土曜日, 6月 22, 2024
ホームその他TAKASUGIと資本提携、シナジーを活かし双方の成長戦略強化

TAKASUGIと資本提携、シナジーを活かし双方の成長戦略強化

熊本県有数の住宅メーカーがグループ参画

 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役社長/塙 圭二、以下「当社」)は、2024年5月23日にTAKASUGI株式会社(本社/熊本県熊本市、代表取締役社長/平島 孝典、以下「タカスギ」)のグループ参画を決定し、同日、株式譲渡(過半数)に関する契約を締結いたしました。

TAKASUGIと資本提携、シナジーを活かし双方の成長戦略強化のサブ画像1

  • 資本提携の理由

 タカスギは、1998年の創業以来、『感動する家づくりを通しご縁のある「すべての人」の幸せを実現する。』を企業理念として、熊本県を中心に分譲住宅や注文住宅を展開しています。創業から四半世紀に渡り毎年着実に年間完工棟数を増やし、主力事業の戸建分譲事業に加えて注文住宅事業も展開する、熊本県内有数の住宅メーカーです。事業エリアは、福岡県、佐賀県にも拡大しています。今回のタカスギのグループ参画により、当社とタカスギが持つ戸建分譲事業(売建・建売)と注文住宅事業の仕組みやノウハウ等、双方の経営資源の融合を通じて、今後の両社の成長戦略を更に加速できるとの結論に至りました。

■ TAKASUGI株式会社 会社概要

社 名  TAKASUGI株式会社

代 表  代表取締役社長 平島 孝典

所在地  〒862-0967 熊本市南区流通団地1丁目42番1号

資本金  3,000万円

設 立  1998年12月

従業員数 148名(2023.8.1現在)

U R L    https://www.takasugi.co.jp/

事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、リフォーム事業、ほか

  • 今後の展開

 当社グループでは、2016年4月に株式会社よかタウン(本社/福岡県福岡市、代表取締役/野島 幸司)、2017年4月に株式会社旭ハウジング(本社/神奈川県横浜市、代表取締役社長/中倉 孝博)、2019年1月に株式会社建新(本社/神奈川県横須賀市、代表取締役/大口 隆弘)、2021年1月にケイアイプレスト株式会社(本社/埼玉県蓮田市、代表取締役/小林 勝彦)、2023年4月に株式会社エルハウジング(本社/京都府京都市、代表取締役/堀越 大輔)、2024年4月に新山形ホームテック株式会社(本社/山形県新庄市、代表取締役/矢口 雅彦)がグループ参画を果たしました。

 今回のタカスギのグループ参画により、当社グループの出店エリアは、1都2府21県(山形、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、岐阜、静岡、愛知、京都、滋賀、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡、佐賀、熊本、大分、鹿児島)となります。

 分譲戸建住宅市場における過去10年の着工棟数は増加傾向にあり、住宅着工棟数に占める分譲戸建住宅の比率も上昇が続いているため(※1)、今後もシェア拡大が見込める市場です。

 当社は、1990年の創業以来、独自のノウハウの集積に加えて、事業の様々な情報を一元管理する「KEIAIプラットフォーム」を構築してきました。このプラットフォームから得られるビッグデータの活用により、コンパクト分譲開発とセミオーダー型のデザイン住宅を事業戦略の柱に、今後も更なる事業拡大を進めていきます。

 当社は、グループ参画した会社に対し当社独自の事業ノウハウを提供することにより、グループ会社の企業価値向上に向けた施策を積極的に推進しています。そのシナジーが実を結び、当社グループの連結での業績推移は年々拡大し企業価値向上につながる事業成長を続けています(※2)。

 今後もグループ会社との「協働による企業グループ全体の価値最大化」を目標に、それぞれのエリアNo.1の実現を目指すとともに、『高品質、だけど低価格なデザイン住宅』を提供し、お客様の更なる「豊・楽・快(ゆ・た・か)なくらしの創造」を推進していきます。

※1…2024年3月期 決算説明資料 P45

    https://ssl4.eir-parts.net/doc/3465/ir_material_for_fiscal_ym/155423/00.pdf

※2…2024年3月期 決算説明資料 P48

    https://ssl4.eir-parts.net/doc/3465/ir_material_for_fiscal_ym/155423/00.pdf

■ ケイアイスター不動産株式会社とは

 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をビジョンに掲げ、『高品質、だけど低価格なデザイン住宅』を提供しています。仕入れから販売までを一気通貫で行うリアル×テクノロジーの基盤である「KEIAIプラットフォーム」を構築。テクノロジーの積極的な導入とコンパクト分譲開発による独自のビジネスモデルによって、国内分譲住宅市場シェアの拡大を図ります。今後も不動産業界のDXを牽引するリーディングカンパニーとして、価値ある分譲住宅を提供していきます。

 事業エリアは、首都圏を中心に全国各地で戸建分譲事業を展開。年間8,202棟(土地含む)を販売(※)しています。2024年3月期の売上高は2,830億円(※)。一般社団法人日本木造分譲住宅協会の立上げに参加し、国産木材の利用を促進するなどESGにも力を入れています。

(※グループ連結数値)

【会社概要】

社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証プライム市場)

代 表  代表取締役社長 塙 圭二

所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1

資本金  4,816百万円(2024.4.1現在)

設 立  1990年11月

従業員数 2,790名(連結 / 2024.4.1現在)

U R L   https://ki-group.co.jp/

事業内容 戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

【リリースPDF】

https://ki-group.co.jp/wp/wp-content/uploads/2024/05/2024.5.23_MA_TAKASUGI.pdf

【報道関係者からのお問合せ先】

ケイアイスター不動産株式会社 広報室 広報課

TEL:03-5299-7575 FAX:03-5299-7562 E-mail:press@ki-group.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments