土曜日, 4月 13, 2024
ホーム商品サービス電動キックボードシェアリングサービス「Luup」をソーシャルアパートメント3棟に導入

電動キックボードシェアリングサービス「Luup」をソーシャルアパートメント3棟に導入

8月5日(金)より利用開始。今後も導入物件を拡大

株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山﨑剛)は、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」のポートを、当社が運営する隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」の一つである「ワールドネイバーズ護国寺」に、2022年8月5日(金)より導入します。尚、ソーシャルアパートメントへの導入は3棟目となります。

電動キックボードシェアリングサービス「Luup」をソーシャルアパートメント3棟に導入のサブ画像1

■ 導入の背景

昨今、働き方の多様化やコロナ禍によるおうち時間の増加など、ライフスタイルの変化に伴い住居に求められるニーズが変化しています。ソーシャルアパートメントでは、施設内にワークスペースや無人コンビニの設置、オンライン上で手続き等が可能な入居者専用アプリの導入など、ニーズの変化に対応して様々なサービスを提供してきました。
今回はその一環として、電動マイクロモビリティのシェアリングサービス「LUUP」のポートをマンション敷地内へ設置し、自宅からの移動をより気軽で便利に移動できる環境を提供します。
ソーシャルアパートメントでは、一般的な賃貸物件にはない住人間の交流に加え、ニーズに対応しながら住まいをアップデートしていくことで、より快適に過ごせる環境を実現していきます。

■ 導入物件の詳細

既に導入が完了しているポートを含め、下記のポートが2022年8月5日(金)より利用可能となります。
●ソーシャルアパートメント恵比寿(東京都目黒区三田2-14-10)
利用可能台数:5台
●ネイバーズ目黒(東京都目黒区下目黒5-14-19)
利用可能台数:5台
●ワールドネイバーズ護国寺(東京都文京区大塚4-45-9)
利用可能台数:7台

■ 利用者からのコメント

恵比寿駅までの移動でよく使っています。駅までは上り坂なので電動キックボードがあるとすごく楽に移動できますね。物件内にポートがあると気軽に使いやすいので、歩くにはちょっと距離のある代官山などの周辺エリアにもよく行くようになりました。
(30代男性 / 会社員 / ソーシャルアパートメント恵比寿に入居中)

■ 電動マイクロモビリティシェアリングサービス「LUUP」について

電動アシスト自転車や電動キックボードなどの、電動マイクロモビリティのシェアリングサービスです。現在、高密度なシェアリングサービスを東京・大阪・京都・横浜・仙台で提供しています。街じゅうにあるポートからポートへの、気軽でエコな短距離移動手段を提供します。将来的には、電動マイクロモビリティの普及によるCO2削減と、ご高齢の方も乗ることができる新しい電動モビリティの導入を実現し、すべての人が安全・便利に移動できる持続可能な社会をつくります。

・運営:株式会社Luup
・所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階
・代表者:岡井大輝
・URL:https://luup.sc/
・アプリダウンロードURL:https://luup.onelink.me/Myjb/cfcdb04a
 ※LUUPアプリは、iOS 14 以降、iPhone 6 以降、Android OS 7.0 以降の端末でお使いいただけます。

■ 参考:住居のニーズ変化に対応するソーシャルアパートメントの取り組み

【事例1】共用部へワークスペースを設置

電動キックボードシェアリングサービス「Luup」をソーシャルアパートメント3棟に導入のサブ画像2

共用部にはラウンジの他、多くの物件にはワークスペースを設置しています。コロナ禍以降に実施した自社アンケート調査では、入居者全体で「週数日以上リモートワークをしている」という割合が7割以上と在宅ワークの需要が多いため、自宅で仕事のしやすい環境を提供しています。
Wi-Fiや電源の設置はもちろん、Web会議用に個室ブースやコーヒーカウンターを設置するなど、自宅にいながらも働きやすい環境を積極的に導入しています。

【事例2】物件内にコンビニエンススタンド「TukTuk」を設置

電動キックボードシェアリングサービス「Luup」をソーシャルアパートメント3棟に導入のサブ画像3

食品や日用品の無人販売が可能なコンビニエンススタンド「TukTuk」を導入しています。在宅ワーク等自宅で過ごす時間の増加に合わせて、マンションの外に出ることなく気軽に食品や日用品を購入できる環境を提供しています。
導入後、月間利用者数が全世帯数に対し8割以上の物件もあり、また入居者からは「在宅ワーク等で忙しい時に重宝している」といった声をいただいています。現在は6棟にて導入中となり、今後も設置物件の拡大を進めています。

【事例3】不動産DXとして入居者専用アプリ「マイページ」を運用

電動キックボードシェアリングサービス「Luup」をソーシャルアパートメント3棟に導入のサブ画像4

オンライン上で手続き等が可能な自社開発の入居者専用アプリ「マイページ」を運用しています。入居手続きや契約内容の更新、入居中の各種申請、退去手続き等、入居から退去まで基本的にアプリ上で行えるシステムで、賃貸における従来の煩雑な手続き解消し、新しい顧客体験を提供しています。
また、入居者同士のメッセージ機能や送金機能、個人間売買ができるフリマ機能も備えており、入居者間のコミュニケーションツールとしても機能しています。

■ ソーシャルアパートメントについて

ソーシャルアパートメントは、賃貸マンション内にラウンジ等の共用部を設置し、住人間の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った共同住宅です。従来型のワンルームマンションやプライバシーの確保が難しいシェアハウスとも異なる新しい居住スタイルです。現在では首都圏を中心に全国約50棟3,000室を展開しています。ラウンジの他、ワークスペースを設置している物件もあり、働き方の多様化により需要は一層高まっています。また、昨今の近隣付き合いの希薄化した社会において、隣人交流の仕組みが注目を集め、東京都から助成金対象事業に認定されています。

 

■ 株式会社グローバルエージェンツについて

会社名:株式会社グローバルエージェンツ http://global-agents.co.jp
代表取締役:山﨑 剛
本社所在地:〒150-0041 東京都渋谷区神南1-20-13
電話番号:050-3503-3625

 ■ グローバルエージェンツが手がけるライフスタイル事業

LIVE:ソーシャルアパートメント約50棟3,000室を運営  https://www.social-apartment.com/
STAY:LIVELY HOTELS 11棟約1,200室を運営  https://livelyhotels.com/
WORK:ホテル一体型ワークプレイス「.andwork」を運営  https://www.xandwork.com/
DINE:ソーシャルアパートメント・ホテル併設の飲食施設として12店舗を運営
WASH:ソーシャルランドリー「Sooo LIQUID」を運営
LEARN:弊社サービスの入居者や利用者に対して様々な成長や発見の機会を提供

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments