日曜日, 7月 14, 2024
ホーム商品サービス「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】

「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】

GMOインターネットグループのGMO TECHの連結会社で、不動産賃貸領域におけるDX(デジタルトランスフォーメーション)を支援するGMO ReTech株式会社(代表取締役社長:鈴木 明人 以下、GMO ReTech)は、2023年4月26日(水)より、不動産管理会社向けDXプラットフォーム「GMO賃貸DX オーナーアプリ」で、今までの管理物件オーナー様に加え、(※1)一般 / 専任物件のオーナー様にもよりご利用いただきやすいようにアップデートいたしました。これにより、一般 / 専任物件オーナーの利用が増えることにつながり、不動産管理会社様はより多くの物件オーナー様とのコミュニケーションが可能となります。

 さらに、『タスク管理機能』のアップデートを行うことにより、担当者全体のタスクを閲覧できるようになるとともに、タスクの「優先度」「ステータス」を設定が可能になり、業務効率化をサポートいたします。
(※1)「GMO賃貸DX オーナーアプリ」内の不動産管理会社向けのWEB/アプリにてご利用いただけます。

「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】のサブ画像1

  • 【一般 / 専任物件オーナー追加の背景】

 「GMO賃貸DX オーナーアプリ」は、所有している物件の稼働状況が一目でわかり、収支報告書作成・郵送などの煩雑な業務をアプリで一元化することで効率化するだけでなく、オーナー様の満足度が向上する不動産管理会社向けDXプラットフォームです。

 一般物件とは複数の不動産会社に仲介を依頼することができる物件で、専任物件とはオーナーが他の不動産会社に重複して依頼することができない物件のことを指します。従来の「GMO賃貸DX オーナーアプリ」では、一般 / 専任物件オーナー様が必要としない「収支情報」や「物件情報」が画面上に表示されていたため、不動産管理会社様は主に管理物件のオーナー様とやり取りしていました。そこで、不動産管理会社様から「一般/専任物件のオーナー様とのやりとりもアプリ上で実施したい」という声を多くいただいたため、一般 / 専任物件のオーナー様にもご利用しやすくなるようにアップデートを行いました。

  • 【概要】

「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】のサブ画像2

 一般 / 専任物件のオーナー様と「空室が出た際の入居者募集」など限定的な接点でも、アプリをご利用いただくことでオーナー様へ自社物件の情報などを配信することができます。さらに、メールや郵送でしていたやり取りをアプリで一元化することでやり取りが楽になり、不動産管理会社の業務効率化だけでなくオーナー様の満足度向上にも貢献できます。

  • 【『タスク管理機能』アップデートについて】

 これまで「GMO賃貸DX オーナーアプリ」のタスク管理は担当者個人での管理だったため、「全体のタスクを閲覧したい」「タスクのステータスを管理したい」など、不動産管理会社様から多くのご要望をいただいておりました。「GMO賃貸DX オーナーアプリ」をさらに使いやすくご利用いただくため、『タスク管理機能』をアップデートすることとしました。

 

■担当者全体のタスクを閲覧可能

 管理者アカウントから担当者「全員」と「自分が担当」を切り替えて確認が可能です。さらに、「本日のタスク」「明日のタスク」「期限切れのタスク」「いつかやるタスク」を設定することで、タスクの優先順位も把握できます。タスクが可視化され、常に進捗状況を把握できるだけでなく、進捗が遅れているタスクの担当者へのアプローチも適切なタイミングで行えます。

「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】のサブ画像3

               ▲新しくなった『タスク管理機能』画面

 

■タスクの「優先度」「ステータス」を設定することで、業務効率化

 担当者それぞれのタスクには「優先度」と「ステータス」を設定することが可能になります。

未対応や対応中のタスクが一覧表示で可視化されることで、抜け漏れ防止や業務効率化が実現します。

 「GMO賃貸DX」上のタスクだけでなく、あらゆるタスクを「新規作成」から追加することが可能になります。例えば「ミーティングの資料作成」や「会食予約」などの業務もタスク一覧へ追加することで一元管理できます。

「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】のサブ画像4

                ▲新しくなった『タスク管理機能』画面

 

■タスクの「優先度」「ステータス」を設定することで、業務効率化

 担当者それぞれのタスクには「優先度」と「ステータス」を設定することが可能になります。

未対応や対応中のタスクが一覧表示で可視化されることで、抜け漏れ防止や業務効率化が実現します。

 「GMO賃貸DX」上のタスクだけでなく、あらゆるタスクを「新規作成」から追加することが可能になります。例えば「ミーティングの資料作成」や「会食予約」などの業務もタスク一覧へ追加することで一元管理できます。

「GMO賃貸DX オーナーアプリ」 一般 / 専任物件オーナーが利用しやすくアップデート【GMO ReTech】のサブ画像5

【本件に関するお問い合わせ先】

●GMO ReTech株式会社 営業部

 TEL:03-6416-5500 FAX:03-5489-6371

 E-mail:sales@gmoretech.com

【GMO ReTech株式会社】(URL:https://gmoretech.com/

会社名

GMO ReTech株式会社 

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表者

代表取締役社長 鈴木 明人

事業内容

オーナー・入居者向けのアプリケーションプラットフォームや、不動産賃貸手続きにおける契約の電子化サービスなどの不動産テック事業

資本金

1億円

 

【GMO TECH株式会社】(URL:https://gmotech.jp/

会社名

GMO TECH株式会社 (東証グロース市場 証券コード:6026)

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表者

代表取締役社長 鈴木 明人

事業内容

■インターネット・メディア広告事業 ■上記を含むインターネット広告・メディア事業全般

資本金

1億円

 

【GMOインターネットグループ株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/

会社名

GMOインターネットグループ株式会社(東証プライム市場 証券コード:9449)

所在地

東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

代表者

代表取締役グループ代表 熊谷 正寿

事業内容

■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業

■インターネット金融事業   ■暗号資産事業

資本金

50億円

Copyright ©2023 GMO ReTech, Inc. All Rights Reserved.

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments