木曜日, 8月 11, 2022
ホーム経営情報不動産投資支援事業のフェイスネットワーク 第5回無担保私募債を発行 「徳島大正SDGs私募債」として一部を地域団体に寄付

不動産投資支援事業のフェイスネットワーク 第5回無担保私募債を発行 「徳島大正SDGs私募債」として一部を地域団体に寄付

 東京の城南3区エリア(世田谷区・目黒区・渋谷区)を中心に、主に新築一棟RCマンションによる不動産投資支援事業を展開する株式会社フェイスネットワーク(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:蜂谷 二郎、以下「当社」)は、2021年11月30日、「徳島大正SDGs私募債」として株式会社徳島大正銀行(本社:徳島県徳島市、代表取締役頭取:板東 豊彦、以下「徳島大正銀行」)を財務代理人及び引受人とした『株式会社フェイスネットワーク 第5回無担保社債』を発行しましたことをお知らせします。
 

不動産投資支援事業のフェイスネットワーク 第5回無担保私募債を発行 「徳島大正SDGs私募債」として一部を地域団体に寄付のサブ画像1

◆本私募債発行の目的
 フェイスネットワークは、東京城南3区エリア(世田谷区・目黒区・渋谷区)を中心に、土地の仕入・設計・施工・物件販売から賃貸の入居者募集・物件管理に至るまで、全てを自社で管理するワンストップサービスにて、不動産投資支援事業を展開して参りました。この度、当社の事業展開推進とお客様への更なるサービス向上のため、私募債発行により資金を調達することとなりました。
 なお、本社債は私募債発行金額の0.2%相当額が、SDGsに関連する団体に寄付される、徳島大正銀行の「徳島大正SDGs私募債」です。当社は、世田谷区への地域貢献を目的に「世田谷コミュニティ財団 新型コロナウイルス対策支援」を寄付先とする予定です。
 当社は今後も、お客様にとってより良いサービス提供の創出を目指すと共に、様々な社会的課題の解決による「持続可能な社会の実現」に向けて取り組んで参ります。

◆本私募債概要
受託・引受:徳島大正銀行
名   称:株式会社フェイスネットワーク 第5回無担保社債
発 行 金 額:100,000,000円
発 行 日:2021年11月30日
償 還 期 間:5年
資 金 使 途:運転資金

◆寄付内容
寄 付 先:世田谷コミュニティ財団 新型コロナウイルス対策支援

◆徳島大正銀行について https://www.tokugin.co.jp/index.html
 2020年、徳島銀行と大正銀行が合併し、株式会社徳島大正銀行として発足。「地域とともに、お客さまとともに成長を続ける銀行」を目指し、地域社会の発展に貢献する金融機関として、資金面での支援、ソリューション活動を通じた事業支援を行っている。

 
◆株式会社フェイスネットワークについて https://www.faithnetwork.jp/
 住みたい街として人気の東京 城南3区エリア(世田谷区・目黒区・渋谷区)を中心とした、主に新築一棟RCマンションによる不動産投資支援事業を展開。土地の仕入・設計・施工・物件販売から賃貸の入居者募集・物件管理に至るまで、全てを自社で管理するワンストップサービスを提供。独自ブランド「GranDuo(グランデュオ)」を展開している。2021年10月2日に設立から20周年を迎え、現在までに合計250棟以上の新築一棟マンションをプロデュースし、城南3区エリアでの新築一棟RCマンション竣工棟数は No.1。株式会社建設データバンクのデータを基に自社調べ (2021年9月末時点)
 マンションを軸としたオーナー様の夢の実現サポートと、城南3区エリアでの入居者の理想のライフスタイルを叶え続けている。

不動産投資支援事業のフェイスネットワーク 第5回無担保私募債を発行 「徳島大正SDGs私募債」として一部を地域団体に寄付のサブ画像2

住   所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-2-1 FaithBldg.
代 表 者:代表取締役社長 蜂谷 二郎
事 業 内 容:不動産業/建設業/一級建築士事務所
証券コード:東証第一部3489

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments