日曜日, 6月 26, 2022
ホーム商品サービスジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟

「アキサポネット」加盟事業者は8府県11社に

不動産の売買・賃貸・仲介および空き家活用事業を展開する株式会社ジェクトワン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大河幹男 以下、ジェクトワン)が全国各地の事業者様とパートナー提携し、各地の空き家問題解決を目指す「アキサポネット」に、愛知県で初の加盟事業者となる太郎左衛門産業株式会社(本社:愛知県西尾市、代表取締役:神谷美子 以下、太郎左衛門産業)、新潟県で初の加盟事業者となる株式会社クラビス(本社:新潟県新潟市、代表取締役:浅川進 以下、クラビス)と静岡県で2社目の加盟事業者となる株式会社ハビタット(本社:静岡県駿東郡、代表取締役:井上貴央 以下、ハビタット)が新たに加盟したことをお知らせします。

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟のサブ画像1

ジェクトワンでは、2015年に施行された“空家等対策の推進に関する特別措置法”を機に、2016年より首都圏を中心とした「アキサポ」ブランドで空き家活用事業を開始しました。事業開始以来、物件特性や地域のニーズに合わせたリノベーションを行い、様々な空き家をシェアキッチンや新店舗、バイクガレージ、宿泊施設などへと再生してまいりました。サービス展開から5年が経ち、現在では全国各地の企業様、空き家所有者様から空き家活用について数多くのお問い合わせをいただいているという経緯から、日本全国に点在する空き家問題の解決に向けて、全国各地の事業者様とパートナー提携をする「アキサポネット」を2021年6月に発足いたしました。このたびの太郎左衛門産業、クラビスおよびハビタットの加盟により、「アキサポネット」加盟事業者は8府県11社となります。※
今後も「アキサポネット」では、これまでの「アキサポ」の実績を基に各地の加盟事業者に向けてノウハウの提供、情報共有によって連携しながら全国各地の空き家問題の解決に取り組んでまいります。
※2021年10月27日時点

■ アキサポネットメンバー加盟事業者

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟のサブ画像2

愛知県西尾市 太郎左衛門産業株式会社
所在地:愛知県西尾市上町下屋敷19番地75
代表取締役:神谷 美子
事業内容:不動産管理業、賃貸業、仲介業 
代表コメント:
日本の空き家問題に対して真剣に取り組んでいる「アキサポ」に共感し、加盟を決めた。抹茶生産で有名な愛知県西尾市という地域特性を生かしながら地域に貢献していきたいと考えている。また地域特性としては保守的な部分もあるが、弊社としては新しいことに挑戦していくマインドがあるため、「アキサポ」スキームを活用して新規の空き家事業に取り組み、地域の活性化につなげていきたいという思いがある。

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟のサブ画像3

新潟県新潟市 株式会社クラビス
所在地:新潟県新潟市北区三軒屋町9-20
代表取締役:浅川 進
事業内容:印刷業、中古農機具買取販売業、不動産賃貸業
代表コメント:
空き家は、今後益々社会問題になると考えられる。その解決方法の一つとして、「アキサポ」のスキームは面白いと感じた。不動産に関わるビジネスは多岐にわたり、奥が深いため、「アキサポネット」へ加盟することにより勉強させてもらい、ビジネスの柱にしていきたいと考えている。そして、学んだ「アキサポ」スキームで、新潟の街を活性化させたい。周辺地域では、高齢化が進み、古い一戸建てがどんどん空き家になっている一方で、新築の一戸建ても建っている。何でも新しいものがいいわけではなく、再利用することで資源も資金も無駄にならないという証明がしたい。

静岡県駿東郡 株式会社ハビタット

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟のサブ画像4

所在地:静岡県駿東郡長泉町下土狩1198番地の1
代表取締役:井上 貴央
事業内容:リフォーム業
代表コメント:
空き家問題とビジネスの両立は難しいと感じていたが、「アキサポネット」というサービスで空き家問題の解決をお手伝いできるということを知り加盟した。今後は本業のリフォーム業の強みを活かして「アキサポネット」に力を入れていきたい。長泉町は戸建て賃貸が全国的に少ないエリアのため、「アキサポ」を通じて転入等の人口増加のお手伝いが出来ればと考えている。長泉町は静岡県の住みやすい街ランキングでも3年連続1位になるなど、子育てに力を入れている町でもあり、その地域特性を活かしていきたいとも考えている。

■「アキサポネット」概要
「アキサポネット」は、当社の空き家活用事業「アキサポ」にご賛同いただいた全国各地の不動産会社や工務店などの空き家活用事業者とライセンス契約を結び、アキサポネットメンバーとして提携いたします。「アキサポ」の事業スキームと、アキサポネットメンバーが持つ地域性を活かした専門的な知識を掛け合わせることで、空き家活用の多様性を高め、より地域に合った空き家活用のご提案が充実することを期待しております。
なお、「アキサポネット」に加盟いただいた事業者が空き家活用のスタート地点を早められるよう、当社が5年間の「アキサポ」事業を通じて蓄積してきた、収支計画やルールなどの空き家活用ノウハウを、惜しみなくメンバーに提供してまいります。サービス開始にあたっては、スタートアップ研修やフォローアップの体制も万全に整えており、実務のフォロー以外にも、PR活動のサポートや空き家の活用事例共有やメンバー同士のコミュニケーション創出の機会を提供いたします。

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟のサブ画像5

■会社概要
社名:株式会社ジェクトワン
所在地:東京都渋谷区渋谷1-7-7 住友不動産青山通ビル13F
設立:2009年1月28日
代表取締役:大河 幹男
資本金:1億円(2021年4月時点)
社員数:53名(2021年10月現在)
事業内容:総合不動産開発事業(住宅、ビル、商業、ホテル)、リノベーション事業、街なか再生事業
     不動産コンサルティング事業、空き家活用事業
     空き家活用サービス「アキサポ」:http://www.akisapo.jp/
     「アキサポネット」:https://www.akisapo.jp/akisaponet/

■ 《ご参考》 空き家活用サービス『アキサポ』
空き家を「アキサポ」が借り受け、「アキサポ」全額費用負担でリノベーション工事を行い、
一定期間転借するサービスです。街の資源である空き家の再生を通じて地域コミュニティの活性化に貢献しております。

【空き家所有者にとっての最大のメリット】
・建物がバリューアップして戻ってくる
リノベーションを行い空き家の価値向上を高めます ※物件により諸条件等が異なります。
・リノベーション費用は「アキサポ」が全額負担
リノベーション設計や施工、工事管理もすべて「アキサポ」にお任せできます。

【アキサポサービス概要】
①   所有者から空き家を借り上げ、
② 工事費負担額を考慮した転貸料収入との差額収益で、初期投資費用を数年間かけて回収

ジェクトワンが全国各地の事業者と提携する「アキサポネット」に愛知県初となる太郎左衛門産業、新潟県初となるクラビス、静岡県で2社目となるハビタットが新たに加盟のサブ画像6

 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments