水曜日, 2月 21, 2024
ホーム未分類片付け業者検討中のユーザーの4割強が「事前の自力作業なしで依頼したい」と回答!依頼内容は簡易的な清掃から大規模な不用品処分まで様々

片付け業者検討中のユーザーの4割強が「事前の自力作業なしで依頼したい」と回答!依頼内容は簡易的な清掃から大規模な不用品処分まで様々

片付け業者検討中のユーザーの4割強が「事前の自力作業なしで依頼したい」と回答!依頼内容は簡易的な清掃から大規模な不用品処分まで様々 | 株式会社LIFULL seniorのプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000049958.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/49958/48/49958-48-ed253e907381dc9880ac8ba187d057f6-1920×1045.png?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=1200&height=630“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

https://prtimes.jp/data/corp/49958/tmp-a3ed7bbe25aaf47336f1156ba5345024-6aaa7c6f231ce501e2873781622a42bd.jpg” alt=”” class=”css-1ias2o0″/>

株式会社LIFULL senior


会社概要

片付け業者検討中のユーザーの4割強が「事前の自力作業なしで依頼したい」と回答!依頼内容は簡易的な清掃から大規模な不用品処分まで様々

「みんなの遺品整理」ウェブサイト:https://m-ihinseiri.jp/

【調査サマリ】

・片付けは「事前の作業予定はなし」で業者依頼を希望する方が4割!「1日~3日程度」が3割に

・ 片付け業者に依頼したい作業1位は「家具・家電等、大きな不用品の処分」に。「不用品の処理」「簡易的な清掃」も上位に

・ 片付け業者への依頼理由1位「体力的な要因」はユーザーの半数が回答

・ 依頼予定の間取りは「4LDK以上」が最多、広さと依頼ニーズに相関性はなし

【調査対象】

調査期間:2023年12月1日〜12月27日

対象:期間中「みんなの遺品整理」サイトに訪問した全国のユーザー

調査方法:インターネット調査

 ※小数点第二位を四捨五入しているため、合計が 100%にならない場合があります

 1.  片付けは「事前の作業予定はなし」で業者依頼を希望する方が4割!「1日~3日程度」が3割に

片付け業者に依頼したい片付けにおいて、ユーザー自身が事前の準備や作業日数の割合を伺ったところ「作業はしない予定」が42.4%と最も多い回答でした。「1日〜3日」という回答が30.0%と続き、7割以上のユーザーが自身では大掛かりな作業の予定はなしで、業者への依頼を検討していることが分かりました。

  • 一般財団法人 遺品整理士認定協会 長谷川正芳氏のコメント

少量の片付けをしても大きな値下げに繋がらないので、無理せずまとめて業者に依頼がオススメ

片付け業者は基本的にすべての家財において、整理から処分までを行えます。依頼時に気になるポイントの一つである費用面に関して、依頼者が自力でできる範囲の少量の片付けをしたとしても、大きな値下げに繋がることはあまりありません。値下げに繋がらないのであれば業者の作業前に無理にご自身で片付けず、まとめて対応してもらうというケースが多いように思います。

また、ご自身のお住まいではなく遠方のご家族の自宅の場合などには、片付けに出向くことも難しいため、値下げよりも業者に一任したいと思われる方も多いです。もちろん、依頼される方の中にはご自身で少し作業を進められる方もいます。しかし業者に依頼するほどの大規模な片付けともなると、まとまった時間が取れなかったり、方法が分からず手がつけられなくなったりし、途方に暮れてしまっていたという相談もありました。

2. 片付け業者に依頼したい作業1位は「家具・家電等、大きな不用品の処分」に。「不用品の処理」「簡易的な清掃」も上位に

片付け業者に依頼したい具体的な作業内容を伺ったところ、「家具・家電等、大きな不用品の処分」が65.5%と最も多く、「細かい不用品の処分」(47.2%)、「簡易的な清掃」(35.9%)と続き、ユーザーだけでは作業が難しい大型の不用品処分だけでなく、プロや多くの人手を必要としない不用品の処分や清掃などの比較的軽作業の依頼を検討している方が多いことが分かりました。また、プロのノウハウやルートが必要な「金銭的価値のある物の売却」も32.4%が検討していると回答しました。

  • 一般財団法人 遺品整理士認定協会 長谷川正芳氏のコメント

自治体のルールが異なる大型の不用品処分はプロに任せるとスムーズ。貴重品の捜索や売却依頼は業者のライセンスを確認!

「家具・家電等、大きな不用品の処分」や「細かい不用品の処分」が多い理由は、自治体により処分方法が変わること、回収にあたり事前の予約や指定場所までの搬出が必要で面倒な作業であること、からニーズが高まっているためです。また、大きな家具の場合、高齢者や女性では搬出が難しかったり、作業に不慣れなことから搬出時に壁などを傷つけてしまったりするケースもあります。片付け業者に依頼すると、これら処分方法の判断や搬出はもちろん、買取や清掃、貴重品・思い出の品の捜索まで依頼することが可能です。

しかし、一部の片付け業者においては行政から必要な認可を受けず無許可に営業したり、金品の盗難による窃盗罪で係争中だったりしています。片付け業者に依頼を検討する際は、遺品やリサイクル品の取り扱いに知識を持つ「遺品整理士」が在籍しているかを確認することがオススメです。法規制に基づいて対応するため、回収後の不法投棄や金品窃盗などのトラブルを避けることに繋がります。『みんなの遺品整理』では、厳しい審査を通過した業者のみを掲載・紹介。ご自身で選びきれない場合は、対応方法のご提案、業者の選び方などをご相談いただけます。

「みんなの遺品整理」はじめての方へページ:https://m-ihinseiri.jp/about/

 3. 片付け業者への依頼理由1位「体力的な要因」はユーザーの半数が回答

片付け業者への依頼を検討するに至った背景について伺ったところ、「体力的に自分で対応することが難しいと感じた」が55.7%とユーザーの2人に1人が回答しました。「精神的」な理由が38.6%、「技術的」な理由が37.1%と続きます。「何から始めるべきか分からないので一旦相談したい」という回答も35.7%となりました。

依頼検討の背景についての自由回答では、「体力的」と「技術的」などいくつかの理由や背景が複合的に絡み合う様子が読み取れます。

(自由回答の抜粋)

・怪我をしてからやる気がなく、物も多くて、どこから手をつけてよいのかが分からない

・高齢の両親が空き部屋に物を詰め込みすぎて手に負えない状態

・精神障害を持っており、自力で片付けが出来ないと思った

・整理整頓が苦手で部屋をかたづけることができないため

  • 一般財団法人 遺品整理士認定協会 長谷川正芳氏のコメント

高齢者やお体に不調がある方、片付けが苦手な方は無理せず業者にご相談を!

少しの家財であれば高齢者やお体に不調がある方でも、ご自身で片付けを行うことは可能ですが、住まい全体の片付けともなると、かなりの体力や時間が必要です。一口に処分といっても自治体ごとにルールが設けられており、片付け以外に仕分けや分別にも労力がかかり、何日もかけて作業することになるため、集中力が切れて途中でケガをしてしまう可能性があります。

また、物が多すぎて途方にくれ、片付けを進めること自体が嫌になるケースも少なくありません。最近では、「お仕事などの影響で精神的に追い詰められて片付けに手がまわらない」、「もともと片付けが苦手」ということで依頼を検討する方も増えています。身体の状態に不安や片付けの苦手意識がある場合は、ご自身だけで無理に解決しようとせず、業者へ見積依頼だけでもしてみてください。

「みんなの遺品整理」お急ぎの方・お困りの方へ:https://m-ihinseiri.jp/urgency/

4. 依頼予定の間取りは「4LDK以上」が最多、広さと依頼ニーズに相関性はなし

片付け業者への依頼予定の間取りについて伺ったところ、「4LDK以上」が25.2%と最多、「1R・1K」(20.6%)、「3DK」(16.8%)、「2DK」(15.0%)。「3LDK」(9.4%)という結果になりました。依頼ごとでの間取りには際立った特徴がない結果となり、部屋の広さと業者依頼検討の相関関係はあまりないことが分かります。

  • 一般財団法人 遺品整理士認定協会 長谷川正芳氏のコメント

お部屋の広さに関わらず業者依頼は可能。立ち合いが難しいご実家の片付けも相談できます!

近年、核家族化やライフスタイルの変化に伴い、家事代行など家の中の作業に関するさまざまなアウトソーシングが登場し「片付けにおいても業者へ依頼する」という考えの方が増えてきています。お部屋が広いからと言って依頼するというよりは、お仕事や育児、介護が忙しいことにより時間が取れず、業者を検討されているように見受けられます。

今回の調査では、「2DK」の割合が15.0%を締めています。現在の物件ではあまり見られない「2DK」の方が多い背景には、1980年代に浸透した団地などに多い間取りであることが考えられます。高齢のご両親が団地などにお住まいで、お子さんが生前整理や遺品整理として依頼するケースも多いです。片付け業者の中には見積もり時の立ち会いのみで作業日は立ち合い不要という事業者も多いです。遠方のご実家だからと諦めず、ぜひいくつかの業者に相談してみてください。

「みんなの遺品整理」お急ぎの方・お困りの方へ:https://m-ihinseiri.jp/urgency/

  • 一般財団法人 遺品整理士認定協会 長谷川正芳氏 プロフィール

ペット産業・建築不動産業を経験し、現職に至る。現在は一般財団法人遺品整理士認定協会で遺品整理の現場や対応方法について、専門家を育成すべく「遺品整理士養成講座」を開講。ご遺族に寄り添う遺品整理士を育成し、遺品整理業界の健全化のため、活動を進める。

※専門家コメントの提供やご取材対応も可能です。

ご希望の際は株式会社LIFULL senior みんなの遺品整理事務局までご連絡をお願いします。

  • 「みんなの遺品整理」について

「みんなの遺品整理」は、遺品整理・片付け業者のポータルサイトです。遺品整理士認定協会と提携しており、全国891社(2024年2月7日時点)の優良業者のみを掲載しています。サイトへの掲載審査においては、遺品整理士の在籍有無、法令遵守度や作業品質の高さを厳しくチェックしており、サイト上では業者ごとの保有資格を確認できます。

また、サイトでは複数業者へ相見積もりができます。お急ぎの場合は要望にあった業者選びをお任せいただくことも可能です。お見積もり時に作業内容を細かく擦り合わせるため、作業後の追加請求は一切発生しません。運営側でも業者が著しく高い見積額を提示していないかのチェックを徹底。はじめてでも安心して利用いただけるように最大限のサポートを提供しています。

【みんなの遺品整理が安心できる理由】

「みんなの遺品整理」はじめての方へページ:https://m-ihinseiri.jp/about/

  • 株式会社LIFULL senior について

「老後の不安をゼロにする」をビジョンに掲げ、ヒトとテクノロジーの力で、超高齢社会の課題を解決する様々な事業を展開しています。主な事業として、老人ホーム検索サービス「LIFULL 介護」、遺品整理業者検索サービス「みんなの遺品整理」、介護施設向け買い物代行業務支援サービス「買い物コネクト」があります。今後も高齢者や関わる人々が抱える不安や課題に向き合って事業を拡大して参ります。

  • 株式会社LIFULL senior 概要

会社名:株式会社LIFULL senior(ライフル シニア)

所在地:東京都千代田区麹町1丁目4−4

代表取締役:泉 雅人

設立:2015年7月1日

事業内容:

遺品整理業者検索サイト『みんなの遺品整理』の運営

https://m-ihinseiri.jp/

老人ホーム検索サイト『LIFULL 介護』の運営

https://kaigo.homes.co.jp/

 介護施設向け買い物代行支援サービス『買い物コネクト』の運営

https://lp.kaimonoc.jp/

 自治体向け買い物弱者支援ツール『買い物コネクト』の運営

https://lp-g.kaimonoc.jp/

 介護当事者一歩手前の世代に向け、介護や老後に関する最新情報や体験談を発信するウェブメディア『tayorini』(たよりに)の運営

https://kaigo.homes.co.jp/tayorini/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments