火曜日, 7月 23, 2024
ホーム商品サービスカーディフ損保、Insurance Asia Awards 2024を受賞

カーディフ損保、Insurance Asia Awards 2024を受賞

同性パートナーまで対象を広げた住宅ローン保険の「配偶者の保障」がInsurance Inclusion Initiative of the Year – Japanを獲得

カーディフ損害保険株式会社(代表取締役社長:髙屋 智行)は、Charlton Media Groupが主催する Insurance Asia Awards 2024において、「Insurance Inclusion Initiative of the Year – Japan」を受賞しました。

Insurance Asia Awardsは、香港、シンガポール、フィリピンに拠点を置くメディアグループ Charlton Media Groupが2016年に開始した表彰制度で、革新的な取り組みや商品・ソリューションを提供するアジア諸国の保険会社を表彰しています。今回当社が受賞した「Insurance Inclusion Initiative of the Year – Japan」は、より多様な人々が保険で守られるインクルーシブな社会の醸成に貢献した革新的なプロジェクトに贈られます。

受賞概要について

当社は、2023年5月より、住宅ローン契約者の配偶者ががんと診断された場合などに給付金をお支払いする「配偶者の保障」の対象範囲を同性パートナーの方々にも拡大しました。これにより、従来は「配偶者」としてお引き受けできなかった同性パートナーの方も、本保障の被保険者としてご加入いただくことが可能となりました。住宅ローン保険の「配偶者の保障」の同性パートナーへの拡大は、日本初となります。この革新的な取り組みが評価され、本賞を受賞しました。

今回の「配偶者の保障」の対象範囲の拡大は、当社のミッション「ひとりでも多くの人に保険への扉をひらく」を体現したものです。住宅ローン保険のパイオニアとして、お客さまにはライフプランの実現をサポートする保険を、そして提携金融機関の皆さまには差別化につながる付加価値の提供を目指してまいります。

Insurance Asia Awards 2024の詳細は、ホームページをご参照ください(英語)

https://insuranceasia.com/event/insurance-asia-awards

本アワードを受賞した「『配偶者の保障』の対象範囲の拡大」に関しましては、以下プレスリリースをご参照ください。

カーディフ損保、住宅ローン保険の「配偶者の保障」を日本で初めて同性パートナーにも拡大

カーディフ損害保険株式会社について

カーディフ損害保険株式会社は、フランスを本拠とする世界有数の金融グループBNPパリバの保険事業を担うBNPパリバ・カーディフの日本拠点です。主に銀行をパートナーとして、金融機関の商品と保険を組み合わせることで新たな価値をつくりだす「バンカシュアランス」というビジネスモデルで事業を展開しています。特に、住宅ローン返済中に病気やケガで就業不能状態になった場合や、会社の倒産・リストラ等で非自発的な失業状態になった場合にローン返済を支援する保険を主力商品としています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments