土曜日, 4月 13, 2024
ホーム商品サービス23.5 坪の狭小地対応プランも用意した 「軽量鉄骨造」の個人住宅向け戦略商品【Ligare(リガーレ)】を開発、9 月 21 日より販売開始

23.5 坪の狭小地対応プランも用意した 「軽量鉄骨造」の個人住宅向け戦略商品【Ligare(リガーレ)】を開発、9 月 21 日より販売開始

ポラスグループ ポラスグランテック株式会社

ポラスグループで、賃貸マンション・アパートと非木造住宅の設計・施工を手掛けるポラスグランテ ック株式会社(本社:埼玉県越谷市 代表取締役:中内晃次郎)では、軽量鉄骨造の個人住宅商品【Ligare(リガーレ)】を開発、23.5 坪、27 坪、35 坪、45 坪の 4 つのプランを用意して、9 月 21 日より販売を開始することになりました。 

コロナ禍で住宅購入意欲は若年層の間でも高まっていますが、購入資金が限られている中で、「地震・災害に強い」「間取りの自由度が高い」などのメリットから鉄骨造を選びたいというお客様でも、鉄骨造の住宅は木造などに比べて「建築コストが高い」ため最終的にあきらめざるを得ないという状況が数多くありました。
そのようなお客様と多く接する中で開発したのが今回の商品で、土地購入資金を少しでも減らすため、条件によっては敷地面積 15 坪から建築可能な延床面積 23.5 坪の 3 階建てや、延床面積 27 坪、35 坪、45 坪の 2 階建てプランも用意。23.5 坪プランは本体工事費が 3,025 万円、27 坪プランは 3,146 万円、35 坪プランは 3,586 万円、45 坪プランは4,675 万円と、お客様のご予算に応じた対応を可能にしました。この標準プランの他、環境配慮のため各タイプに ZEH 仕様プランも用意しています。
間取りでは 35 坪プランにはステージリビングのある 26 畳の大空間 LDK。45 坪プランは家事室・ パントリー・リネン庫など収納量が充実(収納率 16%)したプランとなっています。コロナ禍でおうち時間が重視される中、「広さ・導線・快適さ・遮音性能」などへの対応を強化した設計にもなっています。

「23.5 坪から建てられる」といったお客様の予算に応じて建築できる軽量鉄骨造の個人住宅プラ ンを用意することで鉄骨造に魅力を感じるユーザーの開拓に積極的に注力する意向です。  

23.5 坪の狭小地対応プランも用意した 「軽量鉄骨造」の個人住宅向け戦略商品【Ligare(リガーレ)】を開発、9 月 21 日より販売開始のサブ画像1

<【Ligare(リガーレ)】の参考プラン>  

23.5 坪の狭小地対応プランも用意した 「軽量鉄骨造」の個人住宅向け戦略商品【Ligare(リガーレ)】を開発、9 月 21 日より販売開始のサブ画像2

23.5 坪の狭小地対応プランも用意した 「軽量鉄骨造」の個人住宅向け戦略商品【Ligare(リガーレ)】を開発、9 月 21 日より販売開始のサブ画像3

■その他の特長 

 

①高品質:軽量鉄骨の構造部材は ISO 取得工場で生産。高品質を実現しています。
②耐震性:地震の縦揺れによる座屈やねじれを軽減させるため 1 本で 8.6t もの重さを支える
     75mm角パイプを採用。また地震による水平変量が業界トップクラスの低さを誇る耐力      ブレースも採用。
③高耐久性:3 層塗装による高い防錆性。基礎には業界トップクラスの 12mm厚ベースプレート。       基礎と柱を分離させることにより柱の錆びを防止。基礎ピースの腐食を防ぐ 
     「溶融亜鉛メッキ」採用。  

 

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments