月曜日, 9月 26, 2022
ホーム商品サービス【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】

~ユニテハウス仙台スタッフが挑戦する「ユーザーが知りたい」に全力で答えることとは~

建築・不動産事業を行う株式会社クリエイト礼文(本社:山形県山形市、仙台支店:宮城県仙台市、代表取締役CEO大場友和)仙台支店の営業スタッフが、体を張って伝えたい情報を動画発信中です。【「ユニテハウス」の公式サイトはこちら】https://unitehouse.jp/

「ユニテハウス」のクリエイト礼文(本社:山形県山形市 代表取締役CEO大場 友和)仙台支店 ユニテハウス仙台(宮城県仙台市)の営業スタッフが、企画・運営・撮影をし発信するYouTube動画「ユニテチャンネル」が人気となっています。
 

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像1_生活を楽しむ、具体的な情報を伝える工夫を社員自らが実践生活を楽しむ、具体的な情報を伝える工夫を社員自らが実践

 

◆巷に溢れる建物紹介動画との差別化◆
コロナ禍によりstayhomeが続いたことにより、動画を観る時間が圧倒的に増えた人は多いはず。住宅に関しても誰もが気軽に検索し、あたかも現地案内をしているかのような動画が当たり前になってきました。

ユニテハウス仙台では、市内にあるユニテハウスの各展示場や、新築建売住宅の販売前に動画を撮影し、建物内・
外部の紹介や周辺環境を撮影し、YouTubeやInstagramに投稿。しかし、同様の建物紹介動画は巷に多数あり、そ
れだけでは差別化が図れないことが悩みでした。
そこでどうすればお客様に響く内容になるのか?営業スタッフのみならず女性事務スタッフも加わり、何度も建売
住宅のある現地に出向きました。「自分が住むとしたら何が知りたいか?」というコンセプトでお客様が購入を検討する際に知りたいことを、先回り体験しそれをYouTubeで配信しようとする試みをスタートしました。

◆営業スタッフがまず殻を破る◆
それまでは、動画を作成し発信する部署のスタッフに全て任せていたものを、営業自らが伝えたい内容を考え、全員が出演することから始めました。その建売住宅の担当者だけが動くのではなく、皆で「伝えること」。そこが殻を破る第一歩でもありました。
 

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像2_楽しい雰囲気+伝えなければならない事を考えて取り組む楽しい雰囲気+伝えなければならない事を考えて取り組む

一例として、建売住宅での男性スタッフによる「男の休日」の再現。

これは、ユニテハウスがお客様に伝え続けている「家=土地+建物+庭・外構」という考え方を実践する形。
家の中で過ごすイメージはついている方は多いのですが、実際の建物でQOLの高い生活をすることがどのようなことかはなかなか伝わりません。そこで、LDKから直接外に出る事ができるウッドデッキ+ルーバーに囲まれたアウトドアリビングにて、「休日のお父さん」風に生活シーンの一部を表現することで、お客様が購入後の日々のイメージを持つことができます。また実際の展示場では、日常的に繰り広げられる家族の行動に着目し、撮影をしたりと親しみやすさを表現したものもあります。

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像3_夫婦をイメージした社員二人による「暮らしの提案」夫婦をイメージした社員二人による「暮らしの提案」

また、建売住宅の建つ周辺環境を散歩したり、仙台駅までの出勤を仮定して通勤ラッシュ時の疑似体験ができるように工夫。周囲の雰囲気から始まり、「JRでの通勤」「地下鉄を使っての通勤」「自転車通勤」「自動車通勤」

「駅伝」など5つの方法で仙台駅を競争方式で仙台駅を目指す内容にしました。

考えられるものを全てやってみることで「体験して伝える」ことにチャレンジしています。

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像4_サムネイルも工夫を凝らすサムネイルも工夫を凝らす

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像5_仙台駅にどの方法が早く到着するかゲーム感覚でシュミレーション仙台駅にどの方法が早く到着するかゲーム感覚でシュミレーション

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像6_臨場感で実際の通勤方法を楽しみながら再現臨場感で実際の通勤方法を楽しみながら再現

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像7_通勤途中に観る景色や環境をしっかり知らせることは必須通勤途中に観る景色や環境をしっかり知らせることは必須

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像8_ファミリー層が最も知りたい教員環境は外せないところファミリー層が最も知りたい教員環境は外せないところ

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像9_親しみやすい雰囲気で問い合わせ時から話が弾む環境づくりになっている親しみやすい雰囲気で問い合わせ時から話が弾む環境づくりになっている

◆動画撮影による副産物◆
建売住宅の担当以外の営業スタッフ全員が携わり、紹介動画に出演することで、ユニテハウス仙台の全営業スタッフのモチベーションが上がり建売住宅に対する愛情が深まったこと、初めは消極的だったスタッフも回を重ねる毎
に楽しさを感じるようになったことも、ユニテハウス仙台としての大きな副産物です。
そしてさの楽し気な雰囲気こそが、ユニテハウス仙台の特長として出ている為か、視聴した方からの評判も上々で
す。視聴後に初めてお会いするお客様は、営業スタッフを知った上で見学になるため、顔を合わせた際にもスムー
ズに打合せができています。
「ご案内動画」だけではない、視点を変えて動くことで見える工夫や、チームワーク、普段の会話も垣間見ること
ができることも大きな副産物であると言えます。

これからも、住宅に住んでQOLの高い、幸せな生活を送って頂きたいという願いを新しい表現の形にすることで、ユニテハウス+αでお客様に訴求していくことを大切していきます。

↓ユニテチャンネル↓
https://www.youtube.com/channel/UClQ9VTwzwsvtTXa_rBpmL1g

【ルームツアーだけではない!?生活者が知りたい情報をスタッフが体験して伝えるYouTubeチャンネル】のサブ画像10_ユニテハウスでQOLの高い、幸せな生活を。ユニテハウスでQOLの高い、幸せな生活を。

◆ユニテハウスとは◆
ユニテハウスは、初めてマイホームを取得する20・30代のファミリーを中心にとことんフォーカスした箱型、総2階の2×4住宅です。『住む人のQOL=一生涯の幸せ』を一番に考えて商品開発、提案を続けております。
(QOLとはクォリティ・オブ・ライフの略。人生の質、生活の質を意味します)
山形県内着工棟数12年連続No.1(2009-2020※リビング通信社調べ)を獲得。
必要な機能を絞ってコスパを高め、内部のレイアウトに自由度を持たせることで、住宅を取得した時だけでなく、20年後、30年後のライフスタイルの変化にも対応することができます。これまで山形県・宮城県で3,000棟の実
績を積み重ね、今日に至ります。
↓ユニテハウス↓
https://unitehouse.jp/

◆株式会社クリエイト礼⽂◆
代表者:代表取締役 CEO ⼤場 友和
本社:⼭形県⼭形市南原町⼆丁⽬7-39
TEL : 023-631-5771(代) FAX : 023-674-7444
仙台支店
支店長 : 兼常務取締役 橘井 恒雄
宮城県仙台市泉区南中山二丁目5-5
TEL : 022-343-9252 FAX : 022-343-9403
ユニテFC本部: 山形県上山市北新浦2番1号
TEL : 023-665-4212 FAX : 023-665-5808
東京オフィス:東京都千代⽥区丸の内3丁⽬3-1 新東京ビル2階
TEL : 03-6551-2356
ホームページURL:(クリエイト礼⽂)https://createlemon.jp/
(ユニテハウス)https://unitehouse.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

Most Popular

Recent Comments