木曜日, 6月 13, 2024
ホームその他不動産解体DXプラットフォーム「解体の窓口」が川崎市と実証実験で連携〜空き家解体促進を見据えた実証実験に向け連携協定を締結〜

不動産解体DXプラットフォーム「解体の窓口」が川崎市と実証実験で連携〜空き家解体促進を見据えた実証実験に向け連携協定を締結〜

バリュークリエーション株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:新谷晃人)が運営する国内最大級の不動産解体DXプラットフォーム「解体の窓口」は、神奈川県川崎市と連携し、空き家の解体に関する市民の皆様への情報提供および空き家の解体促進を目的とした実証実験を2023年3月より開始することをお知らせいたします。

不動産解体DXプラットフォーム「解体の窓口」が川崎市と実証実験で連携〜空き家解体促進を見据えた実証実験に向け連携協定を締結〜のサブ画像1

■実証実験開始までの経緯

川崎市では、今後増加が見込まれる空き家等への対策を一層推進する必要がある中、空き家解体を促進する仕組み等を検討していました。

また、「解体の窓口」を運営するバリュークリエーションは、創業以来積み重ねたデジタルマーケティングの知見を基礎に、近年では企業、大学・研究機関、地方公共団体、関係府省等から構成される「スマートシティ官民連携プラットフォーム」へ参画、官民の垣根を超えた連携への取り組みにも注力するなど、DXによる不動産解体業界への新たな価値創造に挑戦してきました。そこで、空家の解体を促進したい川崎市と、DXにより新たな選択肢を提供できるバリュークリエーションのニーズが合致し、2023年3月より官民連携で実証実験を行うこととなりました。

 

不動産解体DXプラットフォーム「解体の窓口」が川崎市と実証実験で連携〜空き家解体促進を見据えた実証実験に向け連携協定を締結〜のサブ画像2

■解体の窓口について
解体工事の専門家であるコンシェルジュが、客観的な目線でユーザー様の解体工事会社選びをサポート。解体にまつわるあらゆるご相談を、全て一貫してご相談いただけます。
解体工事の見積もりに必要な情報を、コンシェルジュが整理したうえで最適な解体工事会社とマッチングするので、最小限の手間でご利用いただくことが可能です。
ユーザー様のご利用料、解体工事会社様のご登録料は無料です。
サービスURL:https://kaitai-mado.jp/
解体業者様の加盟はこちら:https://kaitai-mado.jp/membership-form/
提携希望の法人様はこちら:https://kaitai-mado.jp/contact-corporation/

 

不動産解体DXプラットフォーム「解体の窓口」が川崎市と実証実験で連携〜空き家解体促進を見据えた実証実験に向け連携協定を締結〜のサブ画像3

■バリュークリエーション株式会社
所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-21-10 えびすアシスト4階
代表者:代表取締役 新谷 晃人
電話番号:03-5468-6877
FAX:03-5468-6455
設立:2008年4月1日
資本金:34,000,000円
事業内容:マーケティングDX事業、デジタルメディア事業、不動産DX事業
コーポレートサイト:https://value-creation.jp
運営サービス:Mola(https://mo-la.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments