの居住拠点にするという流れも加速している。また、本州に顧客を持つ同社の優位性もある。
 新築分譲マンション販売の専門企業は札幌にはほとんどない。同社がこの2棟を成功させれば、今後は札幌、さらには北海道での分譲マンション販売シェアNo.1も視野に入ってくる。

株式会社ビーロット【財界さっぽろ掲載】分譲マンション販売、目指すは道内No.1シェアのサブ画像2_2021年3月撮影2021年3月撮影

※月刊誌「財界さっぽろ」掲載ページより転記
https://www.b-lot.co.jp/wp-content/uploads/2021/12/202112_zaikaisapporo_202201.pdf

◆株式会社ビーロット
本社
東京都港区新橋1丁目-11-7 新橋センタープレイス10F
​03-6891-2525

北海道支社
北海道札幌市中央区北2条西3丁目-1 敷島ビル7F
011-252-2320

ビーロットHP
https://www.b-lot.co.jp/

◆ブランズタワー札幌大通公園
公式HP
https://sumai.tokyu-land.co.jp/branz/odorikoen/

事業主
東急不動産株式会社
京阪電鉄不動産株式会社
株式会社じょうてつ

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments