土曜日, 4月 20, 2024
ホームイベントLIXIL、Society5.0の総合展示会「CEATEC 2023」に出展

LIXIL、Society5.0の総合展示会「CEATEC 2023」に出展

DXの取組みの深化、デジタルを活用した新規事業の創出を紹介し、事業拡大を加速

株式会社 LIXIL(以下 LIXIL)は、昨年に引き続きSociety5.0の総合展示会「CEATEC 2023」(主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)/会期:2023年10月17日(火)~20日(金)/会場:幕張メッセ)に出展します。

CEATEC2023ホームページ:https://www.ceatec.com/ja/

LIXIL、Society5.0の総合展示会「CEATEC 2023」に出展のサブ画像1

LIXILは、あらゆる産業・業種のパートナーとともにSociety 5.0の未来社会を体現する「共創」エリア「パートナーズパーク」において、 LIXILのデジタルトランスフォーメーション(DX)の取組みの一例として、スマートホームシステム「Life Assist2」(https://www.lixil.co.jp/lineup/smarthome/lifeassist2/)、パブリックトイレの建築設計支援サービス 「A-SPEC」(https://a-spec.lixil.com/)、新たなトイレの管理サービス「LIXIL Toilet Cloud」(https://toilet-cloud.lixil.co.jp/)を展示します。LIXILは、CEATECの出展を通じて、開催テーマである経済発展と社会課題の解決を両立する「Society 5.0」の実現を目指し、新たなパートナー発掘により事業拡大を加速させます。

LIXIL、Society5.0の総合展示会「CEATEC 2023」に出展のサブ画像2

今回展示するスマートホームシステム「Life Assist2」は、“スマートホームをもっと身近に”をコンセプトに、家中のさまざまな建材や家電をトータルにつなぐ製品です。「Life Assist2」を使った空間展示を行うほか、昨年オープンしたスマートホーム実験住宅「みらいえらぼ」の、業界の垣根を超えたパートナーとの事業共創の一例として、今回新たに直感的かつ高速操作が可能なジェスチャー入力による機器操作技術を開発しておりプロト品を初出展します。

さらに、パブリックトイレの建築設計支援サービス「A-SPEC」は、“豊かで快適なパブリックトイレ、誰でも使いやすいトイレを実現したい”という設計者の想いをサポートさせていただくため、LIXILの設計ノウハウを集約した独自開発のAIで数万件のトイレプランを自動生成し、最適なプランを提案します。高性能なPC等を利用しなくとも、3D空間の検証ができる機能などが大変ご好評をいただいております。今秋、AI自動設計機能の対応範囲を大幅に拡張し「一般トイレ空間のレイアウト機能」を初出展します。(共同出展:株式会社AMDlab、合同会社髙木秀太事務所)

また、パブリックトイレの管理サービス「LIXIL Toilet Cloud」は、自社開発AIが利用状況をモニタリングし、施設特性を踏まえた最適な清掃業務プロセスをリアルタイムで表示し、これにより清掃のムダ・ムラを削減し、日々の清掃業務プロセスが最適化されます。今年8月新たにラインアップしたIoT対応の大便器・小便器・洗面カウンターを初出展します。

LIXILは、今後もデジタル技術を活用したイノベーションを通じ事業拡大を加速していきます。

  • 「CEATEC 2023」について

CEATECは、「経済発展と社会課題の解決を両立する『Society 5.0』の実現を目指し、あらゆる産業・業種の人と技術・情報が集い、『共創』によって未来を描く」を開催趣旨に掲げ、毎年10月に開催している総合展示会です。

CEATEC2023ホームページ:https://www.ceatec.com/ja/conference/detail.html?id=2285

<開催概要>

名称:CEATEC 2023

開催期間:2023年10月17日(火)~10月20日(金) 午前10時~午後5時

会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)

出展場所:幕張メッセ ホール6 コマ番号:P011

入場料:無料(全来場者登録入場制) ※入場にはオンラインでの登録が必要です。

主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)

共催:一般社団法人情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)、一般社団法人ソフトウェア協会(SAJ)

  • トークステージの紹介

・次世代のパブリックトイレのチャレンジ ~データを活用した上流・下流のDX~

パブリックトイレを主戦場とした、「新しい働き方」や「業界シーン変革へのチャレンジ」を紹介します。前半は、効率的で合理的な設計検討をサポートするトイレ自動設計サービス「A-SPEC」のしくみ、3年間の成長の歩み、最新リリース発表について。後半は、IoTデバイスを活用したトイレ管理サービス「LIXIL Toilet Cloud」が叶える、清掃・利用把握と効率的な管理の実現についてお話しいたします。

日時:10月19日(木)11時30分~12時10分

聴講の予約、詳細はこちら(https://www.ceatec.com/ja/conference/detail.html?id=2285)をご確認ください。

LIXIL、Society5.0の総合展示会「CEATEC 2023」に出展のサブ画像3

Z世代・ゆとり世代が求めるスマートホームシステム

住宅のこれからの購買層となる、ゆとり世代・Z世代が求めるこれからのスマートホームシステムとは何か。建材・住設メーカーであるLIXILが考えるこれからのスマートホームについて、若手社員とのパネルディスカッション形式で今後の展望を紹介します。

日時:10月20日(金) 13時30分~14時10分

聴講の予約、詳細はこちら(https://www.ceatec.com/ja/conference/detail.html?id=2293)をご確認ください。

その他、トークイベントやオンラインセミナー等カンファレンスの詳細は、CEATECのHPよりご確認ください。

https://www.ceatec.com/ja/conference/

About LIXIL

LIXILは、世界中の誰もが願う豊かで快適な住まいを実現するために、日々の暮らしの課題を解決する先進的なトイレ、お風呂、キッチンなどの水まわり製品と窓、ドア、インテリア、エクステリアなどの建材製品を開発、提供しています。ものづくりの伝統を礎に、INAX、GROHE、American Standard、TOSTEMをはじめとする数々の製品ブランドを通して、世界をリードする技術やイノベーションで、人びとのより良い暮らしに貢献しています。現在約55,000人の従業員を擁し、世界150カ国以上で事業を展開するLIXILは、生活者の視点に立った製品を提供することで、毎日世界で10億人以上の人びとの暮らしを支えています。

株式会社LIXIL(証券コード: 5938)は、2023年3月期に1兆4,960億円の連結売上高を計上しています。

LIXILグローバルサイト:https://www.lixil.com/jp/

LIXIL Facebook(グローバル向け):https://ja-jp.facebook.com/lixilglobal/ 

LIXIL Facebook(日本国内向け):https://www.facebook.com/lixilcorporation

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments