木曜日, 11月 30, 2023
ホーム調査レポート冬は室内の空気が特に気になる季節。『室内の空気環境に関する調査』を実施。「ウイルス対策として推奨されている換気」を実施できている人は1割程度

冬は室内の空気が特に気になる季節。『室内の空気環境に関する調査』を実施。「ウイルス対策として推奨されている換気」を実施できている人は1割程度

~冬に窓開け換気ができないのは寒さ、光熱費、窓の開け閉めの手間等が課題~

パナソニック ホームズ株式会社の「くらし研究室」は、風邪やインフルエンザなどの感染症が蔓延しやすい冬の季節の、住まいにおける空気環境への意識や対策について生活者に伺う『室内の空気環境に関する調査』を2023年11月に実施しました。

▶当リリースの本文はこちら:https://prtimes.jp/a/?f=d22927-149-551b8248b0ba6b382b58d3a986190693.pdf

▶「くらし研究室」ホームページはこちら:https://homes.panasonic.com/kurashi-lab/

同調査の結果、生活者の8割以上は「家で感染症対策をしたい」意向があること、また、その対策として7割以上が「手洗い・うがい」と「換気」をしており、大きな割合を占めることが分かりました。また、「換気」の具体的な方法について聞いたところ、「窓を開ける」が約8割で最も多く、次いで「トイレと浴室の換気扇を常時回している」が約3割で続いており、窓開け換気が圧倒的に多い結果となりました。

一方、厚生労働省は、ウイルス対策に有効としている換気方法として、「30分に一回以上、数分間程度、窓を全開する」(建築基準法での必要換気量の4倍に相当)ことを推奨しています。※1
今回の当社調査で、この推奨基準を知っている人は27.1%に留まり、多くの人には知られていないことが分かりました。さらに、「窓開け換気」をしている人の中でも、厚生労働省の推奨基準で換気を行っている人はわずか13.0%しかいないことが分かりました。推奨基準での窓開け換気が難しい理由としては、外の冷気が入ることによる寒さ(室内の温度低下)や冷暖房機器の運転増加に伴う光熱費増加への懸念、窓開閉の煩わしさ等が影響していることが伺えました。

今回の調査により、換気が感染対策に重要であることは認知されているものの、感染対策として有効なレベルでの窓開け換気※1が実生活で普及することには、生活者の意識課題があることが分かりました。

当社は、窓開け換気が難しい場合においても、住まいで可能な対策として、以下の二つが重要と考えています。一つ目は、ウイルスの室内への持ち込みを未然に防ぐこと。例えば、ウイルスの侵入を玄関から洗面室までに留める動線計画等です。二つ目は、換気不足を補完する工夫。具体的には換気に加え、ウイルス捕集に有効なフィルターでの室内循環を併用して換気不足を補うことが有効で※2、部屋単体はもちろん、住宅全体での対策にも必要と考えます。

当社は、創業以来60年にわたり、換気を中心とした空気質の向上にこだわり、健康快適な暮らしの実現に向けた研究・開発に取り組んでいます。「くらし研究室」は、生活者の声に耳を傾けながら、時代の変化、くらし方や価値観の変化を読み解き、今後もより良い住まいの提案に繋げてまいります。

■『室内の空気環境に関する調査』結果サマリー

(1)生活者の8割以上が「室内での感染症対策は必要」と感じている

  ✓実際している換気方法は「窓開け換気」(78.9%)が最多。

   「トイレと浴室の換気扇を常時回している」(33.6%)、

   「24時間換気システムを利用している」(25.8%)が続く。

(2)厚生労働省が推奨する換気基準

※1

を知っている人は3割以下

  ✓窓開け換気をしている人でも、厚生労働省が推奨する換気を実施できている人は

   わずか13.0%。

(3)厚生労働省が推奨する基準での換気が難しい理由は、寒さ、光熱費、手間が上位

  ✓厚生労働省が推奨する換気の基準を知ったとしても、

   73.7%は「実践するのは難しい」と回答。

■調査概要

 調査対象 : 全国20歳~69歳の男女

 調査期間 : 2023年11月7日(火)~11月9日(木)<3日間>

 サンプル数: 550名

 調査形態 : Webアンケート調査(株式会社ジャストシステム「Fastask」を利用)
 調査主体 : パナソニック ホームズ株式会社

◎「くらし研究室」ホームページはこちら
https://homes.panasonic.com/kurashi-lab/

※1:厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の集団感染のリスク要因の「換気の悪い密閉空間」に対する改善方法として、換気回数2回/h以上(30分に一回以上、数分間程度、窓を全開する)換気を推奨しています。
厚生労働省『「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法』より

https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf

※2:厚生労働省は、冬場における「換気の悪い密閉空間」に対する改善方法として、窓を十分に開けられない場合は、ウイルス捕集に有効なフィルターを用いた空気清浄機を併用することを推奨しています。
厚生労働省『冬場における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気の方法』より

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000698848.pdf

■ご参考

◎「HEPAフィルターのウイルス捕集率」に関するプレスリリースはこちら

https://homes.panasonic.com/company/news/release/2023/0825.html

 

◎「HEPAフィルターによる空間のウイルス低減」に関するプレスリリースはこちら

https://homes.panasonic.com/company/news/release/2023/1109.html

 

◎全館空調 「エアロハス」の詳細はこちら

https://homes.panasonic.com/sumai/lifestyle/airlohas/

冬は室内の空気が特に気になる季節。『室内の空気環境に関する調査』を実施。「ウイルス対策として推奨されている換気」を実施できている人は1割程度のサブ画像1

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments