水曜日, 5月 22, 2024
ホーム商品サービスチャブ保険とイタンジ、賃貸入居時の火災保険手続きでシステム連携

チャブ保険とイタンジ、賃貸入居時の火災保険手続きでシステム連携

54の国と地域で展開する損害保険会社チャブ・グループのチャブ保険と連携し加入手続きを電子化

テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにするイタンジ株式会社は、2023年5月、賃貸住宅の入居時における火災保険加入手続きのオンライン化を目的に、Chubb損害保険株式会社(以下「チャブ保険」)とシステム連携いたしました。

チャブ保険とイタンジ、賃貸入居時の火災保険手続きでシステム連携のサブ画像1

◆ 背景

2022年5月18日の改正宅地建物取引業施行により(※1)、賃貸借・売買契約における重要事項説明の非対面化および、書類(34条の2、35条、37条書面)の電子交付が可能になったことで、賃貸借契約の完全電子化が実現し、賃貸業務における電子化のニーズが高まりました。

◆ 概要

イタンジの不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジビービー プラス)」の「申込受付くん」は、⼊居希望者がWEB上で⼊⼒した申込に必要な情報や申込⼿続きの進捗を、賃貸不動産管理会社(以下「管理会社」)、賃貸不動産仲介会社(以下「仲介会社」) 、家賃債務保証会社(以下「保証会社」) 、保険会社などに連携し、申込書提出から審査までのやりとりを効率化することができる、不動産関連WEB申込受付システムです。「申込受付くん」によるWEB⼊居申込件数は、年間約87万件(※2)、導⼊管理会社は約1,600社(※3)、仲介会社の93%以上で利⽤されています(※4) 。

従来、チャブ保険は、賃貸住宅の入居に伴い加入する火災保険(総括契約)の意向確認書を入居者から書面で受け付けていました。

2023年5月、この火災保険加入手続きのオンライン化を目的に、チャブ保険はイタンジの「申込受付くん」とシステム連携しました。管理会社は保証会社の審査が完了した入居者について、「申込受付くん」の管理画面から「損害保険同意書リンク送付」を選択するだけで、登録された入居者のメールアドレスに火災保険加入の同意書を送信することができ、入居希望者はオンライン上で簡単に火災保険に加入することができるようになりました。

イタンジは、デジタル社会に対応した不動産業界のDXに向け、賃貸不動産事業者の業務効率化推進を支援し、入居者にとって安全で利便性の高いサービスを提供してまいります。

◆ 本サービスに関する不動産会社様からのお問い合わせ

TEL: 03-6441-3954(土日祝日を除く10:00~18:00) 

URL: https://lp.itandibb.com/moushikomi-uketsuke/#contact

(※1)出典:国土交通省「宅地建物取引業法施行令及び高齢者の居住の安定確保に関する法律施行令の一部を改正する政令」等を閣議決定(令和4年4月22日)https://www.mlit.go.jp/report/press/tochi_fudousan_kensetsugyo16_hh_000001_00035.html

(※2)対象期間:2022年4月1日〜2023年3月31日

(※3)2023年1月末時点

(※4)「出典:リーシング・マネジメント・コンサルティング株式会社「2023年引越しシーズン(1~3月)における新型コロナウイルスの賃貸不動産マーケットへの影響調査」(2023/01/24)n=405」

◆ Chubb損害保険 概要

チャブ・グループは54の国と地域で様々なお客様を対象に保険とサービスを提供する損害保険会社です。チャブ・グループの先進的なノウハウを活かし日本に根ざした事業を展開するChubb損害保険 は、日本国内で外資系損保会社として最長の100年を超える歴史を有します。

社名:Chubb 損害保険株式会社

代表者:代表取締役社長 兼 CEO ディエゴ・ソーサ

URL:https://www.chubb.com/

本社:東京都品川区北品川6-7-29 ガーデンシティ品川御殿山

創立:1996年1月26日(日本法人化)

資本⾦:50億円(2022年3月現在)

事業内容:損害保険事業

◆ イタンジ概要

イタンジ株式会社は、「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げ、不動産賃貸業における課題を解決するサービスを提供する不動産テック企業です。 主力事業である、賃貸管理会社・仲介会社向けSaaSサービスは、導入顧客数約2,000社、ARR前年比+70%(*1)と急成長。本サービスを通じた電子入居申込数は、年間約87万件(*2)、 入居申込・賃貸借契約関連書類のペーパーレス化により年間約824万枚の紙の削減を達成(*3)するなど賃貸不動産業界のDXを推進しています。

(*1)ARR:Annual Recurring Revenue(年間経常収益)。各四半期末の⽉末MRRに12を乗じて算出。MRRには、月額利用料金、従量課金、付帯事業の収益を含む。ITANDI BB+の2021年10⽉時点と2022年10⽉時点でのARRを⽐較

(*2)対象期間:2022年4月1日~2023年3月31日

(*3)ペーパーレスは自社基準 :WEB入居申込件数 年間約87万件、電子契約数年間約8.7万件を元に算出

社名:イタンジ株式会社

代表者:代表取締役社長執行役員CEO 野⼝ 真平

URL:https://www.itandi.co.jp/

本社:東京都港区六本⽊3-2-1 住友不動産六本⽊グランドタワー 40F

設⽴:2012年6⽉

資本⾦:3,600万円

事業内容:

・リアルタイム不動産業者間サイト「ITANDI BB (イタンジビービー)」の開発、運営

・不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジビービー プラス)」の開発、運営

・ネット不動産賃貸サービス「OHEYAGO(オヘヤゴー)」の開発、運営

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments