木曜日, 2月 22, 2024
ホームイベントエヌ・シー・エヌ「第18回 重量木骨の家プレミアムパートナー総会」を開催 資産価値のある木造住宅の普及を目指す工務店、資材メーカーなど128名が出席

エヌ・シー・エヌ「第18回 重量木骨の家プレミアムパートナー総会」を開催 資産価値のある木造住宅の普及を目指す工務店、資材メーカーなど128名が出席

ネットワークを活かし「選び抜かれた工務店と建てる、強く暖かく、こだわりがかなう家」を71社で提供

株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都千代田区、代表取締役社長:田鎖郁男、以下「エヌ・シー・エヌ」)は、第18回となる重量木骨の家プレミアムパートナー総会(以下「総会」)を、ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城(沖縄県那覇市)にて2023年3月9日に開催しました。昨年、一昨年のオンライン開催を経て、リアル開催の会場には全国から登録工務店、資材メーカーなど128名が出席しました。

株式会社エヌ・シー・エヌ(東京都千代田区、代表取締役社長:田鎖郁男、以下「エヌ・シー・エヌ」)は、第18回となる重量木骨の家プレミアムパートナー総会(以下「総会」)を、ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城(沖縄県那覇市)にて2023年3月9日に開催しました。昨年、一昨年のオンライン開催を経て、リアル開催の会場には全国から登録工務店、資材メーカーなど128名が出席しました。

エヌ・シー・エヌ「第18回 重量木骨の家プレミアムパートナー総会」を開催 資産価値のある木造住宅の普及を目指す工務店、資材メーカーなど128名が出席のサブ画像1_重量木骨の家プレミアムパートナー ロゴ重量木骨の家プレミアムパートナー ロゴ

エヌ・シー・エヌ「第18回 重量木骨の家プレミアムパートナー総会」を開催 資産価値のある木造住宅の普及を目指す工務店、資材メーカーなど128名が出席のサブ画像2_挨拶をする田鎖郁男(エヌ・シー・エヌ代表取締役社長)挨拶をする田鎖郁男(エヌ・シー・エヌ代表取締役社長)

「重量木骨の家」は全国のSE構法登録施工店605社(2023年2月現在)より選び抜かれた71社(2023年2月現在)の工務店「重量木骨の家プレミアムパートナー」(以下、プレミアムパートナー)がSE構法で建築する耐震性能、デザイン性、保証内容を備えた資産価値の高い木造注文住宅ブランドです。

冒頭、田鎖郁男(エヌ・シー・エヌ代表取締役社長)から設立当時を振り返りながら、新築注文住宅不振の時代のなかにあっても高付加価値、資産価値維持の取り組みを行いながら共に、歩みを止めずに進んでいこうという開会挨拶から始まりました。
 

エヌ・シー・エヌ「第18回 重量木骨の家プレミアムパートナー総会」を開催 資産価値のある木造住宅の普及を目指す工務店、資材メーカーなど128名が出席のサブ画像3_総会会場風景総会会場風景

エヌ・シー・エヌ「第18回 重量木骨の家プレミアムパートナー総会」を開催 資産価値のある木造住宅の普及を目指す工務店、資材メーカーなど128名が出席のサブ画像4_ガレージハウスコンテスト表彰式ガレージハウスコンテスト表彰式

次に今回初開催となる「重量木骨の家 ガレージハウスコンテスト」の表彰式を開催しました。このコンテストはプレミアムパートナーからガレージハウスをテーマにした住宅、42の応募作品から、各賞に選ばれたガレージハウス7作品を表彰しました。審査にあたったのは、構造家の池田昌弘氏、カーライフエッセイストの吉田由美氏、インテリアデザイナーの君塚賢氏の3名。グランプリなど3部門の受賞をした株式会社星野建築事務所のほか、審査員個人賞等、入賞した各社に記念の盾を贈り、栄誉を称えました。

メインのプログラムとして、株式会社エヌ・シー・エヌ 重量木骨事業部の中川勝人より、2022年度の取り組みの報告と、来年度へ向けての施策発表を行いました。
今年度の成果として、数年来継続しているグリーン化補助金の利用枠の増加や、長期優良化住宅取得比率の向上、省エネ性能のレベルアップなど高付加価値商品を提供するグループとして確実に成長を遂げていることを報告し、次年度は「選びぬかれた工務店と建てる、強く暖かく、こだわりがかなう家」をメインテーマに、さらにグループとしての強みをアピールしていくことを宣言しました。

また来年度施策のひとつとして住宅購入検討者層の領域を広げるために、土地から探すユーザー層を取り込むという提案を行いました。この提案についてはランディ株式会社(https://landi.jp/)が開発・運営するSaaS型の営業支援システム「ランディPRO」をプレミアムパートナー各社へ導入することを発表しました。
注文住宅事業会社を対象とした土地探し顧客対応における課題解決として、土地探し・接客・追客の各種支援システム導入について、続くプログラムでランディ社より詳しい説明をしていただきました。
本サービス採用の背景として注文住宅の建築費と土地価格の上昇に加え、首都圏を中心とした住宅用地不足に悩む声がありました。その様な状況で、デザインへのアプローチは継続しつつ土地購入検討層にも訴求をしていく上で、土地の検討者に早い段階から接触し建物提案へと導くことが狙いです。

最後に、SE構法の品質を担う提携プレカット工場の中から、本年は品質と性能で資材提供に尽力いただいた株式会社岡本銘木店 京都工場に感謝状を送り閉会しました。

■2022年「重量木工の家プレミアムパートナー」実績(2022年4月~12月)

◎プレミアムパートナー社数:71社
◎平均受注金額:42,546,307円(坪単価:1,050,000円)
◎平均平米数(延床面積):133.95平方メートル
◎長期優良住宅認定取得率:86.0%(2022年4月~12月)
 ※新築戸建て住宅における認定割合 27.1%(2021年度:国土交通省)
◎省エネルギー性能:UA値 0.47、BEI値 0.70

■2022年度新規登録施工店

阿部建設株式会社
https://se.abekk-home.co.jp/

代表取締役社長 阿部一雄
〒462-0841 愛知県名古屋市北区黒川本通4-25

株式会社住まいず
https://www.sumais.co.jp/

代表取締役社長 有村康弘
〒899-5106 鹿児島県霧島市隼人町内山田1丁目5-7

■会社概要

株式会社エヌ・シー・エヌ  
https://www.ncn-se.co.jp

代表者:代表取締役社長 田鎖郁男
所在地:〒100-0014 東京都千代田区永田町2-13-5 赤坂エイトワンビル7階
TEL:03-6897-6311  FAX:03-6770-4228
設 立:1996年12月11日
資本金:3億9,085万円 (2022年3月末現在)
従業員数:93名(構造設計一級建築士3名、一級建築士14名、二級建築士13名)(2022年3月末現在)

□事業内容

・木造システム「耐震構法 SE構法」の提供
・建築ネットワーク事業
・建築関連サポート

□子会社

・SE住宅ローンサービス株式会社
・株式会社MAKE HOUSE
・株式会社木構造デザイン
・株式会社翠豊

□関係会社

・株式会社MUJI HOUSE(無印良品の家)

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments