金曜日, 4月 19, 2024
ホーム商品サービス関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設

あべのキューズモールに無人サテライトブース「BRANZ e’Salon Living」を同時開設

 東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:星野 浩明、以下「当社」)は、関西圏での販売強化及びCX向上を目的とした従前のオンラインサロン「BRANZ e’Salon」のサービスを更に追加・拡張し、新たに仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」として開設することをお知らせいたします。

 「BRANZ e’Salon」は仮想空間上での合同サロンをイメージし、サイト内にて複数物件の資料の閲覧や遠隔有人対応によるチャットやオンライン相談(年中無休13時~22時)などがシームレスに体験することが可能です。また、より多くの方に仮想合同サロンをご体験いただくために当社が開発した商業施設「あべのキューズモール」内に無人サテライトブース「BRANZ e’Salon Living」を同時開設いたします。

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像1_仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」サイトイメージ仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」サイトイメージ

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像2_仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」サイトイメージ仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」サイトイメージ

 

■  マンション販売においてもデジタルを活用したCX向上と販売活動の強化

 当社では、東急不動産ホールディングスが掲げる長期ビジョン「GROUP VISION 2030」に基づき、「DX」による価値創造の推進を掲げております。マンション販売においてもデジタルを活用したCX向上と販売活動の強化を推進しており、首都圏においては「東急不動産 BRANZギャラリー 表参道」を9月30日(土)にオープンいたしました。

 関西圏においては、ライフスタイルや住まい探しの多様化への取り組みの一環で、夜間や販売センター定休日のお客様対応窓口として2022年4月より遠隔有人相談サービスを提供しています。年中無休で13時から22時まで電話・チャット・オンラインにて当社の新築分譲マンションブランド「BRANZ(ブランズ)」の関西物件の購入を前提としたご相談の他、住宅購入のための基本的なノウハウや住宅ローンのご相談など、マイホームを検討する様々な方のご相談に対応しております。離れた場所にお住まいのご家族と同時参加でのご相談や、翻訳機能を介しての外国のお客様からの問い合わせ等、ご相談スタイルの幅は拡大しています。

 そしてこの度、「BRANZ」の複数物件のサイトを統合した物件閲覧サイトとこの遠隔有人相談サービスを融合させた、仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」(以下「仮想合同サロン」)を開設いたします。まるでリアルの合同サロンに訪れたような感覚で、住まい探しをお楽しみいただけるWEBサイトを目指し様々な機能を付加しております。

「東急不動産 BRANZギャラリー 表参道」

https://www.tokyu-land.co.jp/news/2023/001023.html

 

■  仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設

 仮想合同サロンは、これまで物件ごとに分かれていた各物件のHP情報を、同一サイト内に集約させ、「BRANZ」の複数物件の情報を横断して収集することができます。

 新築分譲マンションのWEBサイトは、誰でも閲覧できる一般サイトとエントリー者(個人情報等の登録者)のみが閲覧できるエントリー者限定サイトの二つに分かれていることが一般的です。従来、エントリー者限定サイトは1物件に限り閲覧できることが一般的であり、同じブランドのマンションであっても複数物件の詳細情報を閲覧するためには、都度エントリーを行う必要がありました。

 仮想合同サロンでは、1物件のエントリーを行っていただいた後は、気になる他物件もワンクリックいただくだけで詳細情報を閲覧いただけるほか、検索機能にて希望条件に合った住戸を探せたり、気になるページの登録等も行えます。さらにご相談したい際はリアルタイムにてチャットやオンライン(Zoom)でご相談いただくことができます(10月7日(土)13時開設・年中無休13時~22時 )。

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像3_物件フォロー イメージ図物件フォロー イメージ図

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像4_検索機能 イメージ検索機能 イメージ

「BRANZ e’Salon」に関する説明は以下の動画をご覧ください。

https://youtu.be/TVRcgiRTswM

 

■  商業施設内に無人サテライトブース「BRANZ e’Salon Living」を同時開設

 当社が開発・運営する「あべのキューズモール」地下1階に、新しい住まい探しを気軽に体験いただける「BRANZ e’Salon Living」(以下「本施設」)を10月7日(土)13時に同時開設いたします。

 ショッピングの合間に、仮想合同サロンでの新しいマンション探しをお楽しみいただけるスペースとして、お子様連れのお客様にも楽しみながらご体験いただけるようブースデザインやご案内方法等を工夫しております。また、すべての対応サービスは遠隔有人対応にて行います。ブースデザインは「BRANZ」のブランドスローガン「環境先進を、住まいから。」をイメージし、森の中にいるようなブースデザインとしました。

 

ご案内方法
ドーム外には遠隔操作可能なロボット「OriHime(オリヒメ)」を設置し、入室を促します。
ドーム入室後は、アバターにて仮想合同サロン体験をご案内いたします。

ご案内中、クイズ等にご参加いただき正解のお客様にはキューズモールオリジナルノベルティをプレゼントいたします。プレゼントのお渡しはQRコード専用ガチャを利用いたします。

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像5_ブース(外観)ブース(外観)

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像6_ブース(内観)ブース(内観)

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像7_遠隔操作ロボ「OriHime(オリヒメ)」・QRコード専用ガチャ遠隔操作ロボ「OriHime(オリヒメ)」・QRコード専用ガチャ

関西圏で展開する「BRANZ(ブランズ)」の商談をデジタル活用で便利に仮想合同サロン「BRANZ e’Salon」開設のサブ画像8_ご案内アバターご案内アバター

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments