日曜日, 7月 14, 2024
ホーム商品サービスカネカ太陽電池モジュール 東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に認定

カネカ太陽電池モジュール 東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に認定

株式会社カネカ(本社:東京都港区、社長:田中 稔)は、東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に応募し、太陽電池モジュール16製品*1が認定されました。これらの認定製品は、今後東京都が実施する各補助事業において、設置補助金が上乗せされます*2。

カネカ太陽電池モジュール 東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に認定のサブ画像1

   東京都は、2050年ゼロエミッションの実現に向けて、2030年までに都内温室効果ガス排出量を2000年比で50%削減するカーボンハーフを表明し、取り組みを加速しています。それに向けた施策の一つとして、優れた機能性を有する太陽光発電システムに関する基準を新たに定め、当該基準に適合する製品に、令和5年度から上乗せ補助を行う制度を開始しました。

 当社の太陽電池モジュールは小型であり、複雑な屋根への設置が可能であることや、光の反射を抑制する防眩加工など、東京都が定める基準を満たしており、この度、「市場における付加価値が高い機能性PVの製品」に認定され、1kWあたり上限5万円の上乗せ補助の対象となりました。

 当社は、高効率太陽電池や高性能断熱材をはじめとする環境配慮製品を用いたトータルエネルギーソリューションを展開しています。屋根面積などの制約から、一般的に実現が困難な都市部等の狭小戸建て住宅でのZEH化を通じ、カーボンニュートラル社会の実現に貢献してまいります。

カネカ太陽電池モジュール 東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に認定のサブ画像2

*1. 認定された太陽電池モジュールの対象型式

(詳細はクール・ネット東京のウェブサイト参照)

<瓦一体型太陽電池 VISOLA®>

Z-AH460、Z-AH470、Z-AH480、 Z-AH490、E-PK420、

E-PH420、E-PL420、Z-PI400、Z-PI410、Z-PI420、Z-PI430

 ※今後発売予定の型式も含む。

カネカ太陽電池モジュール 東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に認定のサブ画像3

<化粧スレート瓦専用太陽電池 SoltileX®>

P-DV590、P-DV560、P-PV570

<屋根建材一体型太陽電池>

カネカ太陽電池モジュール 東京都環境局が公募する「優れた機能性を有する太陽光発電システム」に認定のサブ画像4

R-LV740、R-LV760

*2. 実施期間は2023年4月1日より2024年3月31日まで

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments