土曜日, 4月 20, 2024
ホーム経営情報日本リビング保証、住宅の保守・保証トータルソリューション企業からWorthTech Companyへ

日本リビング保証、住宅の保守・保証トータルソリューション企業からWorthTech Companyへ

住宅領域を中心に業界をリードしてきた日本リビング保証が従来の住宅領域を超え、リアルとデジタルで独創的なサービスを生み出すWorthTech Companyとして踏み出します。

日本リビング保証株式会社(本社:東京都新宿区/代表:安達 慶高、東証グロース:7320、以下「日本リビング保証」)は創業15期目の節目にWARRANTY×FINANCE×OPERATIONの3つのサービスソリューションとデジタルを融合。また、HomeworthTech、ExtendTechの2つの事業領域に再編。
⾼度化・複雑化する世の中のニーズに応えるためWorthTech Company(資財価値テクノロジー企業)として事業を展開していきます。

■新たなスローガン、ミッション、ビジョンの制定
WorthTech Companyとして事業を展開するにあたり、これまでの企業理念を踏襲しながら、スローガン、ミッション、ビジョンを新たに制定しました。

日本リビング保証、住宅の保守・保証トータルソリューション企業からWorthTech Companyへのサブ画像1

■背景

2009年、住宅業界に浸透した「住宅設備の延長保証サービス」を業界で初めて開発して以来、当社は住宅事業者様を通じ、住宅オーナー様に住宅の価値を高めるオンリーワンのサービスを提供してきました。一方、現在の世界情勢に目を向けると、世界の需要はますます⾼度化・複雑化し、住宅に限らず「確かな価値」に対するニーズが高まり続けています。そんな時代を先取るため、当社は次世代に向けたWorthTech Companyとして踏み出します。

日本リビング保証、住宅の保守・保証トータルソリューション企業からWorthTech Companyへのサブ画像2

■コーポレートムービーおよび代表メッセージ

 

 

「『To Worthful Life』という、私たちが掲げる新たなスローガンには、良いモノを永く愛するサステナブルな社会と、価値あふれる暮らしを実現するという想いが込められています。主軸となる住宅業界はもちろん、新たなマーケットにも積極的に展開し、独創的で有益なサービスを提供していきます。日本リビング保証は、新たな一歩を踏み出します」(代表取締役社長:安達 慶高)

■新しい企業ロゴ

日本リビング保証の英語表記となる「Japan Living Warranty Inc.」の頭文字をそれぞれあしらい、モダン、スタイリッシュ、持続(つながる・連続)といったコンセプトから発想させたロゴを新たに制定しました。

日本リビング保証、住宅の保守・保証トータルソリューション企業からWorthTech Companyへのサブ画像3

■新しいコーポレートサイト

日本リビング保証:https://jlw.jp/
法人向け、個人向け、企業情報など目的に応じた構成に変更し、より一層アクセスしやすくなりました。

日本リビング保証、住宅の保守・保証トータルソリューション企業からWorthTech Companyへのサブ画像4

 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments