土曜日, 4月 13, 2024
ホーム商品サービスQOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成

QOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成

第1号ファンドではコロナ禍によるライフスタイルの変化に対応し、 家族であるペットとの豊かな生活を実現するペット共生型賃貸住宅を提案

株式会社プロフィッツ(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中慎一郎)は、新たな価値を創造するコンテンツ企画として、QOL(Quality of Life)向上に寄与するレジデンスファンド、「Japan New Lifestyle Residential Fund Ⅰ(以下、JNLファンド)」を組成しました

コロナ禍により人々のライフスタイルは変化しました。リモートワークの普及や働き方の変化などにより自宅で過ごす時間が長くなり、住宅へのニーズも、広さや駅までの距離だけでなく、自分のスタイルに合った空間や仕事がしやすい部屋など、多様に変化しています。生活を見直す機会が増えることでQOLを重視し、より快適に過ごせる空間や時間を大切にしたいという人が増える一方で、現在の賃貸住宅市場ではQOLの向上をサポートする物件が少ないのが現状です。

JNLファンドでは、多様なライフスタイルに応え、ESG(Social)の観点からも、QOL向上による社会的な豊かさや、労働生産性の向上を目指す、コンセプト型賃貸住宅を提案します。第1号ファンドでは、ペット専用設備等を備えたペット共生型レジデンスを「FLUFFY(フラッフィー)」ブランドにてプロデュース、居住者とペットの豊かな居住空間を提供します。1棟目として、FLUFFY日本橋浜町を2022年10月にオープンします。

QOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成のサブ画像1

 

  • ペット共生型レジデンス「FLUFFY(フラッフィー)」

QOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成のサブ画像2

近年ペット関連市場の規模は伸びており、愛するペットと共に豊かな時間を過ごしたいというニーズが高まっています。しかし、賃貸住宅市場ではペット共生型賃貸住宅は少なく、需要と供給が合っていないのが現状です。

FLUFFYは本来ふかふか、ふわふわという意味で、犬や猫の毛の柔らかさを表現する時に使われます。私たちのペット共生型レジデンス「FLUFFY」は、ペット飼育が可能なだけでなく、ペット専用設備を備え、ペットと飼い主である居住者向けのサポート体制も整った、都会的でデザイン性の高いペット共生型レジデンスブランドです。

ハード・ソフト両面にて強力な外部パートナーと協業し、ペットとの共生体験を提供しています。ハード面では、株式会社バンブーフィールドのデザイン性の高い新築賃貸マンションFABRICシリーズとコラボレーションし洗練された空間を創出、ソフト面では、ペット保険事業大手のアニコムグループの子会社、アニコム パフェ株式会社による獣医師等への24時間相談サービスにより、ペットと居住者が安心して住める環境を提供する予定です。

10月にFLUFFYの1棟目が日本橋浜町にオープン、その後も順次オープンを予定しています。
 

QOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成のサブ画像3

QOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成のサブ画像4

QOLの向上をサポートするコンセプト型レジデンスファンドを組成のサブ画像5

 

  • 今後の展望

JNLファンドでは、QOLの向上を目指した住宅を軸に置きつつ、人々の生活全体に関わる、遊ぶ要素(ホテル)、働く要素(オフィス)などのアセットを組み合わせ、相互循環によるアセットマネジメントを行い、長期的な成長を図ります。

プロフィッツのオリジナルアセットマネジメントブランド

・FLUFFY:家族であるペットと暮らす、New Lifestyleレジデンス https://wfluffy.com/
・EFFICE:人が集まる 生産性が上がる ワンランクアップなオフィス https://effice.jp/
・BLOCKS:家よりも集中できて、 家のようにくつろげるシェアオフィス https://www.blocks-office.jp/

 

  • 利用者への価値提供が不動産全体の価値に

不動産投資において、不動産価値を「箱物」のみで計るのは限界があると考えており、プロフィッツは長期的な視点での利用価値の向上、新たな価値創造を目指しています。また、社会的意義の高いコンテンツを企画・プロデュースすることにより、不動産を「箱物」を越えた「事業」としてデザインしており、結果的に魅力的でサステナブルな投資価値を生み出すと考えています。

本ファンドの概要
ファンド名称: Japan New Life Residential Fund Ⅰ(略称:JNLファンド 1号)
ファンド期間: 中長期
ファンド組成規模: 40億円程度
設立日: 2022年8月31日
形態: 私募ファンド
アセットマネジメント: 株式会社プロフィッツ
保有物件: 東京都内4物件

■関連プレスリリース

放牧牧場型ブリーディング事業、ペットフード開発・販売を手掛ける、ペット保険最大手グループの関連会社である「株式会社フローエンス社」への戦略的出資を完了
https://profitz.jp/news/

■株式会社プロフィッツについて

想いを価値へ、投資をその先へ Asset Management Beyond Investment
投資の概念を変えていく。
投資へのきっかけとなった十人十色の“想い”が、無機質な“投資”に血を通わせ、社会へのインパクトさえも変えていく。客観視したリターンのみならず、投資に社会的ブランディング・インパクトを形成し続けることが、私達が考える未来のアセットマネジメントです。

 

専門性が高いメンバーで構成されたチームにより、東京中心エリアにおける多くの業界情報やネットワークで、様々なタイプの不動産アセットをソーシングからマネジメントまで行う。不動産を本業としない企業や個人に対してのアドバイザリーも行っており、効率的なリターン提供のみでなく「想い」を形にし、投資を通じて社会的ブランディング・インパクトを形成していくことを目指している。
また、国内初の規模を誇る保育園特化型ファンドの組成をアレンジし注目を集めるなど、不動産分野でのESGに着目した投資も行っている。

代表者:代表取締役 田中慎一郎
住所:東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル2階
ホームページ:https://profitz.jp

■お問い合わせ

株式会社プロフィッツ(担当:岸田 涼)
Email: ryo.kishida@profitz.jp

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments