木曜日, 5月 23, 2024
ホーム商品サービス複雑すぎる不動産だからこそ、中立な第三者の事前のアドバイスが必須。不動産にもセカンドオピニオンが必要です!

複雑すぎる不動産だからこそ、中立な第三者の事前のアドバイスが必須。不動産にもセカンドオピニオンが必要です!

価値の高い・複雑な不動産だからこそ、安心できる不動産業者を見つけたい!

ビジネス書や実用書を中心に出版する株式会社クロスメディア・パブリッシング(東京・渋谷区、代表取締役・小早川幸一郎)は、2023年4月14日に書籍『不動産のセカンドオピニオン活用術』を刊行します。本書は、これまで多くの人たちの相談を受けてきた著者が、「離婚にまつわる不動産問題」「住宅ローン滞納問題」「共有持分トラブル」など、多くの人が困っているさまざまな不動産トラブルの解決を手助けする一冊です。

複雑すぎる不動産だからこそ、中立な第三者の事前のアドバイスが必須。不動産にもセカンドオピニオンが必要です!のサブ画像1

 

 

全国のリアル書店・オンライン書店で好評発売中!
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4295404896
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17088949/

 

 

  •  離婚で起こる「家」のトラブル

日本の離婚率はここ数年、約35%で推移していて、結婚した3組に1組は離婚をするといわれています。これら離婚した人たちのうち9割近くは、話し合いによって条件を決める協議離婚をしており、離婚が原因で、複雑な不動産トラブルを抱える人は多くいます。

いわゆる一般的なローン破綻は、収入に見合わない物件を無理して購入していたり、ギャンブルや散財、失業などが原因で資金が足りなくなったりして起こります。しかし離婚が原因の場合では、慰謝料や養育費、財産分与などで想定外の出費がかかるうえ、夫婦が別の場所で暮らし始めることで短期間のうちに金銭的に大きな変化が起き、十分な収入があっても資金が足りなくなってしまうことが多いのです。

ただ一見、資金繰りが難しく感じるケースでも、専門家が話を聞いて状況を整理すると対処法が見つかるケースはいくらでもあります。ひとりで悩んでいる時にはどうするか決められなくても、一緒に状況を整理してくれる人がいると未来を考えやすくなるものです。

本書では、上記のような不動産トラブルの不安をなくすために「不動産のセカンドオピニオン」を推奨しています。
 

  • 不動産のセカンドオピニオンとは?

「セカンドオピニオン」とは、最近では医療分野でよく使われている言葉で、相談者が納得のできるより良い決断をするために、現在の担当者とは別の専門家から「第2の意見」を求めることです。知識を持つ専門家が先入観のない視点で改めて相談に乗ることで、相談者が現在不安を感じていることや理解しきれていなかった部分を解消することもできます。

トラブル時や、トラブルが起こりそうになっている時に、皆さんの立場に立って分かりやすく説明をし、選択肢を提示してくれる専門家がいたら、不動産取引に対する不安もより解消され、納得のいく取引ができると考えられます。

不動産は大事な、そして価格としても大きい資産です。セカンドオピニオンを活用し、最善の解決策を模索することが、後々の生活にも大きな影響を与えるでしょう。
 

  • どんな時に、セカンドオピニオンを使ったらいいの?

特に、複雑な問題を抱えている時ほど、セカンドオピニオンがおすすめです。不動産の問題を抱えている時には、あわせて介護や相続、離婚、お金の問題など、他のお悩みも抱えた状態であることがほとんどです。

人生のなかでもつらい時期を過ごされているのですから、混乱して精神的に厳しい状態になっているのは当たり前のことです。そうした時に日頃接することのない、専門性の高く難しい不動産の問題を、「今の自分にベストな選択は何だろう?」とじっくり考えるのは難しいでしょう。

どうしても手をつけられずにそのままになっている不動産の悩みがあったら、まず専門家に相談することをおすすめします。

本書では、正しい知識を持つために、さまざまな不動産トラブルの例を紹介しながら不動産の基本的な知識をお伝えしていきます。そのなかで同時に、トラブルの解決策にも触れていきます。本書を通じて、みなさんが不動産の基本的な知識を身につけ、安心して不動産取引ができるようになれば幸いです。
 

  • 著者紹介

一般社団法人 不動産あんしん相談室

多種多様な不動産を取り扱う中で得た正しい専門知識と固定概念にとらわれない発想で、様々な不動産トラブルを解決することを得意とする。「正しい知識とノウハウ(技術)で、お客様に後悔しない選択をして喜んでいただくこと」をモットーに、住宅ローン不払い問題、離婚による不動産トラブル、共有持分トラブル、相続トラブル、借地権問題など、さまざまなお客様の悩みを信頼できる弁護士や税理士などのパートナーと協働で解決に導いている。また、トラブルの解決法がわからない、情報の正確性がわからないというお客様に対して、中立的な立場からアドバイスを行う、お客様に寄り添ったセカンドオピニオンサービスは、多くの人に支持されている。
 

  • 書籍情報

『不動産のセカンドオピニオン活用術』

複雑すぎる不動産だからこそ、中立な第三者の事前のアドバイスが必須。不動産にもセカンドオピニオンが必要です!のサブ画像2

著者:一般社団法人 不動産あんしん相談室
定価 : 1,628円(本体1,480円+税)
体裁 : 四六判 / 240ページ
ISBN:978-4-295-40489-7
発行:株式会社クロスメディア・パブリッシング(クロスメディアグループ株式会社)
発売日:2023年 4月14 日

 

♦関連URL
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4295404896
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17088949/

▼リンク一覧(クロスメディアグループ)
株式会社クロスメディア・パブリッシング https://www.cm-publishing.co.jp/
株式会社クロスメディア・マーケティング https://book.cm-marketing.jp/
クロスメディアグループ株式会社 https://cm-group.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments