土曜日, 4月 20, 2024
ホームイベント【2022年8月25日・26日開催】住宅新報主催の不動産DXセミナーに当社代表取締役CEOの和田が登壇

【2022年8月25日・26日開催】住宅新報主催の不動産DXセミナーに当社代表取締役CEOの和田が登壇

〜イタンジ代表 野口氏、弁護士ドットコム取締役 橘氏らとともに不動産DXのはじめ方について議論〜

 不動産売買に特化した電子契約サービス「Release(レリーズ)以下:レリーズ」を開発・提供するGOGEN株式会社(本社:東京都渋谷区)の、代表取締役CEO和田浩明が、2022年8月25(木)、26日(金)に開催される住宅新報主催セミナー「不動産DX フェス 2022/Summer」(申込ページ:https://www.jutaku-s.com/page/id/357 )に登壇します。

【2022年8月25日・26日開催】住宅新報主催の不動産DXセミナーに当社代表取締役CEOの和田が登壇のサブ画像1

 

■セミナー開催背景
 政府が推進する「デジタル社会の実現」に向けた取り組みの一環として、今年5月に宅建業法の改正がなされ、不動産取引の電子化が解禁されました。 これにより、エンドのお客様と不動産会社双方のデジタル化が加速し、不動産業界にも本格的なDX(デジタルトランスフォーメーション)の波がやってきています。 とはいえ「DXってなに?」「本当に意味があるの?」「売上につながるの?」といった疑問や不安を抱える方も多いことでしょう。 本セミナーでは、国土交通省 不動産産業課 課長・三浦 逸広 氏や誠不動産株式会社 代表・鈴木 誠 氏ら官⺠の有識者を招聘し、これから不動産DXに取り組む方に向けて、導入ポイントや実例、最新の不動産テック事情について講演いただきます。

■セミナー概要
・日時:【1日目】 2022年8月25日(木) 13:00〜17:00
    【2日目】 2022年8月26日(金) 13:00〜17:00
・費用:無料 ※事前申し込みが必要
・主催:株式会社住宅新報
・詳細、申し込みはこちら:https://www.jutaku-s.com/page/id/357

■和田登壇のプログラム
1. 8月25日(木)  
  セッション:「不動産会社の初めての電子契約」
 【登壇者】 GOGEN株式会社 代表取締役CEO 和田 浩明
2. 8月26日(金) 
  パネルディスカッション:「やさしい不動産DXのはじめ方」
 【パネリスト】イタンジ株式会社 代表取締役 野口 真平 氏
        弁護士ドットコム株式会社社 取締役 クラウドサイン事業本部長 橘 大地 氏
        GOGEN株式会社 代表取締役CEO 和田 浩明
 【モデレーター】株式会社Housmart 代表取締役 針山 昌幸 氏

【代表取締役CEO 和田 浩明 プロフィール】
新卒で日鉄興和不動産株式会社に入社。分譲・賃貸マンションの用地仕入れ・開発マネジメント・商品企画・販売推進など住宅事業全般を経験。その後、経営企画・CVC運営・DX推進・広報などに従事。2021年11月にGOGEN株式会社を創業し、代表取締役CEOに就任。

【GOGEN株式会社について】
社名  :GOGEN株式会社
代表者 :和田浩明、佐々木勇人
所在地 :東京都渋谷区渋谷2-19-15 宮益坂ビルディング609
創業  :2022年2月
事業内容:不動産売買のDX推進/UX創造に係るサービス等の企画・運営・管理、各種コンサルティング業務
会社HP  :http://gogen.jp

【不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービス「Release(レリーズ)」について】
 物件の登録から引き渡しまでの不動産売買にかかる一連の取引フローにおいて発生する契約手続きを実施いただける、不動産売買特化型の電子契約・契約書管理サービスです。電子署名を実施する書類に加え、捺印が不要な書類や、その他取引にかかる書類も、物件・案件ごとに整理して管理・閲覧・ダウンロードが可能です。これまでの契約書作成業務はそのままに、捺印手続きと書類管理をレリーズに置き換えて取引業務を推進いただけます。

サービスHP:https://release.estate
資料請求フォーム:https://release.estate/pre

【2022年8月25日・26日開催】住宅新報主催の不動産DXセミナーに当社代表取締役CEOの和田が登壇のサブ画像2

※本サービスは、契約プラットフォーム事業を展開する 弁護士ドットコム株式会社が提供する電子契約サービス「クラウドサイン」、およびSMBC クラウドサイン株式会社が提供する電子契約サービス「SMBCクラウドサイン」とのAPI連携を通じ、契約書類の電子化を実現しています。レリーズの御利用には、別途クラウドサインまたはSMBCクラウドサインの契約が必要となります。
 

RELATED ARTICLES

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

Most Popular

Recent Comments