金曜日, 7月 19, 2024
ホーム商品サービス多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始

山形県庄内エリア・長崎県五島エリアの2施設、3自治体と連携

 三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:嘉村 徹)は、お客様一人ひとりの多様なライフスタイルをサポートする多拠点居住サービス 「n’estate(ネステート)」 のトライアルを2022年9月より開始しておりますが、このたび、未就学児の子育て世帯に向けた保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を2023年3月14日より募集開始、5月13日より利用開始することをお知らせいたします。

 本プランの開始にあたり、「SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE (以下、スイデンテラス)」(山形県鶴岡市)と 「カラリト五島列島」(長崎県五島市)の2つの施設運営会社(ヤマガタデザイン株式会社/株式会社カラリト)と 「まちづくり包括連携協定書」 を締結。さらに山形県の鶴岡市、酒田市、長崎県の五島市と連携し、両施設での滞在中に未就学のお子様を近隣の保育園に通わせることができるよう一時預かり保育を活用。家族で地域を訪れ、自然や文化と触れ合い、地域との特別な結びつきを育むくらしの体験が可能となります。引き続き提携施設を増やし、さらなるサービスの充実を図ります。

 今後も、当社ブランドコンセプト 「Life-styling × 経年優化」 のもと、多様化するライフスタイルに応える商品・サービスを提 供することで、すまいとくらしの未来を探求し続け、持続可能な社会の実現・SDGs へ貢献してまいります。

 

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像1_▲長崎県五島市・鬼岳▲長崎県五島市・鬼岳

  •  保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 の特長

~子供には好奇心や感性を育む体験、大人は安心して働きリフレッシュできる自由度の高い滞在を実現~

・両施設での滞在期間中、連携保育園での一時預かり保育が可能。
・滞在拠点毎にお子様を預け入れる保育園を個別にご案内。保護者自ら保育園を探す手間がありません。
・保育園確定後は保護者と園とのオンライン面談を滞在前に実施。登園前の不安を軽減します。
・利用料金は一時預かり保育料を含めて8日間で約12万円~、16日間で約24万円~の特別価格でご提供。 
(いずれも土曜日チェックイン/土曜日チェックアウト)

 ■山形県庄内エリアと長崎県五島エリアとの連携の背景

 サイエンスパークを拠点に産学官が連携した地方創生のモデルとしても注目され、子育て世代に選ばれるまちづくりを進めている鶴岡市、短期移住プログラムや移住者と市民とが交流するオープンスペースを設けるなど移住定住施策に取り組む酒田市。2017年からの5年間で1,000人以上が移住し、うち7割を30代以下が占める(2022年5月現在、五島市発表)など、若者世代に人気の移住先として注目される長崎県五島市。両エリアにおいて地域全体の魅力のさらなる底上げに取り組む 「スイデンテラス」 と 「カラリト五島列島」 の2施設と 「まちづくり包括連携協定書」 を締結することで、相互に事業連携を強化。 「n’estate」 のサービスを通じ、地域の関係人口の創出や、都市と地域双方における人材交流・経済創発、地域の教育事業における連携を図り、日本の地方都市活性化のモデル事例の創出に取り組んでまいります。

■「n’estate with kids」 実施の目的

 近年テレワークなどの働き方の多様化により企業のあり方や個人のワークライフバランスが見直される中、心身そして社会的に健康な状態を示し、個人の幸福度を向上させるウェルビーイングの姿勢が注目されています。 「n’estate」 はサービスの提供を通じ、すまいの自由度を高めることで働き方や生き方、一人ひとりの人生の能動的な選択肢を増やし、ウェルビーイングの向上に寄与することを目指します。

 

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像2

 本プランでは未就学の子育て世帯に着目し、当社の事前の利用者インタビュー調査等で確認された子育てファミリー層の多拠点居住の実現において、興味はあっても日中仕事をしながら子供の面倒を見るのは難しいといったハードルを解消する滞在地での保育環境を整備いたします。地域行政のサポートのもと、現地の保育園に受け入れ協力をいただくことで、子供には好奇心や感性を育む体験をさせ、大人は安心して働きリフレッシュできる自由度の高い滞在を叶えることができます。業務時間外や週末には地元のイベントやアクティビティに参加するなど、家族全員で地域でのくらしや住民との交流を体験することで特別な思い入れを育み、地域とのより密接な結びつきを醸成する 「関係人口」 の増加、地域の賑わいの創出にも繋げてまいります。

■「n’estate with kids」 利用イメージ(親子3人での利用を想定した一例)

7:00     滞在拠点の周辺を家族で散歩
7:30     地元の食材をふんだんに使った朝食を味わう
8:30     子供を保育園に送る
9:00     眺めのいい景色に癒されながらテレワーク
12:00   大人同士でゆったりと昼食を満喫する
13:00   リモート会議や、仕事や勉強に集中するなど、自由な時間を過ごす
16:30   子供を保育園に迎えに行く
17:00   屋外で焚き火を囲みながら採れたて野菜でバーベキュー
18:30   親子で温泉を楽しむ 

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像3

■提携施設概要
SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像4

 所在地:山形県鶴岡市北京田下鳥ノ巣23-1
 URL:https://www.suiden-terrasse.yamagata-design.com/
 連携保育園:民田保育園、上郷保育園、湯田川保育園、十坂こども園
 連携児童教育施設:KIDS DOME SORAI(キッズドームソライ)

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像5_民田保育園民田保育園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像6_上郷保育園上郷保育園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像7_湯田川保育園湯田川保育園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像8_十坂こども園十坂こども園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像9_キッズドームソライキッズドームソライ

◯ 受け入れ地域の声(ヤマガタデザイン株式会社 代表取締役 山中 大介氏)

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像10

私自身は東京生まれ東京育ちですが、9年前に山形に移住し、現在3人の子育てをしています。山形は歴史自然文化に恵まれ、何より水とご飯が最高に美味しい。家族一同暮らしをとても気に入っています。都会に暮らすと、子供を自然に触れさせる機会が大変少なく、こんな体験をさせてあげられません。n’estateで推進する本サービスは、都市部に暮らす親子の可能性を解放する、素晴らしい仕組み。私たちが運営する教育施設「キッズドームソライ」や自然環境に溢れた地域の保育園、庄内平野の海山川の自然と農業が、皆様をお待ちしています。

 カラリト五島列島

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像11

 所在地:長崎県五島市浜町546-2
 URL:https://colorit.jp/
 連携保育園:恵プラザこども園、こもれびの舎保育園、文化保育園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像12_恵プラザこども園恵プラザこども園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像13_こもれびの舎保育園こもれびの舎保育園

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像14_文化保育園文化保育園

 

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像15_滞在中のエクスペリエンスをサポートするカラリトスタッフ滞在中のエクスペリエンスをサポートするカラリトスタッフ

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像16_ 滞在中のエクスペリエンス例 滞在中のエクスペリエンス例

 

◯ 受け入れ地域の声(株式会社カラリト 代表取締役 平﨑 雄也氏)

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像17

穏やかな自然の中で自分と向き合うひと時や、未知なる体験に思わず目を丸くする子供の表情。この雄大なる五島列島で過ごすn’estateでの時間は、きっと、家族の健やかさを一段と高めてくれます。「飾らない自分にかえる、晴れやかな時間」をコンセプトに掲げるカラリト五島列島では、皆様の滞在が実りあるものになるよう、滞在施設での過ごし方についてはもちろん、各保育園との橋渡しや、魅力あふれる五島の紹介など、全スタッフでサポートさせて頂きます。滞在を通じ、この五島が皆様にとって“また帰ってきたくなるふるさと”になりますように!

■n’estate(ネステート)とは

 「住の自由化」 をコンセプトに、都心や地方都市を中心に展開する当社賃貸マンションや、三井不動産グループ企業、パートナー企業の施設を活用し、生活拠点を組み合わせることでライフステージの変化やそのときの気分に合わせて生活の拠点と体験を最適に設計、自分自身に合ったくらし方を生成できるサービスです。

・特設ウェブサイト https://www.31sumai.com/nestate/
 ※本サイトより各拠点のお申込みサイトへのアクセスが可能です。
・公式Instagramアカウント https://www.instagram.com/nestate_official/
・公式noteアカウント https://note.com/try_nestate
・参考リリース https://www.mfr.co.jp/content/dam/mfrcojp/company/news/2022/0929_01.pdf

 

■トライアル実施状況

 2022年9月29日よりトライアルを開始した多拠点居住サービス 「n’estate」 は、都市型拠点8施設、郊外型拠点2施設でのサービス提供をしています。開始1ヶ月で全拠点でのお申込みをいただき、幅広い年齢層に短期から中長期まで様々なニーズに応じてご利用いただいております。

▼ 「n’estate」 拠点一覧

多拠点居住サービス「n’estate(ネステート)」保育サービス付プラン 「n’estate with kids」 を新たに開始のサブ画像18

<主な利用者属性>
職業:会社員、経営者
年齢:20歳代 約20%、30歳代 約30%、40歳代 約15%、50歳代 約30%、60歳代以上 約5%

<主な利用目的>
趣味を満喫(セカンドハウス)、ワーケーションや仕事場として活用、休暇の観光拠点、現居のリフォーム時の仮住まい、一人暮らしや同棲等のお試し、海外帰任や一時帰国時の拠点

■三井不動産グループのSDGsへの貢献について 


https://www.mitsuifudosan.co.jp/esg_csr/
三井不動産グループは、   「共生・共存」  「多様な価値観の連繋」  「持続可能な社会の実現」 の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわち ESG 経営を推進しております。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献できるものと考えています。また、2021年11月には 「脱炭素社会の実現」、「ダイバーシティ&インクルージョン推進」 に関し、下記の通りグループ指針を策定しました。今後も、当社グループは街づくりを通じた社会課題の解決に向けて取り組んでまいります。

【参考】
 ・「脱炭素社会実現に向けグループ行動計画を策定」
  https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1124/
 ・「ダイバーシティ&インクルージョン推進宣言および取り組み方針を策定」
  https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2021/1129_02/

*なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における3つの目標に貢献しています。
目標8   働きがいも経済成長も
目標11 住み続けられるまちづくりを
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

 

 

   

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments