日曜日, 7月 21, 2024
ホーム上場企業決算発表2023年12月期第2四半期及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

2023年12月期第2四半期及び通期業績予想の修正に関するお知らせ

 当社は、2023年2月14日に公表いたしました2023年12月期第2四半期及び通期業績予想を、下記の通り修正いたしましたのでお知らせいたします。

連結業績予想の修正について
(1)2023年12月期第2四半期(累計) 連結業績予想の修正(2023年1月1日~2023年6月30日)

2023年12月期第2四半期及び通期業績予想の修正に関するお知らせのサブ画像1

(2)2023年12月期通期 連結業績予想の修正(2023年1月1日~2023年12月31日)

2023年12月期第2四半期及び通期業績予想の修正に関するお知らせのサブ画像2

2.連結業績予想の修正の理由
 当第1四半期の当社の業績は、主力事業である不動産販売事業において、底地及び居抜きの販売が計画を上回って堅調に推移したことから、売上・利益ともに計画を上回りました。第2四半期累計期間においても、足元では第1四半期の状況を維持しており、今後も継続するものと見込んでいることから、連結業績予想を修正することといたしました。
 通期の連結業績予想につきましては、不動産市況の先行きの不透明感は残るものの、第2四半期累計期間の連結業績予想及び堅調な仕入により増加した販売用不動産の販売スケジュールを勘案し、修正することといたしました。

3.個別業績予想の修正について
(1)2023年12月期第2四半期(累計) 個別業績予想の修正(2023年1月1日~2023年6月30日)

2023年12月期第2四半期及び通期業績予想の修正に関するお知らせのサブ画像3

(2)2023年12月期通期 個別業績予想の修正(2023年1月1日~2023年12月31日)

2023年12月期第2四半期及び通期業績予想の修正に関するお知らせのサブ画像4

4.個別業績予想の修正の理由
 2に記載の理由によりまして、2023年12月期第2四半期及び通期個別業績予想を上記の通り修正いたします。

※上記の予想は、本資料の発表日現在において入手可能な情報に基づき作成したものであり、実際の内容は 今後様々な要因によって予想と異なる場合があります。

<サンセイランディックとは>
 サンセイランディックは、底地・築古収益物件(居抜き)をはじめとする権利関係の複雑な不動産を買い取り、関係調整したうえで販売する「権利調整ビジネス」を主軸に、全国展開している会社です。創業40年以上の豊富な経験と知識で、地主・家主様のお悩みをワンストップで解決いたします。
 不動産権利調整ビジネスに特化している上場企業は弊社のみで、おかげさまで年間およそ2,000件のご相談をいただいています。
 ひとつの不動産に、土地建物所有者が持つ権利だけでなく借地権者、借家権者といった複数の権利者が存在すると、土地の自由な活用が阻害され、資産価値が低くなってしまいがちです。そういった不動産の再生を行い、流動性を高めることで収益を得ております。
 今後もお客様に喜んでいただき、不動産としてあるべき姿をつくり出すべく、尽力してまいります。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments