火曜日, 2月 27, 2024
ホーム経営情報2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定

○ 感染症に罹患した社員の療養と復帰のフォロー体制を確立するなど健康管理体制を強化
○ 社員の自発的な健康づくりに向けたウォーキングイベントの対象企業を拡大し、3000名以上が参加
○ 今後もいつまでも社員がいきいきと働くことのできる、活力あふれる職場を目指す

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定のサブ画像1

 ミサワホーム株式会社(代表取締役社長執行役員 作尾徹也)は、当社の健康保険組合と連携して取り組む健康経営が評価され、「健康経営優良法人2023」大規模法人部門の上位500法人(通称「ホワイト500」)に認定されました。当社の「ホワイト500」の認定は5年連続となります。

 近年、人生100年時代を見据えて、人々の健康寿命延伸への関心が高まるなか、企業においても、社員の労働生産性向上に向けた健康経営の取り組みが増加。また、昨今は在宅勤務の定着に伴う運動不足やコミュニケーション不足への対応が重要視されています。
 当社は2018年から健康経営に着手し、いつまでも社員がいきいきと働くことのできる、活力あふれる職場の環境整備を積極的に行ってきました。2020年以降は新型コロナウイルス感染症への対応として罹患した社員のサポート等を行い、更に今年度は療養と復帰のフォロー体制を確立。また、健康づくりに向けたウォーキングイベントの対象企業を拡大し、3000名以上が参加。健康管理体制の強化や運動の習慣化、活発な交流に向けた取り組みを新たに行っています。こうした取り組みが評価され、当社は28の認定基準すべてに適合した上で、「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定されました。
 ミサワホームは今後も、社員の健康増進に向けて、健康管理体制の強化および社員の健康リテラシー向上や運動習慣の改善に取り組み、いつまでも社員がいきいきと働くことのできる、活力あふれる職場を目指していきます。

  • ミサワホームの健康経営取り組み

<健康保険組合と連動した健康管理体制の整備>

・最高健康責任者=CHOを任命し健康経営を推進
・健康相談や不調者の対応を行う健康管理室を設置
・定期健康診断の2次検診対象者の再受診を徹底
・喫煙者を対象に禁煙・減煙への取り組みをサポート
・健康KPIを設定し、ミサワホームグループ各社との労務ミーティングを行うなどグループ全体の健康経営を推進
・新型コロナウイルス感染症へのフォロー体制を確立し、罹患した社員の療養および復帰をサポート
・人間ドックの受診費用補助対象者を大幅に拡大
・衛生管理者資格取得者への合格祝い金を倍増

<社員の健康リテラシー向上・運動習慣の改善>

・フットサルや野球、登山などのサークル活動を応援
・新宿シティハーフマラソンに協賛し社員が競技に参加
・本社に健康スムージーの販売コーナーを設置
・健康づくりの活動を「楽しく」「お得に」「無理せず」継続的に取り組めるよう、健康ポイント制度を導入
・産業医による健康講話を各拠点で定期的に実施
・社内ウォーキングイベントの規模を拡大して開催
・健康管理向けのスマートウォッチを全社員に配布
・遺伝子検査キットの配布と検査結果のフィードバック、管理栄養士による解説セミナー開催

  • 健康経営の取り組み例

【フットサルや野球、登山などのサークル活動を応援】

社員の自発的な運動や社員同士の交流を促進するため、サークル活動の費用補助を実施。コロナ禍は活動を中断していましたが、今年度後半より活動を再開しています。 

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定のサブ画像2

【新宿シティハーフマラソンに協賛し社員が競技に参加】

社員の健康意識の向上と運動する機会のきっかけづくりを目的に、「新宿シティハーフマラソン・区民健康マラソン」に協賛。事前に複数回の練習会を開催して交流を深めながら、約60名の社員が競技に参加しました。

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定のサブ画像3

【健康相談や不調者の対応を行う健康管理室を設置】

2018年に本社に健康管理室を設置。健康診断の結果に関する内容や新入社員や異動者の環境変化に伴う不調など、多岐にわたる健康相談や、不調者が休憩できる救護室があり、多くの社員が利用しています。 

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定のサブ画像4

【遺伝子検査キットの配布と検査結果のフィードバック】
社員個人が自身の体質を知り、今の食事傾向と合わせて見ることで、最適な健康管理ができるよう遺伝子検査キットの配布と検査結果のフィードバック、管理栄養士による解説セミナーを開催しました。

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定のサブ画像5

 

  • 「健康経営優良法人2023」について

 経済産業省が制度設計を行い日本健康会議が実施している顕彰制度。従業員の健康管理を経営的な視点で考え戦略的に取り組んでいる企業を「見える化」し、社会的に評価を受けることができる環境を整備する目的で、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を認定している。
  2019年まで健康経営優良法人(大規模法人部門)全体を通称「ホワイト500」としていたが、2020年度からは中小規模法人部門を新設し、大規模法人部門においては認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人のみを通称「ホワイト500」として認定。

2018年度に健康経営の取り組みを開始して5年連続「健康経営優良法人2023 ホワイト500」に認定のサブ画像6

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments