火曜日, 4月 16, 2024
ホーム経営情報ジェイ・エス・ビーが「Release⇔Catchプロジェクト」に参画 京都を中心とした関西圏の学生マンション・高齢者住宅にて「古着回収」を促進 ~古着の回収、再循環、そしてリユース文化の醸成へ~

ジェイ・エス・ビーが「Release⇔Catchプロジェクト」に参画 京都を中心とした関西圏の学生マンション・高齢者住宅にて「古着回収」を促進 ~古着の回収、再循環、そしてリユース文化の醸成へ~

 UniLife(ユニライフ)のブランドで全国の学生マンションの企画開発・仲介斡旋・運営管理までをトータルで行う株式会社ジェイ・エス・ビー(本社:京都府京都市、代表取締役社長:近藤 雅彦 以下 当社)は、アパレルブランドSPINNSを展開する株式会社ヒューマンフォーラム(本社:京都府京都市、代表取締役会長:出路雅明 以下 ヒューマンフォーラム社)が、京都市の協力のもとリユース文化の醸成を目的に取り組む「Release⇔Catchプロジェクト」(以下 本プロジェクト)に参画します。
 当社は、京都、大阪、滋賀で運営する学生マンション・高齢者住宅にて、不要になった古着の回収を行います。

ジェイ・エス・ビーが「Release⇔Catchプロジェクト」に参画 京都を中心とした関西圏の学生マンション・高齢者住宅にて「古着回収」を促進 ~古着の回収、再循環、そしてリユース文化の醸成へ~のサブ画像1

【Release⇔Catchプロジェクト】

 Release⇔Catchプロジェクトは、参画企業が京都市を中心に大阪、滋賀などの地域で、古着の回収と再循環というインフラの構築を行い、京都市の協力のもと、リユース文化の醸成を目的とする取り組みです。参画企業は、それぞれの役割を担い、当社は、京都、大阪、滋賀で運営する学生マンション・高齢者住宅にて、入居者(学生・高齢者)やその知人、地域住民の皆様を対象に、古着の回収を行います。

 2021年10月より、当社は、古着を循環させることで社会課題の解決に取り組むヒューマンフォーラム社と共に、京都市内及び滋賀県草津市内の当社運営の学生マンション数棟で古着の回収を開始しました。回収も順調に進む中、今回、この活動をより発展させるべく、本プロジェクトへの参画を決定しました。

 回収された古着は、循環、再利用されます。SDGsへの意識が高まる中、回収活動に参加された皆様には、この活動が、持続可能な地域社会を考え、皆で創り上げていくきっかけとなればと思います。

【主な参画団体と役割】

株式会社ヒューマンフォーラム…仕分け、保管、販路(活用)
京都信用金庫…回収スポットのご案内及び設置
株式会社ジェイ・エス・ビー…学生マンション・高齢者住宅での回収スポットの設置
安田産業株式会社…回収した衣類の運搬
株式会社たまゆら…リサイクル処理
京都市…創出・実証支援
 
具体的な目標等プロジェクトの詳細 公式サイト: https://release-catch.com

【9/5発表会見の様子】

ジェイ・エス・ビーが「Release⇔Catchプロジェクト」に参画 京都を中心とした関西圏の学生マンション・高齢者住宅にて「古着回収」を促進 ~古着の回収、再循環、そしてリユース文化の醸成へ~のサブ画像2

ジェイ・エス・ビーが「Release⇔Catchプロジェクト」に参画 京都を中心とした関西圏の学生マンション・高齢者住宅にて「古着回収」を促進 ~古着の回収、再循環、そしてリユース文化の醸成へ~のサブ画像3

【提携先概要】

株式会社ヒューマンフォーラム
本社所在地:京都府​京都市中京区寺町通蛸薬師上ル式部町​261番地
創業   : 1997年1月
代表   : 代表取締役会長 出路雅明
事業   : 衣料品及び雑貨の販売
U R L   : https://www.humanforum.co.jp/

【当社概要】

ジェイ・エス・ビーが「Release⇔Catchプロジェクト」に参画 京都を中心とした関西圏の学生マンション・高齢者住宅にて「古着回収」を促進 ~古着の回収、再循環、そしてリユース文化の醸成へ~のサブ画像4

株式会社ジェイ・エス・ビー
本社所在地:京都府京都市下京区因幡堂町655番地
創業   : 1976年12月
上場   : 東証プライム(証券コード3480)
代表   : 代表取締役社長 近藤 雅彦
U R L   : https://www.jsb.co.jp/
全国の学生マンション検索サイト: https://unilife.co.jp/

 ジェイ・エス・ビーグループは1976年の創業以来、全国で学生マンションの運営管理を手掛け、現在では北海道から沖縄まで学生向け賃貸仲介店舗「UniLife(ユニライフ)」82店舗を展開、2022年4月時点で81,333室を管理しています。
 高齢者住宅事業へは2011年より参入し、高齢者向け住居の企画開発、運営及び紹介事業を行っています。

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments