水曜日, 2月 21, 2024
ホーム商品サービス「プレミスト首里金城町」完成

「プレミスト首里金城町」完成

●「首里金城地区都市景観形成地域」で約20年ぶりの中規模分譲マンション

 大和ハウス工業株式会社は、沖縄県那覇市首里金城町において分譲マンション「プレミスト首里金城町」を建設してきましたが、3月25日に入居が開始しますのでお知らせします。

「プレミスト首里金城町」完成のサブ画像1

  当社では、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、より資産性が高く、社会やお客さまにとってより付加価値の高いマンションの供給を目指し、事業を推進しています。そのような中、当社は沖縄県において、2001年より27物件2,160戸を供給、那覇市では2001年より12物件1,129戸の供給実績があります。
 今回完成する総戸数67戸の「プレミスト首里金城町」は、「首里金城地区都市景観形成地域」において約20年ぶりに開発される中規模分譲マンション(50戸以上)です。赤瓦や琉球石灰岩などを取り入れた琉球建築様式を採用しており、全住戸角部屋で奥行き5m超の大型ルーフバルコニーを設置しています。2020年9月に着工し、2021年6月より販売開始しましたが、2023年3月に完成する運びとなりました。
 本物件は、2021年3月20日のモデルルームオープン以降、約440組(2023年2月末時点)のお客さまにご来場いただくとともに、希少な立地が県外のお客さまからも評価され、これまでに成約された購入者のうち約8割が沖縄県外からの購入者となっています。
 今後も当社は、街の活性化に寄与することが期待できる分譲マンション開発を進め、快適な住環境づくりと地域社会への貢献を進めていきます。

●ポイント
1.「首里金城地区都市景観形成地域」・首里金城町で20年ぶりの中規模分譲マンション
2.沖縄県の分譲マンションで当社初となる専有面積160㎡超のプラン
3.赤瓦や琉球石灰岩など沖縄の風土を感じる部材を採用

1.「首里金城地区都市景観形成地域」・首里金城町で20年ぶりの中規模分譲マンション
 「プレミスト首里金城町」は、「首里金城地区都市景観形成地域」・首里金城町において約20年ぶりに開発される中規模分譲マンション(50戸以上)です。
 「首里金城地区都市景観形成地域」は、10m以下の高さ制限や赤瓦などの意匠を採用することが基準となるなど、首里城周辺の歴史的・文化的な景観の保全に取り組む地域です。周辺には、琉球石灰岩の白い石畳に緑や花が添えられ、美しい景観を保っています。また、海抜約65㎡の高台からは、緑豊かな繁多川公園や那覇市内の街並み、東シナ海を望むことができ、沖縄県の四季折々の自然景観を楽しむことができます。

「プレミスト首里金城町」完成のサブ画像2_「プレミスト首里金城町」からの眺め「プレミスト首里金城町」からの眺め

2.沖縄県の分譲マンションで当社初となる専有面積160㎡超のプラン

 「プレミスト首里金城町」は、沖縄県の分譲マンションで当社初となる160㎡超の住戸を設けています。
 国土交通省が2022年3月に公表した「公示地価」(2022年1月1日時点)によると、沖縄県内は住宅地や商業地などの全用途の平均変動率が前年比で2%増加するなど、2014年から9年連続で上昇しており、上昇率は全国でも上位4番目の高さとなっています。中でも、那覇市は沖縄県で最も地価公示の価格が高い地域です。
 本物件は、総戸数67戸のうち13戸が1億円を超えており、販売価格は6,238万円~2億1,846万円、平均価格帯は9,524万円となっています。リゾートライフを楽しむことができる166.6㎡の住戸(1億6,988万円)は、幅約14.6m、奥行最大5.5mのバルコニーや、レジャー用品が収納できるトランクルーム、充実したサニタリールームを設置しました。

「プレミスト首里金城町」完成のサブ画像3_「プレミスト首里金城町」の住戸「プレミスト首里金城町」の住戸

3.赤瓦や琉球石灰岩など沖縄県の風土を感じる部材を採用

 「プレミスト首里金城町」では、内外装に沖縄県産の部材をふんだんに採用しています。赤瓦や琉球石灰岩などを採用した琉球建築様式を採用しており、沖縄のリゾートライフを目でも楽しめるデザインとしました。

■ご契約者の傾向

 「プレミスト首里金城町」では、2021年6月に販売開始し、2023年2月末までに総戸数67戸のうち46戸を契約いただきました。ご契約者の年齢層は40~50代が約5割、60代以上のシニア層が約4割となっており、平均年齢は54.9歳で、会社経営者・自営業が約7割を占めています。居住地は、沖縄県内が約15%で首都圏からのお客さまが約6割を占めています。そのため、購入理由は7割以上がセカンドハウスでのご購入です。

●物件概要

物件名称:「プレミスト首里金城町」                                     
所在地:沖縄県那覇市首里金城町3丁目16番1、17番1、30番3(地番)
交通:ゆいレール「首里駅」から徒歩19分(約1,490m)
敷地面積:8,561.34㎡
建築面積:4,192.06㎡
延床面積:10,665.57㎡
構造・階数:鉄筋コンクリート造地上3階、地下1階建て
事業主・売主:大和ハウス工業株式会社
設計:株式会社H.S.Rプランニング
施工:村本建設株式会社、株式会社東江建設
着工:2020年9月15日
完成:2023年3月15日
入居開始:2023年3月25日
総戸数:67戸(他に管理事務室1戸、ゲストルーム、パーティールーム)、ゲストルーム 1泊4,000円、パーティールーム 1時間500円
専有面積:75.05㎡~184.76㎡
間取り:2LDK・3LDK
お客さまお問い合わせ先:「プレミスト首里金城町」レジデンスサロン
TEL:0120-853-787
営業時間:10:30~18:00 定休日:火曜・水曜日(祝日除く)
ホームページ:https://www.daiwahouse.co.jp/mansion/kyushu/okinawa/shurikinjocho/

「プレミスト首里金城町」完成のサブ画像4_現地地図現地地図

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments