木曜日, 9月 29, 2022
ホーム商品サービス600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始

〜 共用部の企画設計から、規約作成・運用オペレーション構築まで並走 〜

無人ストア事業を展開する600株式会社(本社:東京都 千代田区、代表取締役:久保 渓、以下「600」)は、マンション共用部におけるワークプレイスの無人運営を支援するプランの提供を開始したことをお知らせいたします。

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像1

通常、ワークプレイスを高品質に運営するためには、ワークプレイスを運営するための利用費の徴収や、働く時に欲しくなるちょっとした飲食物の提供など、その場をスムーズ・快適に利用するための仕組み作りが必要となり、これらを有人で提供する場合、人件費等の費用負担が増加します。

この度、「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」の提供を開始した「グランドメゾン 杉並シーズン」では、管理組合様からのお問い合わせをきっかけに、弊社提携のデザイン会社監修のもと、マンション内のミニショップ跡地の改築工事を行い、無人ストア付帯ワークプレイスにリノベーションする取り組みをご一緒させていただきました。

この取り組みを通して新たに提供を開始した「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」では、無人ストア「Store600」(ストア ろっぴゃく)を通してワークプレイスの利用チケットや飲食物の販売を行うことで、マンション共用部におけるワークプレイス無人運営を安価・シンプルに実現します。

設置先:「グランドメゾン 杉並シーズン」

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像2

 

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像3

 

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像4

1)アフターコロナにおける「サードプレイスオフィス」をマンション内に

会社、自宅に次ぐサードプレイスのオフィス需要はコロナ収束後も続くことが予想されます。こうした働き方の変化に合わせて、マンション共用部の使われ方・ニーズも変化しています。

「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」では、無人ストア「Store600」に加えて、複合機、コーヒーマシン併設など、ワークプレイスに最適な品揃えをご提供することで、ニューノーマルな社会でのマンション居住者様の暮らしを支えて参ります。

2)ワークプレイス利用者から、安価・シンプルに利用費を徴収する仕組みを実現

「Store600」を通してワークプレイスの利用チケットを販売することで、安価・シンプルにワークプレイスの利用費徴収を実現します。
実際にワークプレイスを利用した方からワークプレイス運営にかかる費用を回収することで、管理組合全体の負担を軽減しつつ、持続的に場を運用していくことが可能です。

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像5

 

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像6

3)マンション共用部におけるワークプレイス無人運営ノウハウの提供

ワークプレイスの無人運営には、運用ルールの構築や、そのルールを浸透させるための仕掛け作りが必要です。
「Store600」では、利用チケット販売のほか、ワークスプレイス利用細則の作成、利用方法ポスターの掲示、快適に利用いただくためのBGM音楽選定、といったマンション共用部ワークプレイスにおける無人運営ノウハウを、各マンションの状況にカスタマイズしてご提案・ご提供します。

図:実際にご提供している資料例

 

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像7

【「ワークスプレイス無人運営企画支援プラン」にご関心を頂いたマンション開発担当者様はこちらへご連絡ください。】
600株式会社 マンション営業:後藤
Email:contact_Resi@600.jp

【本サービスの詳細】
サービスURL: https://600.jp/store600

【600株式会社 について】
600株式会社は2017年6月に創業し、オフィス向けミニ無人コンビニ「600」とマンション向け無人ストア「Store600」、そして自販機DXを支援する、AIを用いた自販機訪問最適化システム「Vending Hero」を運営しております。徒歩1分圏内の「半径50m商圏」を充実させるべく、ヒトとモノの距離をより身近にする最先端の購買体験を提供しております。
また従業員の生産性向上の観点から創業より週休3日制の働き方を実施しています。
 

600株式会社、マンション共用部における「ワークプレイス無人運営企画支援プラン」を開始のサブ画像8

【600株式会社 代表取締役 久保渓プロフィール】
1985年、長崎市生まれ。高校卒業後、米国Carleton Collegeに進学。政治科学とコンピュータ科学のダブルメジャーで卒業。2008年にIPA未踏事業に採択。同年、Webサービス売却を経験。
2010年3月にサンフランシスコで fluxflex, inc.(フラックスフレックス)を創業。
2012年帰国。2013年5月に ウェブペイ株式会社を創業。クレジットカード決済サービス「WebPay」をリリース。2015年2月にLINE株式会社の傘下となる。2015年3月よりLINE Payの立ち上げに参画。
2017年5月にLINE Payが国内3000万ユーザーを突破したのを区切りとして退職。2017年6月に 600株式会社を創業。無人ストア(自販機)の「600」を提供している。

【600株式会社 会社概要】
社名 : 600株式会社
代表者:代表取締役 久保 渓
所在地:東京都千代田区東神田2丁目1−9
設立 :2017年6月
事業内容:オフィス向け無人コンビニ「600」の運営/マンション向け無人ストア「Store600」の運営/自販機DXを支援する、AIを用いた自販機訪問最適化システム「Vending Hero」の運営
URL :http://www.600.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments