木曜日, 9月 29, 2022
ホームイベントアイダ設計がスポンサーとして協賛 第36回わんぱく相撲全国大会 10月31日開催

アイダ設計がスポンサーとして協賛 第36回わんぱく相撲全国大会 10月31日開催

 この度、株式会社アイダ設計(本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町、代表取締役社長:會田 貞光)は、2021年10月31日(日)に開催されます「第36回わんぱく相撲全国大会」にスポンサーとして協賛することをお知らせいたします。
 「わんぱく相撲全国大会」は、小学4年生から6年生が参加し、日本国内200地区の予選大会から勝ち上がり、決勝にあたり全国大会が開かれる、小学生対象で最大規模の相撲大会のことです。アイダ設計は、この取り組みにスポンサーとして協賛し、第36回わんぱく相撲全国大会を支援いたします。

アイダ設計がスポンサーとして協賛 第36回わんぱく相撲全国大会 10月31日開催のサブ画像1

                 (写真:第35回 わんぱく相撲全国大会)

<わんぱく相撲とは>
 わんぱく相撲は、1970年代に遊び場の少ない東京の子供達にスポーツの機会をより多く与え、心身の鍛練と健康の増進を目的として、身近に行えるスポーツである"相撲"をとりあげ、1977年に公益社団法人東京青年会議所が、23区全域に運動として展開したことに始まります。
その後、1981年に公益社団法人東京青年会議所が、財団法人日本相撲協会(当時:現公益財団法人 日本相撲協会)と協力して、「わんぱく相撲の手引き」を作成のうえ、全国の市町村教育委員会並びに各地の青年会議所に無料配布し、全国への普及運動も並行して行ってまいりました。
現在では、日本全国約200ヵ所の地域で、約4万人以上の子供達が参加し、わんぱく相撲の大会が行われ、勝ち上がった選手達が全国大会に挑みます。

<大会概要>
大会名 :第36回わんぱく相撲全国大会
開催日 : 2021年10月31日(日)
会場    :両国国技館  〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目3番28号
出場選手:全出場選手数 約4万名、全国大会(最大)110チーム
表彰      :個人戦
     -各LOM大会で選抜された選手によるトーナメント方式で各学年別に行い、横綱1名、大関1名、関脇2名、小結4名をそれぞれ決定する。
     団体戦
     -各選手の成績を点数で加算する方式で110の出場チームを対象として全学年の得点順に優勝、準優勝、第3位を選出する。但し同点の場合は、1)優勝者(横綱)の数、2)高学年優勝(横綱)又は準優勝(大関)の序列。
URL      :https://wanpaku.or.jp/tournament/

<会社概要>
社名     :株式会社 アイダ設計
本社所在地:〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目286番地
電話     :048-650-0222(代)
代表者  :代表取締役社長 會田 貞光
創立   :昭和56年1月6日
資本金  :2億1,632万円
従業員数 :1,038人(令和3年3月末時点)
事業内容 :不動産業・建設業・建築設計・土地造成・プレカット加工・損害保険代理業 他
URL     : https://www.aidagroup.co.jp/                

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments