水曜日, 8月 17, 2022
ホーム商品サービス業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能に

業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能に

ケイアイスター不動産が、AI活用で仕入れた分譲事業用地をアプリで限定公開

 ケイアイスター不動産株式会社とグループ会社Casa robotics株式会社は、当社の分譲事業用地を期間限定で検索できるサービス「MEKIKI for IKI(メキキ フォー イキ)」をリリースしました。
 MEKIKI for IKIにより、規格型平屋注文住宅「IKI(イキ)」の建築用地をお探しのお客様は、IKI専用アプリ「ヒラヤー」から、当社が分譲事業用地として仕入れた土地を、分譲住宅の建築開始前の一定期間に限定して検索することが可能です。アプリで分譲事業用地に特化し注文住宅向けに検索できるサービスは業界初となります。

 ケイアイスター不動産株式会社(本社/埼玉県本庄市、代表取締役/塙 圭二 以下 「当社」と言う。)とグループ会社Casa robotics株式会社(本社/群馬県高崎市、代表取締役/細谷 竜一、以下「カーザロボティクス」と言う。)は、当社の分譲事業用地を期間限定で検索できるサービス「MEKIKI for IKI(メキキ フォー イキ)」(以下「MEKIKI for IKI」と言う。)をリリースしました。
 MEKIKI for IKIにより、規格型平屋注文住宅「IKI(イキ)」(以下「IKI」と言う。)の建築用地をお探しのお客様は、IKI専用アプリ「ヒラヤー」から、当社が分譲事業用地として仕入れた土地を、分譲住宅の建築開始前の一定期間(※2)に限定して検索することが可能です。アプリで分譲事業用地に特化し注文住宅向けに検索できるサービスは業界初(※1)となります。

※1…年間販売棟数1,000棟以上の国内ビルダーにおいて(当社調べ)
※2…仕入れから建築確認の申請を行うまでの期間限定となり、土地によって検索が可能な期間が異なります。
 

業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能にのサブ画像1

■サービス開発の背景と狙い
 当社の分譲事業用地の中には、土地単体での販売を可能としているものがあります。しかし、注文住宅を検討中の一般のお客様に、そうした土地の情報を提供することは今まではほとんど行われておりませんでした。これは、土地単体での販売が可能な期間が、仕入れから二階建て・三階建ての分譲住宅(建売住宅)の建築確認申請を行うまでのわずかな期間に限定されていることが主な理由です。

 この度、MEKIKI for IKIを開発し、これをIKI専用アプリ「ヒラヤー」に組み込むことで、IKIの建築を検討中のお客様向けに、お客様が選んだプランが建築可能な当社の分譲事業用地を期間限定で検索できる仕組みを実現しました。アプリ上で選択したIKIのプランの坪数と検討のエリアとがマッチする分譲事業用地を、ボタン一つで素早く検索できます。今回のリリースでは、埼玉県・群馬県を中心とした仕入れ直後の数百件の分譲事業用地のデータベースの中から、条件にマッチするものをアプリが絞り込んだ上でお客様に提示します。
 分譲事業用地は年間5,000棟以上の分譲を手掛ける当社が、独自のKEIAIプラットフォームにより仕入れたもので、AI(人工知能)の活用により厳選された需要の高い土地です。上下水道や電気などライフラインの状況は調査済みで、土地の引渡しまでに当社が造成を終わらせます。そのため、アプリでの検索時には、土地と建物の予算を総額で検討でき、予想外の追加費用が発生するリスクを抑え、早期の住宅建築が可能となります。

 

■MEKIKI for IKI利用イメージ

IKIのための土地検索から検討の流れは次の通りです。
 ①IKI専用アプリ「ヒラヤー」でIKIのプラン(坪数、間取り)を選ぶ
 ②アプリ上で希望のエリアで土地を検索・選択し相談依頼ボタンをタップする
 ③カーザロボティクスの担当者と相談、後日提案を受ける
 ①と②はアプリ上でお客様がセルフで実施可能です。③はメール、電話、ビデオ会議など非接触で担当者とやり取りが可能です。さらに、関東地方の12カ所でオープンしているIKIのモデルハウスは完全非接触でのセルフ内覧(無人内覧)に対応しており、お客様は、IKIの検討プロセスを最大限、セルフ、非接触で進めることができます。なお、検索結果で表示される土地は、IKIのプラン(坪数、間取り)が建築可能な広さを選定の上、表示されます。ご希望された土地をご契約いただく場合は、カーザロボティクスが仲介いたします。

業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能にのサブ画像2

■ヒラヤー「アプリで建てる」を目指すロードマップ
 IKI専用アプリ「ヒラヤー」は2021年4月にリリースし、ダウンロード数は3,000回を超え、会員登録数は1,000件となっています(2021年8月21日現在)。
 IKI専用アプリ「ヒラヤー」はお客様にあった平屋のご提案から、VRでの内覧や採寸、チャットでの相談、お引き渡しまで、アプリ内で販売を完結させることを一つのゴールとしています。
 アプリのリリース時より、第1段階としてひら家IKIの「建物(希望するプラン)の選定」を実現していましたが、今回のバージョンアップにより、建物の選定+土地(建築できる土地)の検索を可能とし、「購入を決める」段階までをアプリ上で行うことを実現しました。今後も、対応エリアの拡大、アプリ開発や受注体制の整備を続け、「アプリで建てる」を目指していきます。

業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能にのサブ画像3

■今後について
 今回のリリースでは、お客様が選んだIKIのプラン(坪数、間取り)と土地のマッチングは、土地面積(×建ぺい率)のみで行います。土地の形状や向き、道路付けとの相性は、カーザロボティクスの担当者が判断した上でお客様にご提案します。今後、AI(人工知能)を搭載し、より精度の高い自動マッチングの実現を目指します。
 また、現状では埼玉県、群馬県を中心とした数百件の土地情報検索にのみ対応しています。今後、対応エリアを関東全域に広げてまいります。将来的にはKEIAI FC加盟店や一般の仲介業者様が取り扱う土地情報のエントリーも可能にしていく予定です。
 こうした取り組みを通じて、お客様がIKIを建てるための土地選びをより手軽にそして、選択肢を広げて検索ができる仕組みづくりに努めてまいります。

■「ヒラヤー」とは
 「ヒラヤー」はお客様にあった平屋や土地のご提案から、VRでの内覧や採寸、チャットでの相談、お引き渡しまでをサポートするアプリです。外出が難しいご高齢の方や、多忙で展示場に足を運べない方でもより手軽に平屋の見学ができます。さらにモデルハウスと違い、アプリ上でいつでもどこでも見返すことができ、ご自身が選んだ物件への納得感を深めたり、家族や友人等への住宅購入の情報共有がしやすく、大きな買物への決断の安心感へと繋げることができます。

業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能にのサブ画像4

【参考】建てたい平屋をいつでも・どこでも選ぶためのアプリ「ヒラヤー」をリリース(2021.4.26)
 https://ki-group.co.jp/keiai_magazine/2021/04/26/ikiapplication/
 

業界初!(※1)ケイアイスター不動産の分譲事業用地をひら家IKI専用アプリで限定公開 平屋注文住宅を検討中のお客様がセルフで検索可能にのサブ画像5

 

■規格型平屋注文住宅「IKI」とは
 「シンプルでコンパクトな暮らし」をデザインの基軸に、構造上の安全性を確保、規格型を採用したことでわかりやすく、住まう人のスタイルにフィットする間取りプランを揃えました。すべてのプランで16帖以上のゆとりあるリビングがあり、お子様の勉強やリモートワークにも役立つスタディーカウンターを標準設置しています。また、あらゆる方位に適応する各方位の玄関ユニット(6帖)により住宅の外枠を変えること無く、間取りブロックの配置換えのみで自在に間取りを変更できます。
 一般的に平屋は二階建て住宅と比較すると坪単価が割高で高額というイメージがありますが、カーザロボティクスの平屋は、シンプル+スマート+効率的+低コストによる無駄を省いた商品で、建物本体価格は、17坪(約57.9㎡)649万円(税込)~となります。商品名の「IKI」は、多様化、個性化する現代人にとって住まいに求めるものも多様化する中、かつて平屋が中心となっていた江戸時代に生まれた日本の生活美意識「粋」から、思いきり自分らしく、粋に暮らして欲しいという想いを込めました。IKIは一般社団法人全国住宅産業協会が主催する「第11回優良事業表彰」の企画・開発部門において、最高賞となる「特別賞」を受賞いたしました。

 規格型平屋注文住宅 ひら家IKIサイト:https://hiraya.ai/

 

■Casa robotics(カーザロボティクス)株式会社とは
 非接触型営業やVRでの内覧、インターネットやアプリなど新たな技術を活用した接客とマーケティングに力を入れるため、2020年11月に設立。様々なテクノロジーの活用によって店舗の運営コストを低減し、高品質·低価格な規格型注文住宅の提供を目指します。さらに、IoT、スマートロック·スマートシーリングライトなどの導入で、快適に過ごせる環境を提供しております。

 

【会社概要】
社 名  Casa robotics株式会社
代 表  代表取締役 細谷 竜一
所在地  〒370-0851 群馬県高崎市上中居町1619-2
     TEL:027-329-7756  FAX: 027-329-6336
資本金  1,000万円
設 立  2020年11月27日
U R L   https://www.casa-robo.ai/
事業内容 住宅建築請負、IoTを活用したスマートホームの企画·設計、住宅のVR/非接触型
     内覧システムの企画·運用、注文住宅検討アプリの企画·開発

 

■ケイアイスター不動産とは
 「豊かで楽しく快適なくらしの創造」を経営理念に、「すべての人に持ち家を」をミッションとし、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。仕入れから販売までの業務フローにITを導入した「ケイアイプラットフォーム」によって戸建住宅のサプライチェーンを最適化、分譲戸建業界における抜本的な効率性・生産性の向上により、コンパクトなセミオーダー型分譲住宅で日本トップシェアの実績を誇ります。1都14県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、静岡、宮城、福島、佐賀、熊本、兵庫)で事業を展開しています。新築戸建を中心に年間5,000棟(土地含む)以上を販売(※)。2021年3月期の売上高は1,557億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAI FiT(ケイアイフィット)」、「KEIAI TERRACE(ケイアイテラス)」、「Ricca(リッカ)」、「和楽(わらく)」「IKI(イキ)」等、価格帯の異なる商品展開や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「新・ダイバーシティ経営企業100選」選定をはじめ様々な認定を頂きました。外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しています。(※グループ連結数値)

 

【会社概要】
社 名  ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)
代 表  代表取締役 塙 圭二
所在地  〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金  4,809百万円(2021.9.28現在)
設 立  1990年11月
従業員数 2,019名(連結 / 2021.4.1現在)
URL    https://ki-group.co.jp/
事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

 

【リリースPDF】
https://prtimes.jp/a/?f=d29869-20211014-c4ce4cfedc884002ab7532d9705f961f.pdf
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments