土曜日, 4月 20, 2024
ホーム商品サービスフリエが新生銀行との提携住宅ローンを開始|幅広い条件で審査が可能な「フリエ提携ローン」のさらなるサービス拡充へ

フリエが新生銀行との提携住宅ローンを開始|幅広い条件で審査が可能な「フリエ提携ローン」のさらなるサービス拡充へ

物件の売主と買主が直接取引できる不動産直販プラットフォーム「FLIE(フリエ)」(以下:フリエ)を運営している株式会社FLIE(東京都渋谷区)は、株式会社新生銀行(東京都中央区)と提携し、フリエをご利用されるお客様に向けた新たな提携住宅ローンを開始いたします。

フリエが新生銀行との提携住宅ローンを開始|幅広い条件で審査が可能な「フリエ提携ローン」のさらなるサービス拡充へのサブ画像1

フリエでは収入面や就業環境、不動産評価(築年数や耐震性審査)など、様々なご事情で住宅ローンの審査に不安を抱えている方でも幅広い条件で審査が可能な住宅ローンサービス「フリエ提携ローン」をご提供しています。
 
今回新生銀行との提携による新たなサービスとして、フリエを利用して物件を購入する多様なお客様のライフプランに合わせて「変動金利タイプ」「当初固定金利タイプ」「長期固定金利タイプ」「ステップダウン金利タイプ」の選択が可能なプランをご用意することで、さらなる利用満足度向上に努めてまいります。
 

  • 「新生銀行との提携住宅ローン」の特徴 

◆ライフプランに合わせて選べる3つの金利タイプ

新生銀行提携住宅ローンの金利は3つのタイプがあり、「変動金利タイプ」、「当初固定金利タイプ」、10年後から5年ごとに段階的に金利が下がる「ステップダウン金利」があります。
「ステップダウン金利」 は、現在通年固定よりも金利が低く、将来的に返済額も減っていくため、家計の見通しが立てやすい金利商品です。

(1) 変動金利
毎月の返済額を抑えたい方にオススメ [変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>] 年0.45%
初期費用を抑えたい方にオススメ   [変動金利(半年型)タイプ] 年0.65%
 
(2) 当初固定金利タイプ
返済を一定期間固定にしたい方にオススメ [当初固定金利タイプ(10年)] 年1.05%
[当初固定金利タイプ(20年)] 年1.35%
 
(3) ステップダウン金利タイプ(2022年8月ご契約の場合)
[ステップダウン金利タイプ] スタート金利年1.4%~
※10年後から5年ごとに段階的に金利が下がります 

◆トータルコストを抑える定額型事務取扱手数料

住宅ローン選びで金利はもちろん大切ですが、事務取扱手数料も重要です。
商品によって定額型・定率型の事務取扱手数料をご選択いただけます。
 

  • 不動産直販サイト 「FLIE(フリエ)」 について

「FLIE(フリエ)」は物件を所有する売主(不動産会社)と、物件の買主(消費者)が、不動産仲介会社を介さずに直接売買ができる、新しい物件の買い方を提供している不動産直販サイトです。

仲介会社を介さないことにより、通常仲介会社に支払うことになる仲介手数料(物件価格の3%+6万円)がかからず、コストを抑えて不動産を購入することができます。また、売主との直接コミュニケーションにより、正確かつ透明性の高い物件情報を得ることができ、安心安全な取引が可能です。現在は一都三県(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県)のリノベーション物件を1,500件以上掲載しており、日々ユーザーの皆様に住まい探しのプラットフォームとしてご利用いただいております。

<企業概要>
会社名: 株式会社FLIE
代表取締役: 榎本 亮太
本社所在地: 東京都渋谷区渋谷2-2-2 青山ルカビル 6F
設立: 2019年11月
事業内容: 不動産情報マッチング事業
URL:https://flie.jp/

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments