金曜日, 4月 19, 2024
ホーム商品サービス自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析

不動産テックに特化した業界垂直統合SaaS「いえらぶCLOUD」を提供する株式会社いえらぶGROUP(本社:東京都新宿区、代表:岩名泰介、以下「いえらぶGROUP」)は、物件確認をオンライン化する「ぶっかく自動応答」機能・「業者間サイト」機能において、両機能を利用しているクライアントのデータを分析しました。その結果、両機能を並行で活用すると、「業者間サイト」の利用率が高まり、物件確認のオンライン化がより促進されることがわかりました。

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像1

■背景

2022年5月18日に施行された改正宅建業法の施行によって、不動産取引の電子契約が全面解禁されたことや、コロナ禍の影響もあり、不動産業界でもオンライン化への期待が高まっています。
物件の最新の空室状況を確認する、いわゆる物確(物件確認)業務においても、従来の電話・FAXが中心のフローから、一連のやりとりをWeb上で完結できるオンライン化システムの導入が進んでいます。
いえらぶGROUPでも、空室情報の自動音声応答サービス(IVR)「ぶっかく自動応答」や、リアルタイム空室情報をWeb上で確認できる「業者間サイト」を提供し、リーシング業務のオンライン化に貢献しています。

■分析の概要・結果

「ぶっかく自動応答」と「業者間サイト」を並行して2年以上活用している3社を抽出し、「ぶっかく自動応答」及び「業者間サイト」の利用店舗数を集計しました。「ぶっかく自動応答」は、1ヶ月間で1回以上自動音声を利用した仲介業者数(複数回利用した場合も1カウント)、「業者間サイト」は1ヶ月にログインした仲介業者数(複数回利用した場合も1カウント)をそれぞれ指標としました。
3社の規模は、管理戸数がおよそ12,000戸、8,000戸、2,000戸とばらつきがある一方、指標の推移の傾向は一致しており、「ぶっかく自動応答」の指標がゆるやかに下降するのに対し、「業者間サイト」の指標は上昇傾向にあります。3社の合計値を2年前と比較すると、「ぶっかく自動応答」を利用する仲介業者が10%減、業者間サイトを利用する仲介業者が60%増という結果です。これは、両機能の運用を続けると、当初は自動音声サービスの方が相対的に利用されるものの、長期的にはWeb上で物確(物件確認)を行う割合が増えていくことを示しています。
物確業務において、自動音声サービスと業者間サイトを並行で活用することで、段階的なシステム化でWebに不慣れな仲介業者も取りこぼすことなく、長期的にはオンライン化を進めていけることが実証されました。

 

 

 

 

 

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像2

 

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像3

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像4

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像5

 

 

 

 

 

■今後の展開

物確(物件確認)業務のWeb化が進む中で、複数の賃貸管理会社の空室物件を一度に確認したいというニーズが生まれています。このニーズに応えるため、いえらぶGROUPでは無料の業者間流通プラットフォーム「いえらぶBB」を提供しています。いえらぶGROUPは今後も、管理会社各社が自社の空室物件を掲載できる「業者間サイト」、複数の管理会社の空室情報が確認できる「いえらぶBB」の利用を促進し、賃貸管理業界のDXに貢献します。

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像6

▽いえらぶBB公式サイト

https://bb.ielove.jp/

■「業者間サイト」とは

「業者間サイト」は賃貸管理会社が仲介会社向けに公開し、物確(物件確認)から内見予約や入居申込みまでの手続きをWeb完結可能にするシステムです。空室情報はリアルタイムで更新され、仲介会社は24時間365日いつでも空室情報を確認することができます。
また、保証会社との連携や業務分析機能も利用でき、業務効率化・ペーパーレス化に貢献します。

自動音声サービスの活用で業者間サイトの利用が60%増!2年分の物確データを分析のサブ画像7

▽サービス詳細

https://ielove-cloud.jp/service/leasing/

■「ぶっかく自動応答」機能とは

仲介会社からの物件確認の電話に自動音声で対応する自動音声応答サービス(IVR)です。いえらぶCLOUDに登録された物件情報とリアルタイムで連動し、常に最新の空室情報をお伝えします。
また、空室状況だけでなく、仲介会社からの問い合わせの多い条件面の情報の応答や、チラシなどの物件資料のFAX送付にも自動で対応可能です。

▽サービス詳細

https://ielove-cloud.jp/service/bukkaku-auto/

■株式会社いえらぶGROUPについて

いえらぶGROUPは「ITを使って不動産会社様の業務を効率化する」「誰もが快適に住まいを探せる環境をつくる」という使命のもと、2008年に設立した不動産×ITサービスの運営会社です。不動産会社様の日常業務を支援するクラウドサービス「いえらぶCLOUD」は全国12,000社以上で利用されています。また、近年深刻化する「空き家問題」に取り組むメディアの運営や、「おとり広告」を未然に防ぐ独自機能の開発などを通して、住まい探しをサポートしています。
いえらぶGROUPは今後も不動産業界のIT化を促進し、よりよい“住”環境の実現に向けて努めてまいります。

会社名:株式会社いえらぶGROUP
所在地:東京都新宿区西新宿 2-6-1 新宿住友ビル24F
設立:2008年1月
資本金:3825万円
代表者:岩名 泰介
コーポレートサイト:https://www.ielove-group.jp/
不動産事業者向けサービス紹介サイト:https://ielove-cloud.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments