月曜日, 3月 4, 2024
ホーム商品サービス『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました!

『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました!

ポラスグループ  ポラスガーデンヒルズ株式会社

ポラスグループ ポラスガーデンヒルズ(株)(本社:千葉県松戸市、代表取締役社長:坂倉 利昌)による「スノイエ新松戸~グリーニア~」が、『第 10 回 松戸市景観表彰』において、《松戸景観大賞》受賞が決定しました。松戸景観大賞の受賞はポラスグループ初となります。  
 

  • 『松戸市景観表彰』について  

松戸市景観表彰は、市民や事業者の景観づくりに対する意識の高揚と、景観形成の取り組みの促進を目的として松 戸市景観条例に基づき、平成23 年度(2011 年)から実施されています。
「建築物・工作物/まち並み/景観づくり活動/私が好きな松戸の景観スポット」に関する作品が表彰の対象となり、松戸市景観審議会等での選考・審査を経て各賞が決定します。

松戸市ホームページ「松戸市景観表彰のご紹介」より:
https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/toshiseubi/keikan/keikan_syoukai/index.html 

 

 

 

  • 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 

『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました! のサブ画像1

昭和54 年に区画整理された閑静な住宅街の一角に計 画した 24 邸の分譲住宅。
敷地面積と敷地の奥行に対して接道部分が短いため、 整形地だけでなく旗竿地もつくる計画としたものの、旗竿 地にはプライバシー、日当たり、庭面積の減少、デザイン 性の欠如など、様々な課題が付随します。そこで、「4 つ の区画を1つのユニットとして計画」することを考えまし た。門柱や建物と敷地境界の間に生まれる余白を活用 し、緑の見せ方を工夫することでプライバシーを維持しながらも連続性のある街並みを創出。旗竿地を開放的な緑 を楽しむ住空間として演出しました。 

■担当:水野 貴裕(ポラスガーデンヒルズ㈱ 設計部 企画設計課 デザイン係 係長)コメント

今回、松戸市に本店を置くポラスガーデンヒルズ(株)が松戸景観大賞を受賞できること、

『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました! のサブ画像2

大変嬉しく思っております。この分譲地は旗竿地が多いため、コンクリートだらけになりがちな景観をいかに緑が多く、 住まう方や通りを心地よくするかが課題でした。今回の受賞は旗竿地に対する考え方を含めた隣地とのあり方、緑の入れ方や道路面のファザードデザイン等のトータルデザインが評価されたと感じています。この分譲地は、近隣の人々からも、昼や夜の街並みを立ち止まって 眺めていただくことも多く、注目されていると感じており、嬉しく思っておりました。今後も、地 域から愛される街づくりを目指してまいります。 この度は大賞という大変栄誉ある賞に選出いただきまして、誠にありがとうございました。 
 

  • 「スノイエ新松戸~グリーニア~」詳細

 

『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました! のサブ画像3

■旗竿地を魅力に変える暮らしづくり

旗竿地の抱える様々な問題解決のために、4 つの区画を 1 つのユニ ットとして捉え、コモンスペース「余空の間(よぞらのま)」を創出しました。居住者以外の進入を制限し、視線を遮る門柱の配置や植栽によってプライバシーを確保。共有の広場空間となる「余空の間」には植栽「緑小景(りょくしょうけい)」や人工芝を取り入れ、緑あふれる空間に仕立てました。下屋を活用して各邸の日当たりにも配慮し、空へと伸びる木々が心地よさと解放感を演出します。

■「緑小景」の風景を共有する景観デザイン

「緑小景」は各邸から臨めるように「余空の間」の中心に配されています。「緑小景」のもとで会話を楽しむ他、一緒に育てることで家族間、住民間の会話を育んだり、テラスでくつろぎながら「緑小景」越しに子どもの遊ぶ姿を眺めたりすることが可能となります。 

《「余空の間」の仕組み》

 

『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました! のサブ画像4

『第 10 回 松戸市景観表彰』 「スノイエ新松戸~グリーニア~」 ポラスグループ初の《松戸景観大賞》受賞が決定しました! のサブ画像5

【物件概要】

住 所 :千葉県松戸市新松戸六丁目
交 通 :常磐線「新松戸駅」徒歩19 分 
構 造 :木造2 階建(在来工法)
土 地 面 積 :120.01 ㎡~129.14 ㎡ 
建 物 面 積 :95.12 ㎡~100.65 ㎡
棟 数 : 24 棟
お 引 渡 し :  2022 年8 月(全棟ご入居済み) 

ポラスガーデンヒルズ(株)は、ポラスグループの中で千葉県を中心に分譲住宅の開発、販売を行っています。景観に配慮した家づくりに注力しており、流山市が推進する「グリーンチェーン」認定を受けた分譲住宅「空居間(そらいま)の街」が国際的アワード「IDA(International Design Awards)2022」において銅賞を受賞した他、グッドデザイン賞も数多く受賞しており、2022 年度は「旅するキッチン~こころを満たす住まいと風景の考察~」、「自遊ライフを無限大に楽しむ家」の 2 点が受賞しています。 ポラスグループでは、今後も優れた街づくりを行い、良好な景観の形成を進めてまいりたいと考えています。
ポラスガーデンヒルズ(株) ホームページ:https://www.polus.co.jp/articles/www.polus-gardenhills.com/ 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments