日曜日, 6月 26, 2022
ホーム商品サービス「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売

「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売

各戸専用の宅配ボックス -長屋形式集合住宅向け宅配ボックス付き玄関隔壁板-バリエーション拡充

 大和ハウスグループの株式会社デザインアーク(本社:大阪市西区、社長:辰己 嘉一)は、2021年11月1日、新築・既築の長屋形式集合住宅向け宅配ボックス付き玄関隔壁板「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」を発売します。

「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売のサブ画像1_-各戸専用の宅配ボックス・ポスト・玄関パーテーション--各戸専用の宅配ボックス・ポスト・玄関パーテーション-

 新型コロナウイルス感染症拡大を受け、非対面・非接触で配達物を受け取る宅配ボックスの需要が伸びていますが、長屋形式の集合住宅では、玄関間口に限りがあるため、住戸ごとの設置が困難です。そこで弊社は、2021年1月、隣接する住戸ごとに配達物を出し入れできる、宅配ボックス・ポスト・パーテーションを一体にした玄関隔壁板「KoKo Partition(ココ パーテーション)壁面接合型」を発売しました。
 そしてこのたび、弊社は壁面に接合する必要がない「自立型」をラインナップに追加しました。「自立型」は、玄関前の床固定のみで設置可能な仕様に改良されているため、玄関間口でのレイアウトの自由度が向上し、新築・既築を問わず、幅広い物件に対応できます。

■商品イメージ

「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売のサブ画像2

■ポイント
①フレキシブルな設置

 壁面との接合金具が必要なく、玄関前の床固定のみで自立可能です。外壁と製品の間隔を自由に設定できるため、玄関間口でのレイアウトの自由度が向上しました。また、建物外壁に穴を開けずに設置できるため、既築物件や新築物件を問わず、さまざまな物件に採用可能です。

「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売のサブ画像3

②特許取得のユニット構成
 上下2段の宅配ボックスは、隣接する住戸それぞれの玄関先で配達物を出し入れできる構造で特許を取得しています。

③防水規格IPX4対応宅配ボックス(※1)
 屋外設置が可能で、配達物を濡らさない設計にしています。
※1 JIS規格(JIS C 0920)保護等級4・飛沫型。

■ボックス仕様
 防水規格 IPX4対応(※2)

「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売のサブ画像4

※2 宅配ボックスのみ。ポスト部分は雨水が浸入しても郵便物が漏れにくい構造を採用しています。

■商品概要
 商品名 :「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」
 発売日 :2021年11月1日 (※出荷開始 2021年11月1日)
 参考URL:https://www.designarc.co.jp/catalog/KoKoPartition_20211101_%20.pdf
 販売地域:全国(北海道・沖縄・離島、塩害地域除く)
 販売対象:全国の賃貸住宅管理会社、リフォーム会社、ハウスメーカーなど
 販売目標:60台/月

「KoKo Partition(ココ パーテーション)自立型」発売のサブ画像5

上記価格には配送料・施工費は含まれません。

※本リリースに記載されている情報は発表日現在のものです。予告なく仕様・価格などを変更する場合がありますので、予めご了承ください。

■商品に関するお客さまお問い合わせ先
 株式会社デザインアーク 商品開発部 東京SEグループ 担当:佐々木
 Tel:03-5214-2370  E-mail:group_tokyose@designarc.co.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments