金曜日, 4月 19, 2024
ホーム商品サービススタイルポートの空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV』が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞

スタイルポートの空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV』が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞

 「空間の選択に伴う後悔をゼロにする」をミッションに掲げる株式会社スタイルポート(本社:東京都渋谷区、代表:間所 暁彦、以下 スタイルポート)が開発、提供する空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV(ルーブ https://styleport.co.jp/roov/)』が、このたび2023年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。

スタイルポートの空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV』が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞のサブ画像1

<空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV』とは>

 ROOVは、未竣工の建物や、アクセスが不便な立地にある建物を、仮想空間上にデジタルツインとして再現。いつでも・どこでも・誰とでも簡単に空間イメージを共有することができます。空間理解の障壁であった時間・場所・経験による制約からユーザーを解放し、コミュニケーションを拡張します。現在、新築マンション販売においては、No.1(※1)の採用実績を誇っています。また、2022年10月からは戸建て住宅分野においても、商談から設計時のコミュニケーションを効率化するソリューションとしての提供も開始。さらに、オフィス、物流倉庫、そしてアリーナなど、住宅領域以外へのソリューションとしての活用が拡がっています。今後もスタイルポートは、ミッションである「空間の選択に伴う後悔をゼロにする」の実現に向け、より一層のサービス開発と改善に取り組んでまいります。

 

<グッドデザイン賞審査委員による評価コメント>

 コロナ禍を契機に、社会の様々な領域において、今までリアルで行うことが常識となっていた分野におけるバーチャルの活用が進んでいる。本対象は、モデルルーム等の物理的な場がなくても、完成時の建物・部屋の雰囲気をリアルにイメージすることを可能にしているだけでなく、実際に購入を検討している部屋の使い勝手や家具の配置のシミュレーションを簡単に検証できるなど、バーチャルならではの付加価値を提供することに成功している。

◆プロダクトデザイナー

スタイルポートの空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV』が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞のサブ画像2

株式会社スタイルポート Product Manager 吉田 巧

 

【略歴】

Experientia s.r.l(伊)のシニアインタラクションデザイナーとしてWeb、アプリ、サービスなどのデザインソリューションを手がける。2015年BULB株式会社にてフロントエンドデベロッパー・デザイナーとしてWebサービスやスマートフォンアプリ全体のUIデザインと実装を担当。2017年12月スタイルポート入社。

スタイルポートの空間コミュニケーション・プラットフォーム『ROOV』が「2023年度グッドデザイン賞」を受賞のサブ画像3

株式会社スタイルポート UI /UX Designer 上田 恭兵

 

【略歴】

株式会社リクルートでゼクシィのWebサイト、APP(※2)のUIデザイナーとして従事したのち、ボストンコンサルティンググループデジタルベンチャーズにて、百貨店のパーソナルスタイリングサービスの管理画面デザインにUI/UXデザインの観点から参画。2019年7月スタイルポート入社。

◆デザインが生まれた背景

・契約まで何度も商談を重ねる商慣習や取り壊されることがわかっているモデルルーム建設など、デジタル技術によって軽減できる余地が大きく残っている業界であること。

・ 大きな買い物にも関わらず、物件が完成するまで図面や完成予想図だけでは分からないままのことが多い新築不動産固有の課題があること。

・必要以上に紙媒体が使われてきた業界独自の特性があったこと。

・上記の問題を、『ROOV』のデジタルツイン技術をWEBサービスとして提供することで、空間のコミュニケーションを促進するとともに、ツールのデジタル化・一元化によるペーパレス化を目指した。

 

◆デザインを実現した経緯とその成果

 利用者のITリテラシーに依存することなく、誰もが簡単に使えるツールの提供により、不動産業界全体のDXを促進するという目標があった。業界内の既存ツールは、ボタンや補足文言がGUI(※3)上に乱立しており、個々の事業者の個別の対応を積み重ねた結果の産物という印象があった。『ROOV』ではデザインガイドラインを定義して、全てのプロダクトを共通したルールに従って提供することで、利用者がストレスなく『ROOV』を使いこなし、業界のDXに貢献した。

 マンション購入検討者にも、日常的にスマートフォンなどで利用しているGUIに近い操作感だったためか、スムーズに受け入れられた。 結果として、現在では業界におけるVR・プレゼンツールとして業界内1位のシェアを確立できた。

【グッドデザイン賞とは】

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

http://www.g-mark.org/

 

※1 ​​新築マンション向けオンライン3DCG内覧サービスとして累計導入実績No.1(東京商工リサーチ調べ)

※2 「app」は、application software(アプリケーションソフトウェア)やapplication program(アプリケーションプログラム)の略称。主にスマートフォンやタブレットなどのデバイスで使用されるソフトウェアを指す。

※3 グラフィカルユーザインターフェース(Graphical User Interface)の略語。コンピュータへ出す命令や指示等を、ユーザが画面上で視覚的に捉えて行動を指定できるもの。

 

 

■株式会社スタイルポートについて

<会社概要>

代表者:間所 暁彦

所在地:東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道

設立:2017年10月

事業内容:建設・不動産マーケットにおけるITソリューションの開発および提供

URL:https://styleport.co.jp/

採用ページURL:https://styleport.co.jp/careers/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments