金曜日, 7月 19, 2024
ホーム商品サービス次世代型マンション防災「VR消防訓練」が神戸市で導入決定防災サービスブランド「manbow(マンボウ)」

次世代型マンション防災「VR消防訓練」が神戸市で導入決定防災サービスブランド「manbow(マンボウ)」

大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:竹林 桂太朗、以下「大和ライフネクスト」)と株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:猪坂 哲、以下「理経」)は、2社が共同で開発したマンション居住者向けサービス「VR消防訓練」の一部コンテンツに関して、2023年11月12日より神戸市に提供を開始しました。今後は、神戸市が行うさまざまな防災啓発活動において「VR消防訓練」の一部をご体験いただくことが可能となります。

次世代型マンション防災「VR消防訓練」が神戸市で導入決定防災サービスブランド「manbow(マンボウ)」のサブ画像1

次世代型マンション防災「VR消防訓練」が神戸市で導入決定防災サービスブランド「manbow(マンボウ)」のサブ画像2

「VR消防訓練」体験イメージ

昨今、全国各地でさまざまな災害が発生する中、国民の1割強が居住していると推計される分譲マンションにおいても積極的な防災活動や災害への備えが重要といわれています。大和ライフネクストが持つ管理組合活動における課題解決の知見と、理経が持つVRコンテンツ生成技術を組み合わせ開発した、マンション居住者向けサービス「VR消防訓練」は、2021年11月の提供開始以来、サービス内容の改善や拡充を繰り返しながら、多くの管理組合にご好評をいただいてまいりました。

そして本サービスはこのたび、神戸市が防災啓発活動に使用するコンテンツの一つとして採用されることが決定いたしました。今後は市民防災総合センターにおける体験コンテンツとして、また神戸市消防局や教育機関における防災関連イベントでの活用等、市民の防災意識向上と自助力向上を図る目的で活用される予定です。

■神戸市に導入されるコンテンツについて

「避難編基礎」

多くの人が同じ屋根の下で暮らすマンションにおいては、住民一人ひとりが避難に関する正しい知識を身に付けることが求められ、特に大型のマンションや高層マンションにおいては、さまざまな選択肢のなかから火災の状況に合わせた最適な避難方法を選択することが必要です。そこで本コンテンツでは、実際に火災現場に居るかのようなリアリティのあるVR映像を通じて、マンションでの火災発生時に適切に避難をするためのポイントを解説します。

「ベランダ避難編」

マンションで火災が起こった際、玄関から出られなくなってしまうことや、階段やエレベーターが使えなくなってしまうケースが想定されます。そんなときに必要となるのが、「ベランダからの避難」の知識です。
隣の部屋にベランダ側から避難する際に使用する「隔て板」、下の階への避難の際に使用する「避難ハッチ」といったマンション特有の防災設備の正しい使い方を、VRで360度見渡しながら臨場感をもって学ぶことができます。

「VR消防訓練」では上記の2つのほか、マンションに特化したさまざまな防災コンテンツをご用意しております。

詳細はこちら:https://www.daiwalifenext.co.jp/management/vr_firedrill.html 

■防災サービスブランド マンション防災『manbow(マンボウ)』

次世代型マンション防災「VR消防訓練」が神戸市で導入決定防災サービスブランド「manbow(マンボウ)」のサブ画像3

本サービスは、大和ライフネクストの防災サービスブランド「マンション防災『マンボウ』manbow」で展開するサービスの一つです。manbow(マンボウ)は、「マンション防災をいつかではなく、いつもの暮らしなかに。」をコンセプトに、時代とともに変わりゆく防災ニーズに対し、マンションに合わせて最適化し、いつもの暮らしのなかで自然と備えられるサービスを、建物や設備などのハード面、自助・共助などのソフト面を含め、ご提供しているサービスブランドです。同じくmanbow(マンボウ)で展開している「オンリーワン防災マニュアル制作サービス」などと組み合わせてご利用いただくことで、より効果的に居住者の防災力、自助力を向上させることが可能です。

サービス詳細URL:https://www.daiwalifenext.co.jp/management/manbow.html 

 

【大和ライフネクスト株式会社について】

分譲マンション・賃貸マンション・ビル・物流施設・商業施設・ホテルなどの建物管理サービス、法人向け賃貸マンション・シェアハウス・カンファレンスホテル・リノベーションホテルの運営、オフィス移転サポートといった法人向けサービスなど、広くお客さまの住生活・不動産に関わる領域でサービスを提供しております。私たちは、”いま、ここから、よりよい未来を切り開いていく”という想いを持つ人の集合体であり続け、一人ひとりの個性、一人ひとりの考え方・価値観・感性を大事にしながら、お客さま、そして社会とともに、より豊かな暮らしを共創し続けることを目指します。

所在地

東京都港区赤坂5-1-33

設立

1983年3月8日

資本金

1億3,010万円

代表者

代表取締役社長 竹林 桂太朗

事業内容

マンション管理事業、ビル・商業施設等管理事業、建設業、警備事業、貨物利用運送事業、

損害保険・生命保険代理店事業等

URL

https://www.daiwalifenext.co.jp/ 

【株式会社理経について】

 理経はIT及びエレクトロニクス業界のソリューションベンダーです。システムソリューション、ネットワークソリューション、電子部品及び機器の分野で、世界の最先端技術・先進的な製品を核とした多彩なソリューションを提供しています。VR開発においては実空間と同等のVR空間を生成する技術開発に注力しており、防災訓練用VR開発においては2017年より提供を開始し、これまで300ケ所以上に提供、また、自動車メーカーなどで本技術が採用されています。

所在地

東京都新宿区西新宿三丁目2番11号 新宿三井ビルディング二号館

設立

1957年6月8日

資本金

 34億2,691万円(2023年3月末日現在)

代表者

代表取締役社長 猪坂 哲

事業内容

・システムソリューション

・ネットワークソリューション

 ・電子部品及び機器

URL 

http://www.rikei.co.jp

Twitter

https://twitter.com/rikei_pr

<本リリースに関するお問い合わせ先>

大和ライフネクスト株式会社(総合不動産管理業)

東京都港区赤坂5-1-33 TEL:050-1745-2233

経営企画室 e-mail:kouhou@dln.jp 

株式会社理経

東京都新宿区西新宿三丁目2番11号 新宿三井ビルディング二号館 TEL:03-3345-2146

次世代事業開発部  e-mail:xsg@rikei.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments