金曜日, 5月 20, 2022
ホーム商品サービス【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始

【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始

量産化により2024年600棟の生産を目指す

株式会社ウッドフレンズ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:林 知秀、以下「当社」)は、2021年11月26日より、自社開発したオリジナル木製サッシ「WINDOW WOOD」を採用した分譲住宅の販売をスタートしました。

【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始のサブ画像1_木製サッシ 外観木製サッシ 外観

  • 木質資源カスケード事業とは

当社は時代・社会・環境における企業活動として、東海地方の豊富な森林資源に着目し、2011年に自社集成材工場、プレカット工場を岐阜県養老町に開設しました。住宅事業において林業から建築、販売まで一貫した『製造小売』を実現することで、従来の複雑な流通を省き、国産材を適正価格で安定的に供給することを目指しております。また、同時に構造材の生産工程における余剰材を有効活用することで、木質資源ロスを減らすことに繋げています。
地域の林業を適切に循環させ、木資源を適切に使い切る。この『木質資源カスケード事業』という当社の概念のもと、投資・開発を進めており、これらの取組みがSDGsへダイレクトに繋がっていると考えております。
 

  • 気密性において最高等級を取得した「木製サッシ」を開発

能面では、気密性において最高等級「A-4」を取得しており、熱貫流率においても一般的なアルミ樹脂複合サッシを上回る結果が得られました。 (注1)
愛知県名古屋市の「新家族展示場」に採用しており、採用物件第一号としては2021年11月26日に戸建分譲住宅「愛知県稲沢市 国府宮西パート11」を販売開始しております。2022年5月期に60棟分、2024年5月期には600棟分の販売を目指しています。

【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始のサブ画像2_木製サッシ 内観木製サッシ 内観

【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始のサブ画像3_木製サッシを採用した愛知県名古屋市守山区の「新家族」展示場木製サッシを採用した愛知県名古屋市守山区の「新家族」展示場

 

  • 木製サッシの国内普及率はわずか1%未満。量産化による低コストを目指す

アメリカやイギリス、ドイツにおいては、木製サッシが約20%のシェアを占める中、日本においてはほとんどがアルミと樹脂による複合サッシとなり、木製サッシのシェアは全体のわずか1%未満となります。

様々な業界でSDGsや脱炭素社会への取組みが進む中、日本で木製サッシが普及していない背景としては、日本の気温・湿度の変化に適応するための要求品質基準が高く、開発のハードルが高いことがあげられます。アルミなどと比べて形成が難しいことから高コスト構造となり、市場では高額な住宅を除き、普及が進んでいない現状となります。
上記の背景の中、当社は、国内グループ工場の集成材生産ラインを活用し、自社開発・製造によるコストメリットで、採用物件の拡大と量産化を図っていきます。

【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始のサブ画像4_参照)日本サッシ協会 住宅用建材使用状況調査報告書 参照)日本サッシ協会 住宅用建材使用状況調査報告書

 

  • 環境負荷の低減。生産時CO2放出はアルミサッシと比べて 1/34 に

アルミニウムはボーキサイト(鉱物)を電気で精錬して金属にしますが、その際に膨大な電気を使用します。対して木材は、製造にかかるエネルギーが極めて少なく、製造時のCO2 の放出もアルミニウムと比べて1/34に抑えることができます。また、アルミニウムのように材料を輸入する必要がなく地産地消での生産が可能な点や、木は育林時にCO2を吸収する点においても、脱炭素社会において木製サッシの普及には意義があると考えています。

【木質資源カスケード事業】木製サッシの量産化を開始のサブ画像5_参照)北海道立総合研究機構 林産試験場  林産試だより 2012年2月号 省エネルギーと木製サッシ参照)北海道立総合研究機構 林産試験場  林産試だより 2012年2月号 省エネルギーと木製サッシ

木製サッシ「WINDOW WOOD」の詳細はこちら

https://www.woodfriends.jp/buy/propose/window-wood.php

愛知県名古屋市守山区「新家族」展示場の詳細はこちら
https://www.woodfriends.jp/construct/newfamily.php

注1)
気密試験値(m3/m2・h…窓の大きさ1平米あたり、1時間にどれぐらいの空気が漏れるかを表した数値)では、片引き戸でJIS規格「2.0m3/m2・h」を大きく下回り、「0.38m3/m2・h」と5分の1の気密性に抑える結果がでました。これは、一般的なアルミサッシと比較しても高い気密性が見込まれる数値です。 
また、熱の伝えやすさを表す熱貫流率(W/㎡・K…内外空気の温度差が1℃あるとき、1㎡当たり1時間につき、何Wの熱が移動するかを表す数値)においても、一般的なアルミ樹脂複合サッシの熱貫流率2.33W/㎡・Kに対し、当社の木製サッシは1.71W/㎡・Kと大きく下回る性能となっています。
 

  • ウッドフレンズについて

社名:株式会社ウッドフレンズ

代表取締役社長:林 知秀
所在地:愛知県名古屋市中区栄四丁目5番3号 KDX名古屋栄ビル2F
URL:https://www.woodfriends.co.jp

 

1982年設立以来、商品・会社・社会が美しくあるという企業理念「より美しく」のもと、これまでに約12,000戸の住宅を供給。グループ事業としてゴルフ場運営、ホテル運営、指定管理なども展開。自社集成材工場を起点として、林業から住宅の販売まで一貫した製造小売の体制の実現を目指しています。住宅事業を産業として取り組むことで地域の雇用創出をはかりながら、木質資源を有効活用し、豊かな住環境をつくり、持続可能な循環型経済を実現する「木質資源カスケード事業」という当社の概念のもと、地域社会とともにある企業を目指しています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments